こんばんは。

 

悲しみを乗り越え、生きてて良かったと思える日をお届けします大友智子です。

 

本日もブログに訪れていただきありがとうございます。

 

 

 

その方の笑顔からは想像もつかなかった。

行動を見ていて恵まれている人だと思っていた。

 

 

けれど3人もいた愛らしい子供を失っている人だった。。。

 

 

 

どこから生きる力が出ているのか、私には不思議で仕方ありませんでした。

悲しいはずなのに、つらいはずなのに、自分のことすらも考えられないだろうに。

 

どうして笑顔で生きているのか。

どうして前に進んでいるのか。

 

 

その方の思いをお聴きして、静かに手渡されたと感じたもの。

それは

「今この時を生きよう」ということ。

「今すでに持っている幸せに気付こう」ということ。

 

 

 

 

悲しみがなくなるわけでもないし、故人を忘れるはずもない。

 

それでも太陽の温もりを感じられる幸せ。

誰かを思い・誰かに思われる幸せ。

 

そんなことに気付けるだけで前を向く力が出てくるのだと。

 

 

 

生かされた自分に向き合う。

生かされた自分を活かすことを考える。

その先に「生きていこう」という希望がある。。。

 

 

 

 

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。

ゆっくりおやすみください。

 
 
誰にも相談できない、心の声をお聴かせください
いただいたメッセージは、1通1通、丁寧に目を通させていただきます


死別・喪失感のお悩み、お聞きします
大友智子の目安箱

(バナークリックで詳細ページに飛びます)