最初は腰が重い事なんだけど、人通りの多い場所に身を投げて沢山の人にあってお世話になったり助けになったり、この持ちつ持たれつな感じに快適さを感じる今日この頃。



人間は一人では生きる事ができないと言う。 しかし一人で生きるが出来る人もいる。


違いとして思うのは、自然に生かされていると感じるか、人に生かされていると感じるかだと思う。



何せよ自分が幸せと感じるのは外的要因を内的に解釈するか。


逆に言うと内的なもので外的要因は変わりにくいのではなかろうか。



つまり、悩んでも状況は変わりにくい!



勿論自らが変わり状況や環境を変えられる人たちは一部いるんだけど、



環境をガラッと変え、自分…というか気分を変えていくほうが簡単。



そして、無理に頭の中を整理する必要すらないという結論に至る。


それっぽい言い方をするならば


流れに身を委ねる


いい意味での思考停止。

というかむしろ破棄。


※異論は認める



自分は環境に恵まれている。


…所に行くのが得意だと思う。