Something other than who we think we are lives us.
Something else is living us.
Learning to attune to that is one of the ways for us human beings to align our purposes on the planet.

 

我々が「自分」だと思っているものではない何かが我々を生かしている。

我々以外の何かが我々を生きている。その【何か】と調子をあわせることは、我々人間個人の目的と、地球という惑星の持つ目的を協調する方法の一つだ。

 

As a person, I lived my life with self-will. This paradigm was convincing as I was moderately successful in which you don’t see anything need to be changed. Then something else took over. I was introduced to a principle that was so magnificent, so vast and so true that my will just melted in the presence of it. And I became something of what it was that was how it had introduced itself. It loved me so much that I had no option but to surrender to it. I dissolved in it. 

 

私は一人の人間として、自分の意志でのみ生きてきた。それなりに成功もしていたし不満も無かったけれど、突然【何か】が【私の意志】を受け継いだんだ。それがあまりにも壮大で広く真実そのものだったので、私の意志はそれに溶かされてしまい、私自身もその一部となった。こうして私の前に現れた【何か】は、あまりにも深く私を愛していたので、私は降伏するしかなかった。そして、その中に溶けていった。

 

The less I lived my will, her or its will was living my life and it was such an improvement that it was easy to relinquish the life I was living for that life. There was a sense of current found me and was taking me somewhere and the questionings I had were “Why?” and “What are the principles?” 

 

自分の意志のかわりに、その【何か】の意志によって生きる方が、全て上手くいくことに気付いた後は、それまでの自分のやり方を捨てることは簡単だった。私には、何かの流れのようなものが自分を発見し、何処かに連れて行こうとしているという感覚があった。その理由や原理を私は知りたくなった。


That’s what my teachings are all about - The Bhagavad Gita, Mother book, all reflections of recognition of that direct immediate experience that did not stop. Sometimes it left me bereft. The Grace gives her love, freedom, aliveness, immediacy and withdraws and see if she can hook you into the path even deeper. Why? Because she wants to be you. She can’t manifest without you. She has no existence of her own except through each of us.

 

そして、それが現在の私の教えになった。『バガヴァッド・ギータ』や『マザー』に書かれていたのは、私自身が最初に直接体験し続けている【何か】であり、神の恩恵であるグレースだった。グレースは私を見捨てる時もあった。グレースは、愛や自由や今ここにある生命の充実感や喜びなどを与えたあと、それらを失わせて、自らに更に深く我々を引き込もうとする。なぜそんなことをするのかって? それは、神が我々人間になりたいからさ。我々無しに神は実現出来ない。人間がいなければ、神は己自身の姿を明らかにすることが出来ない。人間を使うことによってのみ、神はこの次元に存在出来る。

 

This process is happening in this time because mankind and the opportunity of this collaboration between divine and human are at peril. That’s why this force is coming in, making itself, introducing itself even to those that would not be normally capable, worthy or ready for it. Because when you are on the battlefield, all you need is bodies. So she is simply awakening bodies. Now there’s collateral damage when you put an inexperienced 17-year-old on the battlefield. A lot of them will die but in the process of unfolding the new consciousness, expanding of a possibility, preserving this opportunity for humanity and for the divine is enhanced and strengthened so even if we failed, we played our part.

 

現在、我々の世界ではこのプロセスの真っ最中だ。この神と人類の共同作業の可能性消滅の危機を迎えているからだ。通常であれば無い、未熟だったり、不適合だったり、用意が出来ていないような人々にも、神の力がどんどん降りてきているのは、そのためだ。戦場では、とにかくたくさんの戦士の体が必要だからね。なので神はとにかく人間を覚醒し続けているんだ。戦争未経験者をいきなり戦場に送り出すようなことをすれば、たくさんの戦死者が出るだろう。しかし、この新しい意識を拡大させることは人類と神が持つ可能性を強化して持続させる。だから、たとえ我々が失敗したとしても、各自の役割は果たせたということになる。


Excerpt from Washoe Valley Intensive (7/27/2019)

ワショー・ヴァレー・インテンシブ (7/27/2019) より一部抜粋

 

写真提供 Photo credit: camilo jimenez

 

ランキングにご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ヒンドゥー教・インド哲学へ
にほんブログ村

 


哲学・思想ランキング