取材 Vol.003 北海道 しっぽの会さん | いのちの学校 いぬねこ係
2010-12-03

取材 Vol.003 北海道 しっぽの会さん

テーマ:●各地の取り組み紹介
初めまして、いぬねこ係の西川 彰と申します。

少しばたばたしておりまして、

北海道レポートが遅れてしまいました。


私は、いぬねこ係の中で一番現状についてを知りません。

ただ、犬や猫が好きというだけで、

松本大昌さんに誘っていただき、

同じプロジェクトをさせていただいております。


そんな僕が、先週末、北海道夕張郡に行ってきました。


■■■ NPO法人 「しっぽの会」 北海道 ■■■

NPO法人 あいがん動物を守るHOKKAIDO「しっぽの会」さん

http://shippo.poo.gs/

を訪れたお話を今日は書かせてください。



「この子は心臓が弱っていて」


いのちの学校 いぬねこ係




「その子は癌で」



いのちの学校 いぬねこ係




「その子はエイズで」



いのちの学校 いぬねこ係



「あっちには他にもエイズの子たちがいます」


初っ端からそんなことを伝えられ、

僕の頭は真っ白になった。


癌???

エイズ???

えっ、なんでなんで???


「すみません、僕は何も知らないんで教えていただきたいんですけど、

癌って多いんですか?」


まったくもって無知な僕は

死亡率で1番高いのが癌だということをこのとき初めて知った。

そして、そんな現状も何も知らなかった自分を恥じた。



いぬねこ係のサイトを作ったとき、

数値やデータや各国の取り組みなどを知り、

すべてを知った気になっていた。


でも、現場は違った。

というか、現場が数値で表せるはずがなかった。



初めに、保健所などから引き取ってきた犬たちがいる施設を見せていただいた。




いのちの学校 いぬねこ係




いのちの学校 いぬねこ係


いのちの学校 いぬねこ係




いのちの学校 いぬねこ係




いのちの学校 いぬねこ係


おりを揺さぶりながら、ほとんどの犬たちが、

見知らぬ僕に吠え掛かってくる。


中には、

「連れて帰ってくれないだろうか?」

という眼差しで僕を見ていた子もいたけれど、

ほとんどの子たちが、人間に対して恨みを持っているような、

寂しげな眼差しで僕を見ていた。


僕はいたたまれなくなった。


代表の稲垣さんに案内していただきながら、

一頭一頭の説明を受けていたものの、

僕の頭は真っ白になり、ほとんど言葉が出なかった。


いのちの学校 いぬねこ係

各小屋の前には、上の写真のような説明が書かれており、

これのおかげか、

ほとんどの動物たちは里親さんが見つかっているそうです。



他にも猫たちだけの施設や子犬だけの施設も見せていただいたのですが、

どの施設へ入っても胸が締め付けられました。


今まで猫に威嚇などされたことはなかったのですが、

それが当たり前のように威嚇され、

そこまで彼らを追い詰めてしまっているという事実を

私たち人間が作っているということが、とても悔しかった。



でも、犬や猫たちの寒さ対策のために、

藁を敷いたりしているボランティアさんの行動に愛情に、

僕はそれだけでなんだか救われた感じがしました。



代表の稲垣さんを初め、

働いてくださっているボランティアさんたちは、

とても温かみのある方々で、

1匹でも多くの命を救いたい


そういう熱い思いを持った方々です。


帰りに稲垣さんに車で岩見沢駅まで送っていただいたのですが、

そのときに、

「伝えていかなきゃいけないよね」

という話をなさっていました。

意識の高い人たちに話をするのはもう十分、

意識の低い人たちに話をしても聞いてくれることはほとんどない。

だから、その真ん中にいる人たちに伝えていかなくてはいけないよね

と。

私もそのように思います。



今回の話も、いぬねこに興味がある方だけではなく、

そうでない方々にも読んでいただかなければならない内容だと思います。


また、稲垣さんのインタビューは、

いぬねこ係のサイト上で取り上げさせていただこうと思いますが、

こちらでも別の機会に詳しい取り組みなど

ご紹介させていただくかもしれません。




今回このような文章を書かせていただき、

読んでくださる方が誤解を抱かないように、

細心の注意を払う必要があると思いました。

そして、注意して書いたつもりではいるのですが、

もしかしたら、それでも中には誤解を抱いてしまっている方が

いらっしゃるかもしれません。


何かここがおかしいんじゃない?

と思うことがあれば、周りにお伝えする前に、

私宛( a_nishikawa@inuneco-partner.com )に

ご意見をお聞かせ願いたいです。

それはもしかしたら

私がきちんと伝えられていなかっただけかもしれません。

本当に怖いことは、

読んだ方が私が書いたことだけで、すべてを知った気になってしまい、

批判をしてしまうことです。


私たちは取材と言っても1週間というような長い時間の取材はできません。

もしかしたら1週間でも本当のことは伝えられないかもしれません。

そのような状況下のなかでの現場レポートです。


伝えられないのは無責任だとおっしゃる方がいらっしゃるようであれば、

それはそのとおりかもしれません。

でも、少しでも現状をお伝えし、少しでも早く殺処分0を目指して

行動を起こしていきたいと思っております。


上記を踏まえて読んでいただけたのなら幸いに存じます。


今後も誠意を尽くし、取材をしていくつもりです。

私はまだまだ何も知りません。

だからトンチンカンなことも言うかもしれません。

でも、精一杯取材させていただきますので、

これからもどうぞよろしくお願いいたします。


西川彰 拝



最後に、おやびんのセクシー写真をごらんください。



いのちの学校 いぬねこ係

はい、すみません(笑)

全然レポートになっておりませんが、許してください(汗)

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

いぬねこ係さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス