こんばんは。

 

悲しみを乗り越え、生きてて良かったと思える日をお届けします大友智子です。

 

 

こうしなければこう思われるのではないか

こう言わなければ嫌われるのではないか

 

いつも相手目線。

 

親が望むように

義母や夫が望むように

他人が望むように

 

自分の意志を曲げてきた。

 

 

それが当たり前になってしまって

曲げている思いが自分の思いだと勘違いしてしまった。

 

 

どんな思いを持っていても、それを大切にしてくれる人はいる。

 

私だって4人の息子が私の思いの外側のことをやっても

それが明らかに間違ったことでない限りは尊重もするし

息子を見捨てたり軽蔑したりしない。

 

 

そうだ!

自分の思いを大事にしていい。

本当に間違っていたら、それに気付けるきっかけはやってくるし

その時まで静かに見守ってくださる人もいるから。

 
 

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。

ゆっくりおやすみください。

 
 
バナークリックで詳細ページに飛びます