こんばんは。

 

悲しみを乗り越え、生きてて良かったと思える日をお届けします大友智子です。

 

 喪失感の中にある方、自分に価値を見出せない方、泣くことすら出来ずに一人で悩まれている方に対するカウンセリングと講演を承っております。

 

 

本日もブログに訪れていただきありがとうございます。

 

 

 

母が命を絶ってしまい、悲しみに暮れる間もなく嫁ぐ日がやってきて、次々物事をこなさざるを得ませんでした。

 

そして4人の子どもを残して夫までもが命を絶ってしまった時、私の中に何もなくなってしまいました。

 

 

子供がいるけど頑張れない。

ご飯を作らなくてはならないけど頑張れない。

 

時々「よし、頑張ろう」と思っても、寄せる波より引く波の方が強いように、あっという間にどん底の自分に戻っていったのです。

それは3度や4度じゃなかった。

 

 

「私は母の命も夫の命も奪った卑劣な人間なんだ」

「いっそのこと法で裁いて欲しい」とも思いました。

 

 

 

何も頑張れなかった私。

ご飯すら作れなかった私。

自分なんかいなくたっていいんだと投げやりになった私。

 

それでも、それでも寄り添ってくれる人がいたのです。

「お母さんが幸せになる番だよ。僕たちは転校したって構わない」

 

 

どんな時も・どんな状態でも

どこかに必ず、寄り添い・味方で居続けてくれる人がいる。

 

あなたにも必ず。

 

 

生きる大切さを分かち合う小さな希望の会〜あなたの人生を生きる〜
日時:12月1日(土)10時〜

場所:東京都渋谷区

お申し込みはこちらからどうぞ

 

 

 

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。

ゆっくりおやすみください。

 

 

死別・喪失感専門カウンセラー

大友智子

 
 
誰にも相談できない、心の声をお聴かせください
いただいたメッセージは、1通1通、丁寧に目を通させていただきます


死別・喪失感のお悩み、お聞きします
大友智子の目安箱

(バナークリックで詳細ページに飛びます)