【ホワイピュア】シミ・そばかすの原因は「黒色メラニン」 | サプリメントアドバイザー@hiroの健康ブログ

サプリメントアドバイザー@hiroの健康ブログ

サプリメントは医薬品ではないため、その効果・効能を謳うことはできません。サプリメントをご利用になる方は、ご自分でその効果・効能を調べなくてはなりません。そこで、サプリメント選択の一助になる情報を公開すべく、ブログを公開しております。


テーマ:

肌の色を決定づけるのは「メラニン色素」ですが、
そのメラニン色素には、
「黒色メラニン」と「肌色メラニン」の2種類があり、
この2つの性質の違うメラニンによって
肌の色の違いがもたらされています。

 

黒色メラニン

 

黒色メラニンは黒褐色(茶~黒色)のメラニン色素で、
紫外線を浴びると肌が褐色に変化するのは、
この黒色メラニンの増加によるものです。

 

また、黒色メラニンは、

ターンオーバーによって排出されずに皮膚に残ってしまった
シミ・そばかすの正体でもあります。

 

皮膚が紫外線や物理的な刺激を受けると、
メラノサイト(メラニン細胞)がチロシナーゼという酸化酵素を活性化し、
アミノ酸のチロシンをメラニンに変化させます。

 

このときに作られるのが「黒色メラニン」です。
その本来の役割は、
紫外線が皮膚の奥にまでダメージを及ぼさないように、
紫外線を吸収することです。

 

したがって、「黒色メラニン」が多いほど、
皮膚内で紫外線を吸収して
サンバーン(日焼け後の赤み)や皮膚がんの発生を防止します。

 

反対に、黒色メラニンが少ない人では、
紫外線によるダメージを受けやすくなります。

 

なお、「肌色メラニン」は、 透明感のある白い肌を引き出すメラニンです。
肌色メラニンの割合が多いほど、 透明感のある白い肌を保つことができます。

 

 

黒色メラニンを増やさないためには?

 

1. 紫外線を浴びない

 

紫外線を浴びると、 メラノサイト(メラニン色素を作る細胞)が活性化し、
黒色メラニンをたくさん作り出します。

 

また、紫外線のダメージによりターンオーバーが乱れ、
黒色メラニンが排出されにくくなります。

そして、シミ、そばかす、黒ずみのような色素沈着として肌に残ってしまうことがあります。

 

2. 皮膚の炎症を阻止する

 

皮膚が炎症を起こすと、
エンドセリンやプロスタグランジンなどの物質が発生して、
皮膚基底層内のメラノサイトに「メラニンを作れ」と指令を出します。

 

メラノサイトは、チロシナーゼという酸化酵素を活性化させて
黒色メラニンをたくさん作り出します。

 

ニキビ、アトピー性皮膚炎、脂漏性湿疹などの様々な皮膚の炎症・湿疹が長引くほど、
黒色メラニンが過剰に生成されて炎症後色素沈着がひどくなります。

 

また、紫外線を一気に浴びると、
サンバーンといわれるヤケドと同じ皮膚炎症状態になります。

 

3. 皮膚に物理的な刺激を与えない

 

皮膚に物理的な刺激を与えると、
防御反応によって黒色メラニンがたくさん作られてしまいます。

 

例えば、洗顔時、頬や鼻のような隆起した部分には、
無意識のうちに力が入って強い刺激を与えていることがあります。

 

また、ナイロンタオルなどで体をゴシゴシ洗っていると、
「摩擦黒皮症」とわれる色素沈着をまねくことがあります。

 

透明感のある白く美しい肌を維持するには、
黒色メラニンを抑制して肌色メラニンを増やすことが理想的です。

 

4. グルタチオンにより肌色メラニンを増やす

 

グルタチオンとは、
グルタミン酸、システイン、グリシンの3つのアミノ酸から構成される
「トリペプチド」のことです。

 

主に抗酸化物質として働き、有害物質を細胞外に排出する解毒作用があります。
したがって、「グルタチオン」は体内の強力な抗酸化物質として非常に重要です。

 

