18才のとき、従妹の家庭教師を頼まれてから40年、

仕事として英語を教えるようになって、自分も英語の勉強(英語生活)をつづけながら

高校、英会話スクール、大手予備校、医系予備校(個別)、ときどき家庭教師

大学受験用添削 ・・・

あと、息子とその友達との英語遊び

 

つれづれ考えたことをメモしておこうと思います

 

 

23 正確な読みは暗算と筆算の切り替えで!

 

新しいテーマ「長い英文もサクサク」、を始めました

長くて読みにくい文を、なるべく楽に、正確に読むコツをちょっとずつご紹介するテーマです

 

長い間、大学受験英語を主に教えていて、ベストセラー小説などではあまりお目にかからない、込み入った長い文が入った英文もたくさん読んだので、自分用の備忘録もかねて、生徒ちゃんとのやりとりも思いだしながら続けていきたいんですが・・・

 

その前に、一文、一文ではなく

まとまった文章や、洋書一冊を読み通すときに役立つポイントをご紹介したいです

それはビックリマーク

 

「英文が読める」イコール「速読」ではなくて、

「英文が読める」イコール「自分がゆっくり読むべき場所がわかっている」だということ

 

スイスイ読める部分は計算で言うと暗算モードでいけるパート

さっと読んだだけではSやV、五文型のうちどの文型かもわからないような部分は、計算で言うと筆算モードが必要なパートと呼んでます

 

暗算モードと筆算モードをうまく切り替えて緩急をつけて読むのが「英文が読める」こと

日本語の文章を読むときといしょです~

 

ところが、なぜか、「速読○○」というタイトルの問題集や参考書が多いせいもあって

スピード命!の生徒ちゃんもまだまだ多い飛行機

 

「なんかあやしい」「ちょっとあやふや」と思っても、ポケモンでおなじみロケット団の「ヤな感じ~」がしても、スピードを落とすことなく、完全スピード違反で藪に突っ込んでいく人がなんと多いことか。ところかまわずスピード出してんじゃねえよーDASH!DASH!(チコちゃん風爆  笑

 

スピード違反を繰り返す、ブレーキなしの車みたいになってしまった生徒ちゃんは、読めども読めども、成績停滞…

じっと点数を見る(石川啄木風ガーン

 

こんな風にならないために、英文は「速く読む」ものではなくて、知らないうちに「速く読めるようになっていた」が正解だと知ってほしいんです!

 

たくさんの生徒ちゃんを教えてきましたが自分にとっての筆算モード部分に出くわすと

「ちょっと変だな」

「なんかあやしい」

「ヤな感じ~」(ニャース風三毛猫)

とは、みんな思うんですキョロキョロ

 

そう思いながら「速く読まなきゃ!」とスピードを出し続ける人が結構多い

その原因は、「そこそこ読めてるから大丈夫です」とかショボーン「ゆっくり読むと余計わからなくなる」とかびっくり 中には「先生、文章なんて読み手によって意味は違うから、そもそも、問題なんて意味がないんじゃないんですか!」と怒り爆発の生徒ちゃんもガーン

 

そこで、きちんと基本を押さえてブレずに読めば、こんなにクリアに自信を持って一つの意味に決められる!と実演

こう( )にいれて、ちょちょっとメモして、これを足せば~スッキリ~キラキラ

 

見れば「なるほど!」と納得。ぼんやり意味があいまいな文に遭遇したら、スピードを落としてくれるようになります~カメ

こうなれば、しめたものクローバー

もともと数学や物理と違って、英語は言葉。ネイティブなら、誰でも使っているので、英文の複雑さにも限度があるんです。手順をちゃんと踏めば、日本語ネイティブでも大丈夫。ひと手間かけて、SとVを特定して、文型を確定すれば、自信をもって理解できます。そのとき、ちょこちょこっと、S Vなどの要素を書き込んだり、骨組みになった文の訳だけメモしておけばメモ、読み返すときにもすごく時間の節約に!「急がば回れ」といった昔の人はえらい~かたつむり

 

どこが暗算モードでどこが筆算モードかは、ひとそれぞれ

それに同じ生徒ちゃんでも、モードを切り替えて読み始めると、今まで無理だった場所も、暗算で行けるようになり、筆算モードが必要な場所は徐々に減っていくので、どんどん変化していきます

そして、「先生、最近、速く読めるようになってきた!」という、うれしい感想に照れ

 

「ちょっと変だな」

「なんかあやしい」

「ヤな感じ~」

この感覚は実に貴重!

「わからない」は大歓迎 (どこかの学習塾のCM風爆  笑

 

「わからないところがわかること」コール「暗算モードから筆算モードへの切り替えどころがわかること」

モヤモヤもやもやもやもやもやもやには敏感にアンテナをはって、やさしくブレーキをかけてください~カエル