感性を研ぎ澄ます重要性 | 量子論と脳科学ベースの引き寄せ理論

感性を研ぎ澄ます重要性

 

午前中にセッションなどの仕事が入っていない朝は車で15分ほどのカフェに向かいます。

 

 

 

 

そのカフェで事務作業したりブログ書いたり色々するのですが、先日そのカフェに向かう車の中でラジオを聞いていたところ、ある人のインタビューが流れてました。

 

 

 

 

 

誰のインタビューかというと、日本ハムファイターズのスカウトディレクターである大渕さんという方のインタビューでした。

 

 

 

 

 

この方、今やプロ野球界を代表するスター選手である大谷翔平選手をファイターズに入団させた人で、その筋ではかなり有名な人のようです。

 

 

 

 

 

私はプロ野球を観ませんが、大谷選手は知ってましたので、なんとなくそのインタビューを聞いていました。

 

 

 

 

 

ちなみに大谷選手はこんな人です。

 

 

 

 

 

 

 

どれぐらい大谷選手がスゴいのか知りたい場合は別途ググってみてくださいね。ここで説明するのは面倒なので(爆)。Ψ(`∀´)Ψヶヶヶ

 

 

 

 

 

大渕さんは色々お話しておられましたが、特に印象に残っているのがご自身が上手くいくようになったきっかけのようなお話でした。

 

 

 

 

 

確かこんなようなお話でした。

 

 

 

 

 

 

20代、30代は「20代になったらこれをすべき」、「30代になったらやらなければならないこと」などの成功ノウハウ本を沢山読んだ。

 

 

でも書いてある通りにやっても結局上手く行かなかった。

 

 

で、ある日突然思いついたのは、「この方法はこの人(著者)だから上手くいったんだ」ということ。

 

 

そして、「その方法をそのまま自分がやっても上手くいくとは限らない」と氣付いた。

 

 

それ以来、まずは自分の感性に従ってみることにした。

 

 

すなわち、これはいい感じがする、面白そうなど、自分の感性が「良い」と感じることだけやっていく、ということにした。

 

 

そうしたら、だんだんと良くなっていき、結果万事上手くいくようになった。

 

 

 

 

 

 

 

細かい部分では違っているかもしれませんが、だいたいこんな話でした。

(*^.^*)

 

 

 

 

で、なぜ私がインタビューの中でもこの部分だけ鮮明に覚えているかというと、私も全く同じ経験をしているからです。

 

 

 

 

 

私だけじゃありません。

 

 

 

 

 

私のお客さんでも上手くいった人、上手くいってる人はだいたいこのパターンだからです。

 

 

 

 

 

私もかつては、「この方が儲かりそう」、「この方が上手くいきそう」、「こっちの方が得しそう」という方法を片っ端からやってた時期がありましたが、正直全然ダメでした。( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!

 

 

 

 

 

そして、私も大渕さんと同様に、「もういいや、自分が興味があること、単純に面白そうと思うことをやろう」と、行動パターンを変えたんです。

 

 

 

 

 

私の場合はそれが、意識の現象化(引き寄せ)、量子力学、脳科学だったわけです。

 

 

 

 

 

で、その分野を探求するにつれて、「引き寄せって物理法則で説明できるんだ」と思うようになり、それを自分自身やモニターさん、お客さんに実践いただくにつれ、そのノウハウが溜まっていきました。

 

 

 

 

 

そのノウハウをさらに精緻化し、自分が日々実践することで良い状態がそれこそ自然と引き寄せられ、今に至っているんです。(*'-'*)

 

 

 

 

 

そう、結局は私も自分の感性に従がうようにしてから上手く行きだしたんです。

 

 

 

 

 

そして、その経験やノウハウをこのブログ、ブログでは伝えきれないことをセッションや講座でお伝えしているわけです。(・∀・)ニヤニヤ

 

 

 

 

 

でも、この感性に従う、ということを大抵の人は怖がります。

 

 

 

 

 

一見道なき道を走るように見えるんで怖いのは当たり前なんですけどね。(^_^)

 

 

 

 

 

でも実際は、「こうすると上手くいくよ」という道はきっちり示されているんです。

 

 

 

 

 

でもその道は、「言葉」という理性ではなく、「感覚」という感性で示されるんです。

 

 

 

 

 

だから怖いんです。(*゚ー゚*)

 

 

 

 

 

さらに言えば、「感性に従う」、ということは、偽りの自分という仮面を脱ぐことでもあります。

 

 

 

 

 

本当は嫌だったんだけど、本当は違和感を感じていたんだけど、仕方がない、そうするしかない、という意識でやっていた行動を手放すことになるからです。

 

 

 

 

 

自分の感性に従うということは、逆を言えば、違和感を感じることを止めることでもあります。

 

 

 

 

 

それはそれでとても勇氣の要ることです。(*^.^*)

 

 

 

 

 

なぜなら、偽りの自分を演じることで手に入っていたお金、人間関係、信用などを手放すことになるからです。

 

 

 

 

 

そういう意味でも、それらを手放すことでいったんは、「落ちる」ということになるかもしれません。

 

 

 

 

 

でもそれらの「落ちた」という経験はいずれ必ず報われます。

 

 

 

 

 

それも、その時には想像もできなかった良い状態が引き寄せられるという結果で。

 

 

 

 

 

結局は「こうすると上手くいくよ」という道を示している感性に従ったからなんです。

 

 

 

 

 

あなたの選択、決断の基準は何ですか?

 

 

 

 

 

かつての私のように、損得、有利不利、儲かりそう、イメージが良い、などの「言葉による思考」で理性的に選んでませんか?

 

 

 

 

 

それで上手く行ってますか?

 

 

 

 

 

上手くいっているなら良いですが、とても大変だったりしませんか?

 

 

 

 

 

上手くいってるけどとても大変、もしくは上手くいっていない、というのなら、もうそろそろ、「本当の自分がどう感じているのか」、という感性で選ぶように切り替えた方が良いですよ。

 

 

 

 

 

それはそれで勇氣がいることですが、死ぬ間際になって、「あー、あの時にもっと勇氣を出しておけば。。。」という後悔に比べたら屁でもないはず。

 

 

 

 

 

「死ぬこと以外はかすり傷」、の精神でね。(≡^∇^≡)

 

 

 

 

 

 

 

 

量子論的引き寄せコンサルタント養成講座の今期募集は締め切りました。

 

次期募集開始時の告知をご希望の場合はこちらでメールアドレスのご登録をおねがい致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*セッションメニュー


継続「引き寄せ」セッション(継続、合計6回のセッション)

本当の自分発見セッション(継続、合計3回のセッション)

潜在能力の覚醒セッション(継続、合計3回のセッション)


セッション開始はお申し込みいただいてから1、2ヶ月先になる場合もあります。その旨事前にご了解の上でのお申し込みをお願い致します。

 

 







 

【関連記事】

本音で生きると引き寄せる

本当にやりたいことを見つける方法

本当の後悔を避けるという選択

信じることを決める

人生に身を委ねてみる

確信が現実をつくってる

本当の望みを解放する

「お金を引き寄せます」とか言わない理由

同じ意識、同じ行動、同じ世界の選択

意識すればそこに量子が偏在する

自分自身を救済すると引き寄せは加速する

なんでも自分で決められる原理

常にゼロポイントで生きる

 

 

 

 
 
 

 

 

 

 



【その他の記事】
アクセスTOP3(直近1週間)









ブログで使用しているイラストが

LINEスタンプになりました!!

詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


読者登録お待ちしてま~すにひひ
    ダウンダウンダウン
読者登録してね