こんばんは。

 

悲しみを乗り越え、生きてて良かったと思える日をお届けします大友智子です。

 

本日もブログに訪れていただきありがとうございます。

 

 

 

「友達のお母さんは口うるさくないのに」

「友達の親は元気でいてくれているのに」

「友達の旦那さんは家のことも積極的にやってくれているのに」

 

「どうして私の親は干渉してばかりなんだろう」

「なぜ親が自殺を選んでしまったのだろう」

「どうして家事も育児も私ばかりに負担が来てるのか」

「なぜ夫までもが自殺してしまったのか」

 

 

「いつもいつも自分は損している」と思って生きていました。

 

 

 

徒歩ではマラソンランナーに追いつけない。

自転車は車に追いつけない。

新幹線も飛行機より早く走れない。

 

でもゆっくり景色を楽しむことができたり、早く目的地に着くことができたり。

それぞれに適した場面があり、どれもダメな方法ではないです。

そしてどの方法であっても目的地に行くことはできます。

 

 

生き方も同じ。

誰かと同じ喜びがなくてもいい。

誰かと同じ幸福度でなくてもいい。

誰かと同じ心の回復力がなくてもいい。

 

自分にしかない喜びや幸福度や心の回復力を持っているのだから。

それをとことん信じていきたいのです。

 

 

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。

ゆっくりおやすみください。

 
誰にも相談できない、心の声をお聴かせください
いただいたメッセージは、1通1通、丁寧に目を通させていただきます


死別・喪失感のお悩み、お聞きします
大友智子の目安箱

(バナークリックで詳細ページに飛びます)