こんばんは。

 

悲しみを乗り越え、生きてて良かったと思える日をお届けします大友智子です。

 

本日もブログに訪れていただきありがとうございます。

 

 

 

「マイナスなことを考えないようにしてたのに」

「笑顔でいるように頑張ってたのに」

「何でも引き受けて役に立とうとしたのに」

「いっぱい我慢してきたのに」

「怒らないようにしていたのに」

 

それでもそれでもつらいこと・悲しいこと・悔しいこと、起こりました。

 

我慢してきたのに母は命を絶ってしまった。

頑張ってきたのに夫も命を絶ってしまった。

自分を変えようとして失敗した。

その失敗を取り返そうと傷口に塩を塗った。

 

 

どうして悪いことばかりなんだと怒りがこみ上げました。

これ以上何を頑張ればいいんだと投げやりになりました。

こんな自分なんかどうでもいいと思いました。

 

 

けれどある時、私に気付きをもたらしていただきました。

 

「自分の心を・自分の奥底にある本心をないがしろにしていたからだ」と。

 

 

笑顔を作れる自分

我慢できる自分

何でも引き受ける自分

怒らない自分

 

そうでなければダメな人間と思い込んでいたのは間違いだったのです。

 

 

嫌なことが起こらなくなるということはないです。

ウマが合わない人とは遭遇しないということだってないです。

 

嫌なことが起こっても、合わない人が現れても・・・

「私はこう生きていく」という軸さえしっかり握りしめていたなら、出来事に意味を見出せるようになることが分かったのです。

同時に自分を大切な存在として扱えるようになりました。

 

最悪だと思っていたことや相手に対しても、それがなければ・その出会いがなければ、今のこの人生はなかったと思えるようになりました。

 

 

 

「私はこう生きていく」

全ての過去が作り出してくれた私の軸。

無駄な過去なんてない。

 

 

 

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。

ゆっくりおやすみください。

 

 
誰にも相談できない、心の声をお聴かせください
いただいたメッセージは、1通1通、丁寧に目を通させていただきます


死別・喪失感のお悩み、お聞きします
大友智子の目安箱

(バナークリックで詳細ページに飛びます)