謹賀新年🌅
{EC770074-821D-4C3D-93B2-A684028A452B}
皆さま新年あけましておめでとうございます🎍
今年もよろしくお願い致します。
 
昨年より業務でのドローン空撮、たくさんのご依頼本当にありがとうございました。これもひとえに空撮ドローン、レースドローン、Tinywhoopを通じて知り合うことができた沢山の方々のおかげで成り立ったものであります。
 
初めてドローンに出逢って空撮始めようとしていた頃は『一人(または自分の会社だけ)で商売ができそうだし、いいな!』なんて甘っちょろい考えがありました。
 
いやいや、ドローンは沢山の人達の夢を乗せて飛んで行きます。
お金を貰えるから飛ぶ、だけじゃないってことですね。
 
年末の特番やロケ地撮影でもドローンは使われ出していて、どんどん一般に広がって行くと思います。私もさらなる安全な飛行を心がけながら今年も日々レースに参加して精進していこうと思います。
 
さてさて冒頭の写真でも分かるように2018年の元旦には初日の出を上空130mから撮ってみようと準備をしていました。
さらに、その模様をライブ配信できないかと色々考えていましたが、意外と簡単に出来る様でしたが、念には念を入れて専用にアクセスポイントを設置しワイヤレス干渉を抑えつつfacebookでライブ配信致しました。
仕組みとしては上空のドローンとコントローラーをwifi接続し、さらにコントローラーとUSB接続したiPadをさらにwifiで接続し映像転送を行うというもの。 しかし電波自体も2.4GHz帯の電波ですのでタイムラグが15秒〜20秒ほどありました。また転送速度も一般家庭の光回線なので安定はしませんので配信中の画質は少し荒れてしまった時もあったかと思います。 ライブ配信自体は終了すると映像がfacebookのサーバー上に保存される為、後から見ると画質が良かったりします。 今回はドローン自体で4K撮影した映像を少し編集し、約15分弱の動画を作成致しました。いつもより少し長めですが、雲より上がってくる太陽が作る稜線の移り変わりを見せたかったという思いがありました。
 
いつもは許可が降りている150m未満という条件に自主的に120mという制限というかマージンを設けて飛行していますが、今回は雲も多かったので出来るだけ上から撮りたかったので130mからの撮影です。 朝の冷え込みで霞みがかっていましたが、その霞みの移動方向、風車の向き、上空の雲の流れ、全ての方向が違うのも面白いポイントでした。 太陽が上がってくると地表の温度が少し上がるのか、霞みというか霧が複雑に流れて行くのも面白かったです。またよく見ると海岸に人が沢山集まっているんですね。みなさんより少し上から初日の出拝んじゃいました! 
 
 また、飛行前にバッテリーを温めていたのが功を奏し飛行する時間を長く取れたのは良かったのですが、肝心な自分の足元がサンダルだったので凍傷かってくらい指が痛かったです。(手も)自分の家の上空だと寒さ対策は完璧ではありませんでした笑 ドローンの装備としては次はNDフィルターを試して見たいですね。
 
 ではではお待たせいたしました。元旦の日の出を見忘れてしまった人、ぜひ見ていってください。
14分程で長いのでゆっくりした気持ちの時に見た方がいいかもw
 

 

 
 


★こちらの記事を読んでいただきありがとうございます★

  大好きな神栖市を私達で盛り上げよう!お世話になっている地域の皆様に貢献したい!神栖情報のランキング挑戦してます。クリックで応援してください!
 

この記事を書いた人:犬飼豊紀

toyoアトム電器土合店/犬飼電工㈱ 代表取締役。
  1979年茨城県神栖市生まれ。レコーディング・エンジニアとしてCD音源作成に携わる。地元に戻り家業を引き継ぐ。音楽、釣り、機械いじり大好き。最近はドローン空撮とレース用ドローンにハマるゲーマー電気工事士(プロフィール
  電気工事パソコンの『困った』解決します!ブログを読んだ!とお問合わせ下さい!
  TEL 0479-48-5225