ミニ作品発表会63 | 日々… 、アート・ライフ
新型コロナウイルスに関する情報について

日々… 、アート・ライフ

自分の好きな音楽や、心をユサブラれたアーティスティックなモノ (※音楽以外) を、ツラツラと… 書きつづってみたいと思っています。

こんにちは。ニコ

前回の記事<特別編>でチラッと紹介しました

『ミニ・フューズビーズ』(小さいアイロンビーズ)。

ホームセンターでケースを買ってきて、

なんとか整理が終わりました。笑い泣き

下差し

基本157色と透明色を合わせた、全158色です。うーん

格納は、なかなか手のかかる作業でした。ショックあせる

そして・・・

このミニフューズビーズを使用して、

新しい作品が出来ましたので、ごらんください。

ウシシ下矢印

 

 

流れ星 アイロンビーズ

 

1.JR・キハ120形(亀山色)

(ミニフューズビーズ作品)

<作品登録番号:154>

関西本線は、JR難波駅と名古屋駅を結ぶ路線で、
この車両は途中の非電化区間(加茂~亀山)を
走行しています。

電車ではなくディーゼル気動車なので、

電線を敷設するのが困難な山間地帯が多い

路線などで活躍しています。

作品のサイズは、ヨコ5.8cm x タテ6.1cmです。

 

 

では、カバンに付けてイメージチェック。ニコ

下矢印

紫色の鉄道って、あまりないんですよねキラキラ
今まで、作りたいけど車体の色に近いビーズが
(ナノビーズには)見当たらず、制作を見送っていました。
ミニフューズビーズでも、「青紫色」という商品は
無かったんですが、今回使用した色は、
だいぶホンモノに近いのでは?と思います。
良い感じに仕上がりました。
チョキ爆笑
 
 
まだ不要不急の外出は自粛中のため、
「ホンモノさんといっしょ」は保留です。えーん
なので、制作の参考にした写真をごらんください。
下差し
2019年7月に、京都府の加茂(かも)駅で撮影。カメラ
 
 
2.JR・EF66形機関車100番台
(ミニフューズビーズ作品)

<作品登録番号:155>

こちらもミニフューズビーズを使用して制作しました、
EF66形という機関車の100番台という種類です。ニコ
以前から「いつか作りたい!」と思っていましたが
ナノビーズに色が似ているビーズが見当たらず、
保留にしていました。真顔

作品のサイズは、ヨコ5.9cm x タテ6.2cmです。

 

 

さっそく、カバンに付けてイメージチェック。キラキラ

下矢印

以前に、「EF66形機関車(0番台)」という作品を
制作していました。うーん
その機関車とは、似ている所もあるんですが、
全然似ていないところも多々あって・・・ショック
制作は思った以上に難しかったです。アセアセ
 
 
まだ不要不急の外出自粛中のため、
「ホンモノさんといっしょ」は保留です。えーん
制作の参考にした写真をごらんください。
下矢印
2020年2月に、愛知県の稲沢駅ホームから撮影しました。
カメラハッほっこり
 
 
3. <保護ねこサロン・にゃんにゃさんの猫> -13

名前:ボン君

(ナノビーズ作品)

<作品登録番号:156>

白黒のボン君です。
目の上の模様が、「よく見ると左右対称ではない」
という点が、なかなかユニークに感じました。爆笑
作品のサイズは、ヨコ5cm x タテ5cmです。
 
 
では、定例のカバンdeチェック下矢印ほっこり
いやいや、かわいらしいではないですか。爆笑
猫が好き+モノトーンなデザインが好きな方とかに、
オススメしたくなりますね。ニコ
 
 
こちらが、モデルのボン君です 下矢印
なかなか存在感のある猫さんですね。ほっこり
次回の訪問時に、一緒に撮影できるといいな、
と思っています。笑い泣き
 
 
4.<保護ねこサロン・にゃんにゃさんの猫> -14

名前:くー君

(ミニフューズビーズ作品)

<作品登録番号:157>

耳のカットはされていない黒猫さん。
以前にも黒猫さん(ラブ君)を制作しましたが、
ラブ君は耳カットありで、さらに耳の中の毛が
黒っぽい色をしていました。
今回のくー君は、耳の中の毛が白色です。びっくり
作品のサイズは、ヨコ5cm x タテ5cmです。
 
 
では、カバンに付けてイメージチェック下矢印うーん
ハイ、かわいいですね。ほっこり
お家で黒猫を飼われている方なら、きっと
「え~、どこで売ってるの?」キラキラ
視線をくぎ付けにすること、間違いなし!びっくり
 
 
こちらが、本物のくー君です 下矢印

ざぶとんの上に座って休憩中のところを、

黒猫しっぽ黒猫あたまカメラハッ撮影させてもらいました。ほっこり

このコも、次回の訪問時にホンモノさん撮影が

出来ればいいな、と思っています。爆笑

 

 
ボン君、くー君のキーホルダーは、
後日にゃんにゃさんに寄贈させて頂く予定です。ウインク
 
以上、ミニ作品発表会でした。爆笑
 

三毛猫黒猫オッドアイ猫三毛猫黒猫オッドアイ猫三毛猫黒猫オッドアイ猫

 

今回紹介した作品たちは、

作人工房のインスタグラムでも公開しています。

(作品の紹介文は、ほぼ同じ内容です)