こんばんは。

 

悲しみを乗り越え、生きてて良かったと思える日をお届けします大友智子です。

 

 喪失感の中にある方、自分に価値を見出せない方、泣くことすら出来ずに一人で悩まれている方に対するカウンセリングと講演を承っております。

 

 

本日もブログに訪れていただきありがとうございます。

 

 

 

ただ今募集をいたしております『生きる大切さを分かち合う小さな希望の会』のことにつきまして、一つ補足説明をさせていただきます。

 

私は2015年の8月に人生初のブログをここに誕生させました。

日記ブログから始まり、たくさんの方とご縁をいただき、学びや自分を見つめ直す時間を経て〈死別 喪失感カウンセラー 大友智子〉としての今があります。

 

 

9月15日に名古屋にて開催させていただきます『生きる大切さを分かち合う小さな希望の会』は、

自分の命以上に大切な方を失って

大切にしていたのに手放さざるを得ない状況になって

頑張っても頑張っても報われることのない現実の中で心に如何ともしがたい痛手を負っていらっしゃる方に参加していただきたいと考えております。

 

 

その深い悲しみやつらさ、自分を責め続ける日々、生きていく希望を持てないことに対する苦しみを安心して吐露できる場にするために

 

重荷を負ってもう一人では一歩も前に進めなくなった方々と、その重荷を降ろしてもいいんだ・一人ぼっちではないんだと理解しあえる場にするために

 

 

「アメブロガー・大友智子」の交流会ではなく、「死別 喪失感カウンセラー・大友智子」として安心して心の重荷を下ろせる場といたしますね。 

 

 

私も皆さまを迎える側として一層研鑽していきます。

 

 

生きる大切さを分かち合う小さな希望の会〜あなたの人生を生きる〜
日時:9月15日(土)13時〜

場所:名古屋市天白区・ステップアップ

お申し込みはこちらからどうぞ

 

 

 

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。

ゆっくりおやすみください。

 

 

死別・喪失感専門カウンセラー

大友智子

 

 

誰にも相談できない、心の声をお聴かせください
いただいたメッセージは、1通1通、丁寧に目を通させていただきます


死別・喪失感のお悩み、お聞きします
大友智子の目安箱

(バナークリックで詳細ページに飛びます)

 

 

 

こんばんは。

 

悲しみを乗り越え、生きてて良かったと思える日をお届けします大友智子です。

 

 喪失感の中にある方、自分に価値を見出せない方、泣くことすら出来ずに一人で悩まれている方に対するカウンセリングと講演を承っております。

 

 

本日もブログに訪れていただきありがとうございます。

 

 

心がざわざわした言葉

 

私の長男が生まれた時、ひと際目立ったのが〈つむじ〉

彼にはきれいに2つありました。

 

私が住む地域だけで言われることなのか分かりませんが、「つむじが2つある子は強情な子」と言われるのです。

 

当然のように我が子も会う人会う人に「つむじ2つ!きかなくなるね(強情になるね)」と、もれなく言われました。

 

そんなことあるはずないと思いつつも、常に心がざわざわしていました。

そして我が子を誰にも会わせたくないと思いました。

 

 

救われた言葉

 

ある日、どうしても親戚のところへ行かざるを得なくなりました。

「またきかなくなる子だと言われるのだろう」と心が重かったことを覚えています。

 

その家には80代のおじいちゃんがいらっしゃいました。

そのおじいちゃんは我が子を見るなり

「お~、かわいいなぁ。つむじも2つあるんだな。この子は2人分考えられる偉い子になるよ」

 

そのたった一言が私を救ってくれました。

 

 

 

愛し愛されたことは決してなくならない

 

つむじ2つ=きかない(強情)

つむじ2つ=2人分考えられる

 

ちょっとした捉え方の違い。

このちょっとが私の心をグンと楽にしてくれたのです。

 

 

きっとこうしたことは日常にたくさん転がっていますよね。

他人からの言葉もあるでしょうが、自分が自分にかけている言葉にもあるかもしれません。

 

 

大切な人が旅立ってしまったことを「自分のせいだ」とやみくもに責め続けていませんか?

