皆さんこんにちは。
犬飼豊紀です。

今回地元の為に貢献できた空撮のお仕事を頂いた撮影後記的な記事を書いていきたいと思います。お時間のある方はぜひ地域でこんな活動がされているんだ、ということが伝われば嬉しいです。


私は今年の4月より地域社会の貢献と自分自身の更なるレベルアップを(自分の)目的にとある先輩に誘っていただき、かしま青年会議所に所属いたしました。

3月のドローンイベントではSNWと言うチームでこの神栖の為にとドローンイベントを開催させて頂き盛大に、そして立派な大会を主催することができ地元各メディア他、NHK様に放送下いただきました。それを気に様々な業界の方々から撮影の仕事を頂いたりお話を頂いたりし今があります。

そんな中今回と同じように活動していたのでは限界がある、目標としている大会にするには更なる躍進が自分にも必要だと考えていたところ誘っていただきました。

忙しい毎日がさらに充実しておりまするw でもものすごい勢いのある友人、先輩とも出会う事ができました。私も誘われる時確かこんな感じで誘われたのですがイマイチぴんと来なかったのですが、今それを実感して言葉にするとこういうしかないんだなぁと思いますw
それは今後私の活動の記事やSNSなどを通しアピールできたらと思います。

さてさて
そんな折り早速活躍の場を頂き、今回のプロジェクトの撮影をさせて頂きました。
撮影にはiPhoneXとドローンを併用しました。イベント撮影にあたり茨城県、神栖市の関係者の方々、またその許可を取っていただいた篠塚さん本当にお世話になりました。
ドローンでのイベント空撮というのはただ遊びでドローンを飛ばすだけではない本当に本当に大変な空撮です。多分空撮の中で一番大変な撮影だと自分は思います。ドローン関係者の方々には感じられると思いますがイベントの上空を飛ぶというのは現在様々はハードルがあります。例えば50m上空に上がるなら人から50m以上離れないといけなかったり、そう見えないようにどういう画角が必要なのかを考えたり、調整したり、その他保険各種をはじめ監視者を置いたり安全対策を二重三重に取らないといけません。墜落したらそのイベント自体がなくなる可能性だってあります。様々なリスクがありそれぞれの対策が合法的に必要なので空撮の料金は上がって行くんです。この場で飛べるありがたみを身にしみて感じます。


さてさて
まず白砂青松とは。 はくさせいしょう、と読みます。
この運動は今回で4回目に当るものなのでこの地域、波崎(はさき)の海岸と松を守ろうという運動なのです。

私は最初、え?守る?松を疑問を持っていました
私は生まれも波崎ですし当たり前のように砂浜があったし松も沢山の生えてました。
地域の木なんだろうなぁ、気候に会う植物なんだろうな位にしか考えてなかったんですね。

しかしこれにはしっかりとした意味があるんです。今まで普通に生えていたように見える松はこの地に住む先人(大先輩)の手で植えられてきたものなのです。

この砂浜と街を守る為です。
東関東大震災の時にはちなみからこの街を守ってくれたという砂浜。
その砂浜が飛んでいかないようにしたり、潮風から守ってくれる松。
人が自然を守り、その自然が人を守ってくれていたんですね。


今回私は一足先にこの波崎の砂浜を「鳥の目線」で見ています。
この動画は下記にリンクを貼ります。

特に見ていただきたいのは、目線でみる海の色と上空から見る海の色。
白い砂浜と綺麗な海。海とはまた違った青空。そこに映える松の緑。そこのそびえ立つ白い風車。まさに波崎です。これぞ神栖市波崎。
私がもしこの街のシンボルをデザインするとすればそれぞれの色を使ったものにしたいです。


上空から実際見て見ると綺麗な緑の中に残念ながらそれが荒廃した地区も存在したんです。え?全面松林が生い茂っているわけじゃないんだ・・。

私はこの松の林にはメンテナンス、植樹しないと保てないものだと知りました。
つまりこの街に昔からある松の林は人の手が加えられ育てられたものなのだと上空を飛んでやっとわかったのです

そこにこの白砂再生プロジェクトをドローンで撮影するという大事さを知りました。
この映像で多くの人々にこの街のことやその由来が伝わって、こんな活動が行われていて実際自分たちも一般参加できるんだということを周知できればと思います。波崎一中の生徒さん、ライオンケミカルをはじめ地元企業のみなさま大勢の参加されているイベントでした。

ぜひそんな思いを馳せ、この街を守る人たちの活動、街を彩る色を感じてもらえたらなと思います。

では早速!
下記の写真をクリックしてもらえれば再生されます。
大きい画面で見たい場合はYOUTUBEという文字をクリックしてから再生すると画面を大きく出来ます。

アドレスをコピーしたい方はこちら👇をコピーしてぜひご拡散お願いします。
https://youtu.be/Eg2i1MY4TzU




この砂浜と風車、松は前日私の主催したJDRA TINYWHOOP JAPAN CUPでもコース内にイメージされています。


こちらはまた改にイベント後記として書こうとと思います。

またこの神栖地域以外にも皆さんの地域でも地元の為に本当に一生懸命活動されている方がいらっしゃると思います。時にそれは「時間に余裕があるからだろ」とか「偽善的」に映るかもしれません。でもそんな方々がいるからこそこの街ができている、
そんな活動をしたいなと最近考えております。

時間に余裕があるわけではありません。大好きなトニースタークのようにお金に余裕があるわけでもございません。私も会社を経営してますし、空いた時間は遊びたいです。趣味もあります。友達と飲みに行ったり釣りにだっていきたいです。正直、すごいと言われる人になりたいですし目指してます。が、全ては時間の使い方。

そこで活動している方々は皆忙しい方ばかりですが、時間は全ての人に与えられた平等な機会、チャンス。それを生かしていい人になるのか悪い人になるのか、お金持ちになるのか貧乏になってしまうのか等変わっていくと思います。

そこを言い訳にしない人間になりたいです。

ちょっと話外れましたが、これからも私だけにしか出来ない人の繋がりと得意技を生かしこの街がよりよく、そして自分自身楽しいと感じる街づくりのお手伝いができればと思います。これは建前ではなく本心です。そういう活動ができるよううまく時間を使っていければと思った本日でした。

まだまだ自分はあまちゃんだ。もっとうまく出来るだろう。きっと。
目標はひた隠しに心にあっためておくよりも言葉に出して人に話して夢は実現すると感じております。