こんばんは。

 

悲しみを乗り越え、生きてて良かったと思える日をお届けします大友智子です。

 

 喪失感の中にある方、自分に価値を見出せない方、泣くことすら出来ずに一人で悩まれている方に対するカウンセリングと講演を承っております。

 

 

本日もブログに訪れていただきありがとうございます。

 

 

誰にも・何にも優しくなれなかった日々

 

母が命を絶ってしまった現場を見てしまった時、身体中が震え、何も考えることができなくなりました。

 

14年の年月が経ち、夫までもが命を絶ってしまった時、私の頭に中に1つのワードが出てきました。

 

「私は2人の人間の命を奪ってしまった。

私は人殺しなんだ」

私の中の時は止まりました。

 

 

法律的に裁かれることがない分、自分で自分を裁き続けました。

何かにつけて「私は人殺しなんだ」というワードが心を支配しました。

 

誰にも・何にも優しくなんかなれなかった。

痛めつけて、嫌われて、消えてしまえばいいと思っていました。

 

 

幸せを演じていた日々

 

「僕たちは転校したって構わない。お母さんが幸せになる番だよ」

 

我が子たちにとっての父親、そしておばあちゃんと呼ぶはずだった母の命を奪った原因は私なのに、「幸せになる番だ」と言ってくれた息子。

 

息子たちの祖母が、父親が、その上母親までもが自死だなんて、そんな人生にはできない。

私は生きる道を選ばないといけない。

 

〈幸せそう〉を演じることが生きる道になりました。

 

 

本当の気持ちを出しながら生きる道

 

心が麻痺してくると、演じているのか素なのかが分からなくなりました。

 

けれどもし目の前の大切な我が子が、私に対して演じ・本心を隠していたとしたら。

本当は泣きたいのに我慢していたら。

本当は苦しいのに大丈夫と言っていたら。

 

 

麻痺した心を通常通りに動かすのは簡単ではないです。

 

でも

 

大切な人のために・・・

自分のために・・・

 

自分の本当の気持ちを出しながら生きる道を歩んでいこう。

 

 

 

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。

ゆっくりおやすみください。

 

 

死別・喪失感専門カウンセラー

大友智子

 
誰にも相談できない、心の声をお聴かせください
いただいたメッセージは、1通1通、丁寧に目を通させていただきます


死別・喪失感のお悩み、お聞きします
大友智子の目安箱

(バナークリックで詳細ページに飛びます)