こんばんは。

 

悲しみを乗り越え、生きてて良かったと思える日をお届けします大友智子です。

 

本日もブログに訪れていただきありがとうございます。

 

 

 

「どうせ私なんか・・・」

 

それでどれだけの時間を失ってきたことだろう

それがどれだけの幸せを落としてきたことだろう

それでどれほど傷を負ってきたことだろう

 

 

「私には出来る!!!」

今もひとときも疑わずそう思い続けているわけではないです。

 

理想通りに築けなかった両親や夫との関係を思った時に

自分の心の中の思いをどう表現すればいいのか戸惑ってしまう時に

物事がうまくいかなくなってしまう時に

体調がすぐれない時に

 

「どうせ私なんか・・・」

魔のフレーズが出てきてしまうことがあるのです。

 

 

 

そんな時こそ思い出すのです。

母の死の悲しみを

夫の死による苦しみを

立ち上がれないほどのつまづきにあった時の後悔を

 

「あの時のどん底からここまできたじゃない!」

「あの時こうすればよかったと思うことを今やってみようよ!」と。

 

 

 

過去の自分は、過去の失敗は、過去の悲しみは

今の自分を、これからの自分を、励まし支えてくれるものになっていました。

 

過去に心を置き去りにせず、過去を罵倒せず

過去も今も大事にしていこうと思うのです。

 

 

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。

ゆっくりおやすみください。

 
 
誰にも相談できない、心の声をお聴かせください
いただいたメッセージは、1通1通、丁寧に目を通させていただきます


死別・喪失感のお悩み、お聞きします
大友智子の目安箱

(バナークリックで詳細ページに飛びます)