会計を知れば世の中が見えてくる

会計とは企業活動のモノサシであり、企業活動を規制するルールです。独自の視点から、会計やビジネス、経済をめぐる諸問題について情報発信していきます。


テーマ:

いよいよ春本番という今日この頃、さんまとはこれやいかに。


さんまといっても食べ物の話ではありません。


落語の「目黒のさんま」のことです。


先週末、アマチュアの落語家の皆さんの発表会があるということで、

大阪まで行ってまいりました。


その演目の中で、「伊丹のさんま」というのがありました。


つまり、ここは上方でございますので、「目黒のさんま」の舞台を

伊丹に読み替えた落語というわけです。


ストーリー自体は目黒のさんまと同じようなもののようで、

話し方もとても上手で、とても楽しめるものでした。


しかし、東京人の私にとっては、オチがどうもしっくりこないわけです。


「やっぱりさんまは伊丹に限る」


と言われても、どうもイメージが湧いてきません。


私の頭の中には、江戸湾から小舟を漕いで上ったのであろう目黒川の

船着場の情景が浮かぶわけです。


帰り道をひとりで歩きながら、


「やっぱりさんまは目黒に限る」


とつぶやいてしまったのでした。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>