こんばんは。

 

悲しみを乗り越え、生きてて良かったと思える日をお届けします大友智子です。

 

 

悲しい出来事・つらい出来事・悔しい出来事・・・

そういったことが起こる以前の状態に一日も早く立ち戻り、普通に生きていく。

 

これが乗り越えることであり、大事なこと。。。。

 

私はどこかでそんな考えを握りしめていたのかもしれません。

 

 

 

乗り越えなきゃ、乗り越えなきゃと自分を追い立てること。

それは想像以上にキツイことでした。

 

まるでハシゴもかかっていない切り立った崖を、素手で登っていくかのような。

弱り切った心身で登れるはずもないのに。

 

 

目の前の崖の上には、確かに明日への希望が輝いている。

それだけを見て崖を登るには、確かな体力や道具、時には的確な指示も必要でした。

 

 

 

はたから見たら無駄に遠回りに見えてしまうかもしれない。

それでもハシゴを探しに行ってみるとか、先導してくれる人を探すとか、じっくり体力作りからしてみるとか・・・・

 

〈今の自分〉には何が必要なのかを見間違えないこと。

それがいつの日かちょっと振り返ってみた時に「あぁ、乗り越えてこれたなぁ」と感じられるのだと分かってきたのです。

 
 

 

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。

ゆっくりおやすみください。

 
 
バナークリックで詳細ページに飛びます