こんばんは。

 

悲しみを乗り越え、生きてて良かったと思える日をお届けします大友智子です。

 

 

一日一日の積み重ね。

それは卵の薄皮よりも薄いのかもしれない。

昨日より何が変わったのかが分からない。

昨日の嫌なことやつらいことが透けて見えるから。

 

 

どうせダメだ、と何度も自分の人生を諦めかけました。

どうせ良くならない、と何度も後戻りをし。

どうせまた悪いことが起こる、と何度も自分に対して不信感を抱いたものです。

 

 

 

昨日と変わらないような一日だとしても

昨日より状況が良くないように感じる一日だとしても

 

今この瞬間にできることをやっていたなら、いずれ良き風が吹き始めるのだと感じています。

 

今できることが「息をすることだけ」だったこともあります。

「涙を流すだけ」の時もあれば「じっと横になるだけ」の時も。

 

行きつ戻りつしながらも、喜びが包み込んでくれる日はやってくるのだと。

 

 

大きな一歩でなくてもいい。

後戻りすることがあってもいい。

それですら喜びに包まれる日に向けての積み重ねだったと強く実感しているのです。

 
 

 

 

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。

ゆっくりおやすみください。

 
 
バナークリックで詳細ページに飛びます