私は昔、個別指導塾の英語講師でした。個別指導の利点は生徒のレベルに合った学習ができるということです。元々学習は個人でするものだと考えていた私は、個別指導が最善の指導方法で集団指導はしいていえば、一度に教えられるという意味でコストパフォーマンスが高いという点のみで優れていると思っていました。

 

しかし、この一年で集団指導をしていて考えが変わってきました。集団指導にも学習に関する利点があります。他の生徒と話が出来るということです。知らなかった情報を交換できるということと、話をすることでコミュニケーション力をつけることができます。社会に出ると自分ひとりが出来ることは限られます。情報を交換できないといくら頭が良くても社会では使い物になりません。日頃から話すことで、社会人として大切な力をつけることができます。

 

もう一つは、逆に一人だと勉強できない生徒がいるという点です。一人で自習させるとなにもしないのに、集団のディスカッションになると喜んで参加する生徒がいます。そういう生徒にとっては集団指導というのは、逆に個別指導よりもその人に向いている学習方法と言えます。

 

後は、場の空気さえコントロールできれば、「勉強しないといけない」と思わせることができるという点です。予備校の著名な先生はそこがうまいのかなと思います。私はそこまでできる能力は今のところ持ち合わせていませんが、話で魅せるようなことができればと思います。

 

(担当:川崎純)

 

フェイスブックフォローをお願い致します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

学びたい人集まれ!ママが気軽に参加できるラーニングサクセスの講座はこちら

http://mindfulkosodate.com/seminar/mamacafe

 

 

 

子供の学習スタイル診断に興味があるかたはこちら

http://mindfulkosodate.com/seminar/learningstyles

 

 

東京インターハイスクールウェブサイト

http://www.inter-highschool.ne.jp/

東京インターハイスクールの本が11月1日に発売になりました。本屋さんやアマゾンで取り扱われています。

アマゾンでの販売サイトはこちら