こんばんは。

 

悲しみを乗り越え、生きてて良かったと思える日をお届けします大友智子です。

 

本日もブログに訪れていただきありがとうございます。

 

 

 

母や夫の自死。

父の介護への後悔、そして病死。

いくども陥る依存心。

学習し切れていなかったことへの後悔。

 

 

過去の悲しみに引き戻される。

過去の悔しさに引き戻される。

 

何度も何度も。。。。

 

 

 

「私より大変な人がいるんだから」

そんな思いで無理やり気持ちを引き上げても

「やっぱりつらいものはつらいよ!」

心の扉を閉ざしてきました。

 

 

 

落ち込んで、少し希望が見えてもすぐ暗雲に覆われ

涙は枯れ果てたと思ってもまた涙を流し。

 

 

それでも試して試して落ち着いたのは・・・

 

誰かが喜んでいることを喜び

誰かが悲しんでいることに心を寄せ。

 

 

誰かがありのままをキャッチしている様を見ていたら

自分のありのままもキャッチできるようになってきたのです。

 

時には怖くて見ることもできなかったり

時には投げやりになって無視してしまったり。

 

でも「キャッチしよう!」と手を広げ、耳を澄ましたら、

誰かを大切に思うように、自分のことも大事に扱える自分になってきました。

 

 

 

一度や二度では上手くいかない。

10回でも100回でも1000回でも試してみる。

 

誰かを大切に思うこと。

自分の声も大事に聴き取ること。

 

生涯、ずっとやり続けていこうと思っていることです。

 

 

 

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。

ゆっくりおやすみください。

 

 
誰にも相談できない、心の声をお聴かせください
いただいたメッセージは、1通1通、丁寧に目を通させていただきます


死別・喪失感のお悩み、お聞きします
大友智子の目安箱

(バナークリックで詳細ページに飛びます)