このグルタチオンは優れた美白力があり、
黒色メラニンの生成を抑制して、
肌色メラニンの性質を引き出し、
肌を白く透明感のある状態へ導きます。

 

また、強い還元力を持っているので、
メラニンが沈着したシミや黒ずみなどを薄くする効果もあります。

 

グルタチオンは細胞内において優れた抗酸化作用を示し、
細胞の酸化を阻止して肌老化を阻止します。

 

したがって、体内のグルタチオンの働きが高い人ほど、

若々しいキメの整った肌を保つことができます。

 

しかし、グルタチオンは加齢とともに減少していくため、
体内でグルタチオンの合成を高めることが老化予防のポイントになります。

 



 

 

グルタチオンの原料になるアミノ酸

 

グルタチオンは、
「グルタミン酸、システイン、グリシンの3つのアミノ酸」
から構成された「トリペプチド」です。

 

これらグルタチオンの原料となるアミノ酸のなかで、
とくに「システイン」が不足しやすい傾向があります。

 

したがって、システインを積極的に摂取すると、
グルタチオンの合成が高くなると考えられています。

 

ビタミンCおよびビタミンB群はグルタチオンと相性がいい

 

ビタミンCには、
抗酸化作用による「黒色メラニン還元作用」、
チロシナーゼ抑制による「メラニン合成阻害作用」などがあり、
グルタチオンと似たような働きをもちます。

 

グルタチオンとビタミンCは協同して働いて
色素沈着に対して相乗効果を発揮します。

 

ビタミンB群は、「補酵素」として肌の健康を保持します。

 

とくに、ビタミンB2、ビタミンB6などは不足すると皮膚炎を起こすことがあり、
シミやくすみを予防するためには不可欠なビタミンです。

 

 

ホワイピュア


シミ・そばかすの原因となるのは、
紫外線やストレスなどから過剰に発生してしまった
黒色メラニンです。

 

【ホワイピュア】によれば、
① 1,000mg配合された「ビタミンC(アスコルビン酸)」と、
② メラニンの生成を抑制する「L-システイン」、そして
③ 沈着を抑制する「ビタミンE」が
協力しあい、メラニンの発生を防ぎます。

 

さらに、【ホワイピュア】においては、
「L-システインとビタミンC・ビタミンE」に、
④ コラーゲンを生成・維持し、新陳代謝を促進する「ビタミンB2」と、
⑤ 皮膚の再生を促進する「ビタミンB6」が
協力することで、

肌の新陳代謝を進め、肌の生まれ変わりのリズムを整えます。

 

肌の生まれ変わりのリズムを整えることで、
肌に残ったままのメラニン色素が排出されやすくなり、
肌の奥で作られているシミ・そばかす予備軍も排出されるので、
目に見えないシミ・そばかす対策もできます!

 

 

ところで、シミ・そばかすを解消させるためにあれこれ対策を講じても、
またターンオーバーが乱れてしまうと意味がありません。

 

【ホワイピュア】には、
ターンオーバーの働きを助ける「L-システインとビタミンC」、
さらには「ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンE」がバランス良く含まれています。

このため、継続して服用することで、将来のシミ・そばかすの発生を予防することができます。

 

 

【ホワイピュア】の詳細は、公式ページでお確かめ下さい↓↓↓

しみに効く医薬品 ホワイピュア

 

【ホワイピュア】の最大の特徴は、サプリメントではなく、
効果が認められた第三種医薬品であることです。

医薬品であるからには、必ず効果・効能があるわけです。

また、「L-システイン」を最大限(240mg)配合し、
ビタミンC(アスコルビン酸)」を1,000mgも配合していることも、
注目すべき特徴です。

これら有効成分の配合量が、
【ホワイピュア】の効果・効能をより顕著で確実なものにしているのです。

 

しみに効く医薬品 ホワイピュア

 

人気ブログランキングに参加しています。
ポチッとして頂けると、励みになります。
↓↓↓


健康食品・サプリメントランキング

 

ブロトピ:今日のブログ更新

 

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼

 

サプリメントアドバイザー@hiroさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス