こんばんは。

 

悲しみを乗り越え、生きてて良かったと思える日をお届けします大友智子です。

 

 

今日も義母のところへ向かった。

 

「お義母さん」と声をかけようとした時・・・

目はしっかりつぶっているけれど、顔が微笑んでいることに気がついた。

静かにそっと見守っていたら「フフフフ」と声を出して楽しそうに笑った。

 

 

 

食べられなくなって1ヶ月半。

今は500mlの点滴をゆっくり入れているのみ。

 

当然身体は痩せ、顔もほっそりとなり、私でも抱きかかえられる体重になっていると思う。

 

 

それでも楽しい楽しい夢を見ていたのだ。

 

日々痩せていく義母を見ていることはつらい反面

最後の最後まで「楽しい」という思いを持っていられること。

 

「お義母さん、よかったね」

心からそう思った。

 

 

ふと義母を見ると、うっすら目を開けていた。

「お義母さん、来たよ。大丈夫よ、そばにいるからね」

 

かすかにうなずいてくれた。

私の声はちゃんと届いている。

 

「ひとりじゃないんだ」

義母がそんな思いをずっと持っていられますように。

 
 

 

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。

ゆっくりおやすみください。

 
 
バナークリックで詳細ページに飛びます