思い出してみてください。

大切な人の笑顔を。

大切な人の温もりを。

 

大切な人はあなたがいてくれたから笑顔になれた。

大切な人はあなたがいてくれたから抱きしめることができた。

 

あなたが今も想い続けてくれるから、大切な人の思い出は薄れることがないのです。

 

 

大切な人からの愛を思い出し、少しでいいから自分のせいだと責める気持ちを和らげていきましょう。

愛は決してなくなりませんから。

 

 

生きる大切さを分かち合う小さな希望の会〜あなたの人生を生きる〜
日時:9月15日(土)13時〜

場所:名古屋市天白区・ステップアップ

お申し込みはこちらからどうぞ

 

 

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。

ゆっくりおやすみください。

 

 

死別・喪失感専門カウンセラー

大友智子

 
 
誰にも相談できない、心の声をお聴かせください
いただいたメッセージは、1通1通、丁寧に目を通させていただきます


死別・喪失感のお悩み、お聞きします
大友智子の目安箱

(バナークリックで詳細ページに飛びます)
 
 
 
 

こんばんは。

 

悲しみを乗り越え、生きてて良かったと思える日をお届けします大友智子です。

 

 喪失感の中にある方、自分に価値を見出せない方、泣くことすら出来ずに一人で悩まれている方に対するカウンセリングと講演を承っております。

 

 

本日もブログに訪れていただきありがとうございます。

 

 

 

自分にとってとても大切な・なくてはならない存在だった方が亡くなってしまうことによって、状況が一変してしまいます。

 

結婚予定だったのに、それが白紙になってしまわれた方。

親としての喜びが突然奪われてしまった方。

配偶者と築いてきた家庭が一夜にして崩れ去ってしまわれた方。

これから親孝行をしようと予定していたのに出来なくなってしまわれた方。

 

 

その日を境にあなたが歩む道が半強制的に変わります。

 

最初は受け入れ難いものです。

初めてのことに戸惑い、失敗も繰り返すことでしょう。

 

 

けれどこれから先の長いあなたの人生をあなたらしく生きていくという決断を、どうかシャットアウトせずに、許し・受け入れていきましょう。

 

 

詳しくはホームページの方に『大切な人との別れ~自分を許すことも大切なこと』に綴りました。

 

どうぞこちらをクリックしてご覧ください。

 

 

生きる大切さを分かち合う小さな希望の会〜あなたの人生を生きる〜
日時:9月15日(土)13時〜

場所:名古屋市天白区・ステップアップ

お申し込みはこちらからどうぞ

 

 

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。

ゆっくりおやすみください。

 

 

死別・喪失感専門カウンセラー

大友智子

 
 
誰にも相談できない、心の声をお聴かせください
いただいたメッセージは、1通1通、丁寧に目を通させていただきます


死別・喪失感のお悩み、お聞きします
大友智子の目安箱

(バナークリックで詳細ページに飛びます)
 
 
 
 
 

こんばんは。

 

悲しみを乗り越え、生きてて良かったと思える日をお届けします大友智子です。

 

 喪失感の中にある方、自分に価値を見出せない方、泣くことすら出来ずに一人で悩まれている方に対するカウンセリングと講演を承っております。

 

 

本日もブログに訪れていただきありがとうございます。

 

 

 

来る9月15日(土)、心理カウンセラーであり塾長でもいらっしゃる皿井啓之先生のご好意により、名古屋市天白区にありますステップアップにて〈生きる大切さを分かち合う小さな希望の会・〜あなたの人生を生きる〜〉を開催いたします。

 

 

「家族の悩みをどうして分かってあげられなかったのだろう」

「もっと話を聞いてあげていたら」

「申し訳なくて自分だけ前に進むことができない」

「周囲への不信感がぬぐえない」

「泣くこともできない」

 

大切な方の死に直面された方々から、こうしたご相談を承ってまいりました。

 

 

身近な家族や友人は、ある程度の時間が経ってしまうとあなたが抱えた悲しみを忘れていく・あるいはもう元気になったと思われるのですよね。

 

その自分の心と一致しない現実に一層自分の殻が厚くなり、悲しみも苦しみも、時には悔しさや怒りも閉じ込められ、自責の念が深まっていくのだと感じています。

 

