View this post on Instagram

我が家の小3画伯。 秋冬お正月になると玄関の鏡にお絵描きしたくなる娘。 秋と言えば?の質問に答える度、色々書き足していました(^^) 果物を個別に描くのかと思っていたら木になっていて、サツマイモはどうかな?と思っていたら、土に埋まっていて、感性が違うんだなぁ、面白い。 自由な発想はみていて楽しいです。 絵につられるように自宅のあちこちをハロウィンバージョンに変えたところで思い出しました。 Music Togetherクラスでもハロウィンバージョンやりますよ! お化けちゃんたちがもう可愛くて何とも言えない時間になります♪ 今から楽しみです☆ 12月日曜開催のファミリーデイはChristmasバージョンかな。 この時期は子どもたちを着せ替えちゃいたいイベント沢山ですね! 秋タームは10月3週目スタートです。 二子新地クラス、武蔵小杉クラスともにまだ少しずつお席があります。 0-3歳さん、集まれ~♪ #ミュージックトゥギャザー #二子新地 #武蔵小杉 #育児 #リトミック #ハロウィン #親子 #英語 #赤ちゃん #習い事 #体験 #パーティー #音楽 #ピアノ教室 #musictogether

川野めぐみさん(@ioranamusic)がシェアした投稿 -

View this post on Instagram

☆親子のリズム遊び☆ 今日は川崎市東小田保育園で1年に1度開催されるジョイフルサタデーで、40分のリズム遊びを担当させて頂きました。 お部屋に入りきらず、外からClapで参加して下さる方もいたくらいの大人数、嬉しいビックリでした(^^) 室内で目に入る程の汗をかいたのは久々です。 今回は椅子を使わない平座だったので、お子様をお膝に乗せた歌とリズムの遊びからシェイカー遊び、最後は自由に楽器を選んで貰う形のリズムセッションにしました。 ベース音が心地よくてスヤスヤ寝る赤ちゃんやノリノリでダンスしながら楽器を奏でる小さな人、保育のノリノリな先生方や次第に参加して下さるようになった保護者様たち。 親子の催しは皆さん最初は「子どもの楽しい姿を見るため」と考えられる方が多いようで、お声掛けが必要です。 大人が音楽作りに参加すれば、みんなもっと楽しい♪ 大人が音楽的であれば、子どもたちはもっともっと音楽的な表現を見せてくれる。 歌うこと、奏でることは何よりもストレス発散となり、笑顔の大人は子どもたちにとって魅力的☆ 音楽に限らず、大人が何事もお手本にならないと(^^) こんな説明をさせて頂いています。 すると声も楽器も音量がぐんと上がり、子どものため、ではなくご自身が楽しんでくださるようになる気がしています。 育児中も自分が楽しまないとね! 今日の助手は3年生の娘。 楽器を片付けてくれたり、写真をとってくれたり大活躍でした。 (写真撮影は許可を頂いています) 楽しい時間をありがとうございました(^^)/ 地元、高津区でも是非呼んで下さ~い☆ #二子新地 #ピアノ教室 #東小田保育園 #MusicTogether #武蔵小杉 #リトミック #英語 #育児 #ドラムサークル #リズム遊び #赤ちゃん #親子 #習い事 #ミュージックトゥギャザー #高津区 #親子 #イベント

川野めぐみさん(@iorana_music_megu)がシェアした投稿 -

View this post on Instagram

人生を豊かに生きよう。 とても素敵な言葉と動画がありました。 ※下方にリンクがあります 私の仕事である親子対象のMusic Togetherプログラムは講師が指導・教育をするのではなく、大人全員が歌やリズム遊び、楽器セッションやダンスを楽しめるようリードするものです。 大人がリラックスして歌い、笑い、音楽する姿のある環境で育つ子どもたちは、その環境から沢山の刺激を受け、音楽の楽しみ方も学んでいきます。 何より、子どもたちはリラックスして笑顔いっぱいになるママが大好き! 自由な音楽表現をグループで楽しみ、子どもをお行儀よくさせなければいけないというプレッシャーのない環境で音楽コミュニケーションをとることは、ママの日頃の疲れも吹き飛ぶひととき。 ・・・・・・・・・ 手を持たないこと。 子どもたちが自主的に参加するまで見守り、待つこと。 子どもの一番のお手本であるママが、積極的な音楽づくりに参加すること。 子どもたちは子どもらしく自由に。 みんな違ってみんないい。 そんな自由な環境こそが、子どもたちの自己表現力を培うことになる。 ・・・・・・・・・ クラスではこう説明していますが、自分が楽しむ時間が大人のストレスを軽減し、子どもの個性を認めながら自由発信を受け止める事のできる育児に繋がると考えています。 自分の子どもにはこうあってほしい。 将来は理想の大人になり、ちゃんとした職につき、ちゃんと稼いでほしい。 だから早期教育に力を入れ、子ども自身が楽しいと思わない事であってもしっかりこなしてほしい。 そんな考えもあると思います。 (私の母がそうでした) でも、子どもはそれを望んでいるのだろうか。 良い学校や企業に入ることという親の目標をこなしたあと、自分のしたいことが残るだろうか。 (私は大学入学というゴールを終えたら目標がなくなり、一時喪失感に駆られました) もっと広い世界が沢山あるのではないか。 人生楽しかった!と言いながら終わる事ができるだろうか? 私はもう一度過去に帰れるとしたら、自分のやりたかったことを思う存分したいです。 けれど、1度きりの人生、それは当然叶いません。 その分、大人になってから気になることは全てトライし、娘を巻き込みながら自分の人生を生きています。 やりたいことはまだまだある。 娘は娘の人生。 私は私の人生。 娘の人生=私の人生、ではないので、応援すべき部分は手を差し伸べ、嫌がることは無理強いせず、将来自分でやりたいことを見つけてそれを存分に楽しんで貰いたいと思っています。 だって、苦しむためではなく、楽しむために産まれてきたのだから。 と、長くなりましたが、この動画はまさに「そうそう!」と頷いてしまうものでした。 お子さんをお持ちの方にも、そうでない方もにも、観て頂きたいYouTube動画です。 https://youtu.be/Zas9gxQG8sY ※YouTubeとは別に貼り付けた動画は、先日行った初SAPの娘。うまく漕げない!と大騒ぎでしたが、人生何事も経験、私の興味にも巻き込むぞ、とお付き合い頂きました(^^)

川野めぐみさん(@iorana_music_megu)がシェアした投稿 -