こんばんは。

 

悲しみを乗り越え、生きてて良かったと思える日をお届けします大友智子です。

 

本日もブログに訪れていただきありがとうございます。

 

 

あと3時間ほどで2018年が終わろうとしています。

一年を振り返ると様々なことがありました。

 

喜びに心震えることも

悲しみの涙にくれることも

悔しさに固まってしまうことも

深い優しさに温められることも

 

 

 

年が変わるこの節目にこそ心に呼び戻そうと私が思ったこと。

「愛されずに存在している人などいない。

愛されているという強い思いこそいのちだ」と。

 

 

全てのことを忘れ去ることはできないです。

永遠の別れの寂しさは、どれほど月日が経っても心がきゅっとなります。

 

それでいいのだと思います。

それほど亡き人に愛されていたのだから。

それほど亡き人を愛していたのだから。

 

 

亡き人は天国から愛してくれている。

空を仰いで亡き人を想うことは愛を送ること。

 

そして・・・・

 

この世界のどこかに自分に愛を送り続けてくださっている方がいることを心に留め

この世界のどこかに自分の愛を必要としている方がいることを心に留め

2019年を迎えたいものです。

 

 

この節目の時、皆さまが穏やかな心で過ごすことができますように・・・・

 

 

本年もありがとうございました。

ゆっくりおやすみください。

 

 
誰にも相談できない、心の声をお聴かせください
いただいたメッセージは、1通1通、丁寧に目を通させていただきます


死別・喪失感のお悩み、お聞きします
大友智子の目安箱

(バナークリックで詳細ページに飛びます)