現在全国公開中の映画、

 

 『ラビット・ホール』のパンフレットに、エッセイを寄稿させて頂いております。

 

 監督 ジョン・キャメロン・ミッチェル(『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』


 脚本 デヴィット・リンゼイ=アベアー(同名戯曲の原作者)


 で、その舞台に惚れ込んだニコール・キッドマンが、

 

 主演・プロデュースをつとめています。

 

 「大切なものを失った、その後」 の物語。

 

 

 どうぞ劇場でご覧になってください。

 

 そして、パンフレットも手に取ってくださいませ。

 

 

 





  WEBマガジン幻冬舎にて連載中の、

 

  エッセイ『愛の病』更新されました。

 

 

  「はじめて嘘をついた日」

 

  http://webmagazine.gentosha.co.jp/ainoyamai/index.html


  毎月、1日15日更新です。



  嘘って苦手なんです。

 

  嘘つき、って色っぽい言葉だと思うけれど。


 


  あ、

 

  でもこれが嘘かも知れないよ?

 

 

 


 







日光の喜び

テーマ:
緑色珈琲-__.JPG


 

                      11月某日

 

                      東京は毎日あたたかいです。

 

                      うちの飼い陸亀は

 

                      日々

 

                      日光浴にいそしんでおられます。