【仙台 インスパイア 鈴木麻子】エネルギーヒーリング 遠隔ヒーリング 西洋占星術 ホロスコープ

仙台のヒーリングサロン「インスパイア」です。
エネルギーヒーリング・ホロスコープ(西洋占星術)のセッションを提供しています。


テーマ:
隆ちゃん、すごいアップアップアップ

 

隆ちゃん、すごいアップアップアップ

 

隆ちゃん、すごいアップアップアップ

 

と、しか思わないライブでしたよグッド!グッド!グッド!

 

 

隆一さんの唄声は

 

年齢を重ねるごとに

 

ご自身の限界を突破して

 

高みに向かって進化しているんだわ

 

というのを目の当たりにしましたアップアップアップ

 

※理由は記事の最後の方で。

 
 
1月6日は
 
横浜のみなとみらいにある
 
パシフィコ横浜 国立大ホールで開催された
 
河村隆一さんの
 
「RK 20th Anniversary グランドフィナーレ
 
“無限の生命”~果てしなき旅、その先という名の道を目指して~」
 
という
 
昨年から開催されていた
 
ソロ20周年記念ライブのグランドフィナーレで
 
河村隆一さんが
 
8時間で158曲を唄われるという
 
マラソンライブを観に行きましたアップ
 
image
 
 
私の席はSS席で
 
ステージ前から5列目の
 
下手側の端の方の席で
 
パシフィコ横浜の国立大ホールは大きな会場でしたが
 
河村隆一さんのお顔や表情がハッキリと見える良い席でしたグッド!
 
 
当初のライブ予定時間は
 
12時スタートで20時終演の8時間でしたが
 
実際は
 
12時スタートで21時ちょっと前に終演の
 
約9時間ライブでしたアップ
 
 
ライブのスケジュールは
 
2時間ライブの後に15分休憩のセットを4回で
 
河村隆一さんや演奏のミュージシャンの皆さまが
 
体力と気力が必要なのはもちろんですが
 
観客の皆さまも体力と気力が必要な
 
凄いライブでしたよ~アップアップアップ
 
 
河村隆一さんが8時間で158曲を唄い続ける
 
という内容でしたが
 
途中で、1,5曲を唄い直されたので
 
実際に唄われたのは、ほぼ160曲でした目目目
 
 
ライブはブロックに分かれていて
 
1つのブロックが2時間で
 
Aブロック、Bブロック、Cブロック、Dブロック
 
と分かれていました。
 
 
Aブロックは
 
曲「深愛」からスタートしました。
 
 
以下、隆一さんのMCです。
 
※ニュアンスです。順不同あり。私が覚えている部分のみです。
 
 
隆一さん
 
「ギネスに申請しようと思ったんですが
 
挑戦する人が僕しかいなくて
 
申請できなかったので
 
自分との闘いになります!!
 
 
「今回はスカパーで8時間放送されますが
 
一人の歌手が8時間もジャックすることはないと思います(笑)にひひ
 
 
「このライブで、ステージのセットとか照明とか
 
『こういうのはどうですか!?
 
と、色々と提案されたんですが
 
僕は『これも要りません!! あれも要りません!!
 
と言って
 
ボクサーがリングの上で一人で闘う感じで
 
ステージのセットや照明は最小限にしました。」
 
 
「小さい頃から歌手になりたくて
 
テレビで唄っている人を観ると
 
母親に『どうして僕はここ(テレビの中)にいないんですか!?
 
と聞くような子供で
 
小学生までは
 
『自分が歌手じゃないのはおかしい!!
 
