卑屈にならなくていい

テーマ:

こんばんは。

 

悲しみを乗り越え、生きてて良かったと思える日をお届けします大友智子です。

 

本日もブログに訪れていただきありがとうございます。

 

 

 

夫が命を絶ってしまい、一寸先も見えなくなってしまった私。

 

私の耳が拾っていた言葉は

「病気なんかじゃなかったはずだ」

「もっと立派な祭壇にできなかったのか!」

「一生懸命やってたのに」

 

すべての言葉が胸に突き刺さりました。

生きていたらいけなかったのは私の方だったんだと苦しい日々でした。

 

 

そんな私を静かに抱きしめてくださった方がいました。

ただただ静かに温めてくださいました。

 

私はふと親族にも言わなかったことを彼女に聞いてもらいました。

彼女は「自死だからと卑屈にならなくていい。私の親もそうだったから」

 

 

人には言えない・陰に隠れるように生きていかなくてはならない・・・

そう思ってつらかった私の心に優しく寄り添っていただけた。

 

 

自分に与えられた命に光をあてながら生きていい。。。

今もあの時の温もりを思い出すのです。

 

 

 

 

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。

ゆっくりおやすみください。

 

 

死別・喪失感専門カウンセラー

大友智子

 

誰にも相談できない、心の声をお聴かせください
いただいたメッセージは、1通1通、丁寧に目を通させていただきます


死別・喪失感のお悩み、お聞きします
大友智子の目安箱

(バナークリックで詳細ページに飛びます)