こんばんは。

 

悲しみを乗り越え、生きてて良かったと思える日をお届けします大友智子です。

 

 喪失感の中にある方、自分に価値を見出せない方、泣くことすら出来ずに一人で悩まれている方に対するカウンセリングと講演を承っております。

 

 

本日もブログに訪れていただきありがとうございます。

 

来る12月1日(土)、東京・渋谷におきまして〈生きる大切さを分かち合う小さな希望の会・いなくてもいい人なんていない~あなたの人生を生きる〉を開催いたします。

 

 

「家族の悩みをどうして分かってあげられなかったのだろう」

「もっと話を聞いてあげていたら」

「申し訳なくて自分だけ前に進むことができない」

「周囲への不信感がぬぐえない」

「泣くこともできない」

 

大切な方の死に直面された方々から、こうしたご相談を承ってまいりました。

 

 

身近な家族や友人は、ある程度の時間が経ってしまうとあなたが抱えた悲しみを忘れていく・あるいはもう元気になったと思われるのですよね。

 

その自分の心と一致しない現実に一層自分の殻が厚くなり、悲しみも苦しみも、時には悔しさや怒りも閉じ込められ、自責の念が深まっていくのだと感じています。

 

 

そこで、自死遺族でもある私に出来ることはないかということで〈生きる大切さを分かち合う小さな希望の会・~あなたの人生を生きる~〉を開催することにいたしました。

 

 

私のこれまで歩んできた道や、そこでの葛藤もお話させていただきます。

ただそれだけではなく、皆さまが心に抱えていらっしゃる様々な重荷も下ろす場に作ってまいります。

 

あなたの重荷の中身について問いただしたり、外部に公開することは決してありません。

 

あなた自身を苦しめているものを下ろしていくだけで見える世界が変わりますよ。

分かち合うことによって希望も湧いてくることでしょう。

 

 

「自分の重荷を下ろしていきたい」

「自分の抱えてきたものを聴いて欲しい」

そうした場となりますので、少人数制で行わせていただきます。

どうぞ安心して下さいね。

 

 

〈生きる大切さを分かち合う小さな希望の会・~あなたの人生を生きる~〉

 

お申し込みはこちらから

 

 

 

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。

ゆっくりおやすみください。

 

 

死別・喪失感専門カウンセラー

大友智子

 

誰にも相談できない、心の声をお聴かせください
いただいたメッセージは、1通1通、丁寧に目を通させていただきます


死別・喪失感のお悩み、お聞きします
大友智子の目安箱

(バナークリックで詳細ページに飛びます)