10月某日

 

 

 わたくしの自慢の一つに

 

 美人な友達が多い、ということがあるのですが、

 

 そんな美人に誘われて溶岩浴なるものをやってまいりました。

 

 富士のマグマを固めたもの? の上で熱されるというのであります。

 

 

 普段から運動不足きわまりないわたし、

 

 溶岩石の上では少し動くだけで大量の汗が。

 

 

 デトックス効果がある、とのことですので

 

 わたしの体にたまりにたまった悪たちが、

 

 逃げ出していったのでしょう。

 

 

 余談ですが

 

 わたし、「あごがしゅっとしてる」と言われることが世界一好きです。

 

 なぜならしゅっとしていないからですが。

 

 溶岩浴後、数日間の間に2人から

 

 それに類似する台詞を言われました。

 

 

 たぶん、続けるでしょう。わたし。溶岩浴。

 

 その台詞を聞くために。

 

 

 ちなみに、お店の名前は in sea です。

 



 




 

 

 








  10月某日

 

 

  下唇を火傷しました。

 

  あつあつの饂飩をすすろうとして、

 

  あまりの熱さに驚いて、

 

  そのまましばらく動けなくなりました。

 

  すぐに口を開いて饂飩を落とせば、

 

  火傷せずにすんだ気がします。 

 

  驚いたときに声が出るタイプだったら良かったのに、

 

  わたしは

 

  驚くと息を止めてしまうのです。

 

  残念です。

  


  さて、WEBマガジン幻冬舎に連載中の「愛の病」、

 

  更新されました。



 http://webmagazine.gentosha.co.jp/ainoyamai/ainoyamai.html


  そして、そのエッセイをまとめた「ロビンソン病」

 

  こちらで買えますよ。


 http://www.gentosha.co.jp/search/book.php?ID=201242



  気が向いたら是非。

 

  いえ、

 

  是非気を向けてくださいまし。

 

 






恋と愛と病

テーマ:

 現在発売中の「ダ・ヴィンチ11月号」

 

 (吉高由里子さんが表紙)

 

 にて、「恋時雨」の特集がくまれており、

 

 エッセイを寄稿させて頂いております。

 

 大橋トリオさんや前川紘毅さんなどの歌い手さんがたが

 

 どんなふうに歌を作ったかのインタビューも。

 

 コンビニにお立ち寄りの際は是非。

 

 

 そして、WEBマガジン幻冬舎にて連載中

 

 「愛の病」も更新されております。

 

 http://webmagazine.gentosha.co.jp/ainoyamai/ainoyamai.html



 

 そして!

 

 「愛の病」をまとめたエッセイ集、

 

 「ロビンソン病」が、 

 

 10月6日に発売です!!

 

 「愛の病」「幸福病」ときて、

 

 三冊目のエッセイです。

 

 表紙は、渡辺ペコさんに書いて頂いたですよ。 


 こちらもどうぞよろしくお願いします。