こんばんは。

 

悲しみを乗り越え、生きてて良かったと思える日をお届けします大友智子です。

 

 

私の子供の頃の夢は女優さんになることでした。

『40代の頃には世界中を駆け回ってる』と書いた記憶が鮮明にあります。

 

 

今、私は母として平凡な日常を送っています。

 

大きな夢を抱いていた自分のことも

平凡に生きている今の自分のことも

恥ずべきことではない。

 

どれも私であって

どの時も真剣に向き合ってる・・・

そう思っています。

 

 

母や夫もそうだ。。。。

 

娘の一挙手一投足に口を出していた母も

娘のために手作りにこだわっていた母も

命を絶ってしまった母も

 

家事は何もできなかった夫も

仕事に対しては責任感が強かった夫も

命を絶ってしまった夫も

 

どの時も唯一の母であり夫であり

どの時も懸命に生きていた母であり夫であり。

 

 

自分の生き様にマルを出せるようになったら

母や夫にもたくさんのマルを見出せるようになりました。

 

自分にマルを付けるだなんて、と思ってきたけれど

自分への1つのマルから生きやすくなることを実感しているのです。

 
 

 

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。

ゆっくりおやすみください。

 
 
バナークリックで詳細ページに飛びます