部屋にお立ち寄りいただきましてありがとうございます。

 

一方的なお願いで恐縮ですが

通りがかりでコメントをお考えの方は

はじめましてや過去記事をご覧頂いた上で

書き込みをくださいますと幸いです。

 

このブログは私の夫・梅雨彦のような迷惑・他害行為をきちんと自覚しておらず、

社会人として一般就労できているタイプ、すなわち

無自覚な大人の発達障害グレーゾーンについて述べているものです。

特性を自覚なさっている方や社会福祉制度を利用されている方は

当てはまりませんのでご理解の上ご覧いただけますようお願いいたします。

 

🐕

アスペルガーっぽいエンジニアのモラハラ夫

梅雨彦のブログはコチラ

いぬころ子の夫の巣穴

🐕

 

 

 

ちょっと季節外れのですけど。

今日の話題に絡めて。

私の大好物のサクランボ(山形県産)。

つやつやの真っ赤な実は

見ているだけで幸せな気分になりますドキドキラブラブ

 

 

 

 

わんわん

 

 

 

 

今日の話題ですが。

 

これまでお話ししてきたように

無自覚なアスペルガー的特性を持つ夫は

一緒に居る時間が長くなるにつれて

妻を自分の自閉の世界に取り込んでしまって

一人の人格を持つ人間だと認識できなくなり、

自分の体の一部のように思い込んでしまいます。

 

妻を自分の意のままに動かそうとして

暴言、屁理屈、無理難題など

モラハラな言動行動を取ったり、

何でも妻にやってもらうのを当然として

幼稚園児のように

「察してちゃん」や「構ってちゃん」が止まらず、

妻に寄生し続けるのです。

 

こういったカラクリを知らない人から見れば

寄生だなんて大袈裟だ、と

思われるかもしれませんが

本当に夫の体の中に取り込まれているような

気味悪さを

私は感じています。

 

 

 

夫はとにかく

私が常に一緒に行動していないと

気が済まないようなのです。

 

過去記事に書きましたが

過度の冷房でダウン。新婚旅行が中止に。

就寝時のエアコンの設定温度が低すぎで

私は絶対に風邪をひくから

別室で休みたいと言っても

頑として受け付けない。

 

一緒に歩いている時には

並んで歩くと必ず腕をぶつけてきます。

 

ごつい腕時計をつけた腕が

ちょうど私の指輪をはめた辺りにぶつかるので

痛くて青あざになることがあるし、

指輪に至っては

硬い石でも衝撃には弱いので

割れることだって考えられます。

 

何回注意しても治りません。

 

距離を詰めて横に並びたがる。

 

 

それから、、

私がトイレに立つと

必ず夫もトイレに行きたがっていました。

 

それも家では

トイレのドアの前で

ジッと立って待っていたんですゲロー

 

これって

2,3歳ぐらいの小さな子供が

母親の後追いをして

トイレにまでついてきて息を抜く暇がない、

というのにソックリ。

 

無自覚なアスペルガー的特性を

私がまだ知らないときには

ネタでやってるの?

おふざけ?

と思っていましたが、

これも

私を自閉の世界に取り込んでいるので

一時でも離れていることに

違和感を持っての行動だろうと

今となってわかります。

 

 

離れたくないと言えば

電話・メール攻撃もありました。

 

平日は必ず、用もないのに

朝、昼、夕方のメール

昼休みに電話をかけてくるのです。

 

世間一般の普通のご夫婦から見れば

20年以上経ってもラブラブ~

などと思われるのでしょうが

無自覚な当事者にとっては

妻と離れていることに

違和感を感じての行動に過ぎません。

 

愛情ではなくて

監視や束縛に近い感情だと思います。

 

自分が留守の間の

妻の動向が気になって仕方がないのです。

 

こういった監視のような行動は

過去記事にもある通りです。

ゴミ箱を見ていちいち詮索する夫

 

 

こちらは最近の話で

6月末、

サクランボについても、ちょっとした一件が。

 

デザートとして

サクランボを大皿に盛っていました。

 

各自、取り皿を用意していたので

私は冒頭の写真のように

自分の分を取りました。

 

あまりにきれいなので、

「見て、見て!すごくきれいでおいしそう~」と

夫に話しかけながら

   笑顔で口に運んでいると、、、

 

「オレも食べる」と言って

なんと私のお皿から

サクランボを取って食べようとしたのです。

 

目の前の大皿に

たっぷりとサクランボがあるのに?

手元には自分用の取り皿があるのに?

 

相手が夫でなければ

こんな些細なことを

私はどうこう言うつもりはありません。

 

でも、

普段から

私が食べるものまで

食い尽くしてしまうような人なので

見過ごすわけにはいかないのです。

 

夫に聞いてみると

大皿のサクランボも取り皿も

目の前にあるのに

全く見えていなかったのだとか。

 

私のお皿しか

目に入らなかったというのです。

 

過去記事のプリンの件でもそうですが、

私が食べている

イコール

自分が食べている

と認識してしまうようなのです。

 

 

妻と行動をシンクロさせようとするし

シンクロするものと思い込んでいる。

 

常に一緒でないと

気が済まないといった感じです。

 

 

 

こういった行動は

雨の日の出勤日にも見られていました。

(以下は過去の出来事です)

 

梅雨彦、

普段は最寄り駅まで

自転車で行っていますが

雨の日は私が車で送迎しています。

 

電車の時間もあるため

少しでもスムーズに行動したいと思って

私は時間になると先に玄関を出て

数歩先のガレージから車を出そうとするのですが

夫はそれが気に入りません。

 

「待って!先に行くな!」

 

「時間も迫っているから

あなたがすぐに乗れるように

玄関前で私が待ってた方がいいでしょ?」

 

それでも

あからさまに不機嫌な顔をして

一緒にガレージに移動することを強要します。

 

一緒に行ったら行ったで

私が日よけのアームカバーや手袋をつけたり

サングラスをかけたりしていると

イライラを爆発させて

またあからさまな不機嫌顔で舌打ち。

 

私は車を動かす前の準備があるので

先に玄関を出たいと説明していても

その場になったらすべて忘れて

自分の思い通りにならないことに

イライラを積もらせて

私に当たり散らしてくるのです。

 

 

 

冷静になっている時に聞いてみると、、、

 

私が先に出るのはイヤ。

後で出てくるのもイヤ。

 

とにかく一緒でないと落ち着かないとのこと。

 

やはり、

私は自閉の世界に取り込まれているようです。

 

こういった夫の日常の拘りから

一つ一つ崩していかないと

私はずっと夫の中に

取り込まれたままになると感じました。

 

 

このシンクロ行動、シンクロ思想を

撃退する試みについては

また次回。

 

 

 

🐕

パーティーやアプリで恋活・婚活中やゼクシィ愛読者の皆さま、

結納、前撮り、ウェディングフォトなど日々を忙しくお過ごしのプレ花嫁さま、

すでに結婚してしまって毎日が苦しい妻の皆さま、

彼氏や夫に違和感を感じられましたら

一度、立ち止まって考え直されることをお勧めいたします。

その違和感、

自覚のないアスペルガー(っぽい性格)の特性による

モラハラ、DVではありませんか?

🐕

 

 

クローバー今日のお花クローバー

ミリオンベル。

毎年、定番で寄せ植えしています。

 

 

カサンドラを広く知って頂きたくて

ランキングに参加しています。

お手数ですがクリックで応援をよろしくお願いいたします。

m(__)m

↓↓↓

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村