 

そこで、自死遺族でもある私に出来ることはないかということで〈生きる大切さを分かち合う小さな希望の会・〜あなたの人生を生きる〜〉を開催することにいたしました。

 

 

私のこれまで歩んできた道や、そこでの葛藤もお話させていただきます。

ただそれだけではなく、皆さまが心に抱えていらっしゃる様々な重荷も下ろす場に作ってまいります。

 

あなたの重荷の中身について問いただしたり、外部に公開することは決してありません。

 

あなた自身を苦しめているものを下ろしていくだけで見える世界が変わりますよ。

分かち合うことによって希望も湧いてくることでしょう。

 

 

「自分の重荷を下ろしていきたい」

「自分の抱えてきたものを聴いて欲しい」

そうした場となりますので、少人数制で行わせていただきます。

どうぞ安心して下さいね。

 

 

〈生きる大切さを分かち合う小さな希望の会・〜あなたの人生を生きる〜〉

お申し込みはこちらからどうぞ

 

 

 

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。

ゆっくりおやすみください。

 

 

死別・喪失感専門カウンセラー

大友智子

 
 
誰にも相談できない、心の声をお聴かせください
いただいたメッセージは、1通1通、丁寧に目を通させていただきます


死別・喪失感のお悩み、お聞きします
大友智子の目安箱

(バナークリックで詳細ページに飛びます)
 
 

こんばんは。

 

悲しみを乗り越え、生きてて良かったと思える日をお届けします大友智子です。

 

 喪失感の中にある方、自分に価値を見出せない方、泣くことすら出来ずに一人で悩まれている方に対するカウンセリングと講演を承っております。

 

 

本日もブログに訪れていただきありがとうございます。

 

本来、自分は大切な存在

 

この世に生を受けた瞬間から、自分のことを嫌いになる人は絶対にいません。

自分を大切に感じるから・自分の命を守ろうとするから、泣くことによって空腹や不快を表現しているんですよね。

 

そして笑うと周りの人が喜ぶという体験をすると、キャッキャと天使の笑みをたくさん浮かべるようになります。

きっと自分の存在によってみんなは幸せを感じるんだと細胞のどこかにインプットされているんでしょうね。

 

 

やるせないことにぶつかる度に

 

けれど成長するという過程においては多くのやるせない出来事があります。

 

心ない言葉を浴びせられることもあります。

友達や慣れ親しんだ土地から離れざるを得ないこともあります。

大切にしていたものを一瞬にして失ってしまうことがあります。

予想だにしなかった永遠の別れに直面することもあります。

 

 

私の体験だと

小学校の時、転校した先でいじめに遭いました。

母、そして夫を自死によって失ってしまいました。

操り人形のようにお金をつぎ込んでしまい、大金を失ってしまいました。

 

その度に「私はダメな人間なんだ」「私なんかいない方がいいんだ」「私が生きてる意味なんかない」と強く強く感じてきました。

 

 

あなたは大切な人

 

でも思い出してみて。

赤ん坊の頃のことは思い出せないけれど、でも心に手を当ててあの頃のことを感じてみて。

 

愛されていたんです。

愛されていたからこそ暑くないよう・寒くないようにしてくれたのです。

愛されていたからこそ睡眠時間を削って夜中の授乳もしてくれたのです。

愛されていたからたくさん話しかけてくれたのです。

 

そしてその愛に応えてきたのです。

自分が大切な存在だとインプットされているから。

自分の存在で幸せになる人がいるとインプットされているから。

 

 

今、「私なんか生きている価値もない」とつらくて悲しくて苦しい日々の中にいらっしゃる方がいるかもしれません。

 

でもあなたの中に確かに刻まれていることを感じてみて。

「私は大切な存在で、私の存在が誰かの幸せに結びついているんだ」ということを。

 

 

 

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。

ゆっくりおやすみください。

 

 

死別・喪失感専門カウンセラー

大友智子

 
 
誰にも相談できない、心の声をお聴かせください
いただいたメッセージは、1通1通、丁寧に目を通させていただきます


死別・喪失感のお悩み、お聞きします
大友智子の目安箱

(バナークリックで詳細ページに飛びます)