中国のSF雑誌『科幻世界』に、『機巧のイヴ』(短編)が掲載されています。 | 乾緑郎NEWS
新型コロナウイルスに関する情報について

乾緑郎NEWS

新刊、雑誌掲載、インタビュー等の情報をお知らせするページです。

 英訳版発売に続き、今度は中国でも『機巧のイヴ』が翻訳されました。


 とはいっても、単行本ではなく、第一巻の一話(表題作になっている短編)のみですが、掲載誌は、何とあの『科幻世界』です!
 

 ピンと来ない方に説明しますと、全世界で2000万部(!)を越える大ベストセラーとなった、あの『三体』(劉慈欣・著)を連載していた雑誌ですよ。

 

三体 三体
2,052円
Amazon

(これね)


 私の手元にも見本誌が届きました。



 こちらが、中国語に翻訳されたイヴのページです(画像をクリックで拡大)。



「機巧」って、そのまんまの字ではなく「机巧」になるんですね。不思議。