と思っていましたが
 
中学生や高校生になると
 
少しはまともになりました(笑)にひひ
 
 
「まだ、ビジュアル系という言葉がない頃は
 
ニューロマンティックとか○○とかそういうくくりで
 
自分もそういう化粧をして唄い始めました。」
 
 
「LUNACY に出会った頃に
 
初めて音合わせをする際に
 
J に『これを練習して来て下さい。』と言われ
 
デモテープを頂いたんですが
 
自分で歌詞もメロディも全部変えて持って行ったので
 
当日に演奏が始まって
 
『何これ!!』と言われました(笑)にひひ
 
 
「年末の LUNA SEA のライブが終わってから風邪をひいてしまい
 
お正月はどこも病院が休みだったので
 
知り合いのドクターに電話して
 
『あの漢方を飲んでください。』
 
とアドバイスされて
 
昨日までには完全体に戻しましたグッド!
 
 
「トレーニングを始めてから
 
約1年半経つんですが
 
最初は、腹筋を200回ぐらいするのも大変だったのに
 
最近はソロのライブの合間に
 
1000回ぐらい腹筋が出来るようになっていますグッド!
 
 
「トレーニングをして筋肉を鍛えると
 
声帯も筋肉なので
 
声帯も強くなります!!
 
 
隆一さんの唄ですが
 
Aブロック、Bブロック、Cブロックと
 
6時間以上唄いっぱなしでも
 
声が全く枯れず
 
Cブロックの終わり頃のMCで
 
「さすがに、話し声がかすれて来ました。
 
『限界ギリギリで唄いきったぞ!!
 
というようなドラマが少しはないとね(笑)にひひ
 
と、6時間唄いっぱなしでも
 
まだまだ歌声に余力がありすぎるゆえの
 
余裕のご発言をしていらっしゃいましたよグッド!
 
 
Cブロックはアコースティックライブが大半だったので
 
観客の皆さまはほとんどが
 
座ってゆったりと観ていらっしゃいましたが
 
最後のDブロックが始まると
 
最初から最後まで
 
皆さま総立ちでいらっしゃいましたアップ
 
 
Dブロックでは
 
隆一さんの大ヒット曲
 
「Glass」が唄われ
 
しかも、フルスロットルな唄い方で
 
Dブロックでは

 

他にも熱唱系の唄がたくさん唄われ
 
一般的に考えたら
 
体力や気力も下がって
 
疲れが溜まっているであろう
 
最後のDブロックに
 
熱唱系の曲をたくさん持っていらして
 
隆ちゃん、やっぱり普通の人ではないわ(笑)アップ
 
宇宙一のボーカリストだわ~アップアップアップ
 
と思いましたよグッド!
 
 
最後の曲は熱唱系の
 
「Once again」と
 
「おやすみ」で
 
曲の全てが終了しました。
 
 
ライブの終盤で
 
演奏のミュージシャンの方々に
 
隆一さんが今年の抱負をお聞きになって
 
ミュージシャンの方々が
 
一言づつお話になったのですが
 
キーボードの葉山拓亮さんに
 
「葉山くんは!?
 
と隆一さんがマイクを向けられると
 
 
葉山さんが
 
「今年は LUNA SEA の全国ツアーを
 
観に行こうかなと思いましてニコニコ
 
と話され
 
 
隆一さんが
 
「葉山くんは LUNA SEA のアルバムでピアノを弾いてくれたんだよねニコニコ
 
LUNA SEA で(ピアノを弾くのに)緊張しなくていいのに~!!
 
と言われると
 
 
それまで控え目に話されていた葉山さんが
 
隆一さんの手からマイクをご自分の手に取られ
 
「LUNA SEA のレコーディングに行ったら
 
隆一さんとかINORANさんがいると思うじゃないですか!!
 
SUGIZOさんしかいなくて、二人っきりで!!
 
と、トゥールビヨンという
 
隆一さんとINORANさんと葉山さんがやっていらっしゃるバンドの
 
慣れ親しんだお二人がレコーディングの場にいらっしゃらずに
 
SUGIZOさんしかいなかったので
 
レコーディングで緊張した旨を訴える葉山さんのお話で
 
会場が大爆笑になりました!!
 
 
隆一さんはすかさず
 
「SUGIちゃんは優しいよニコニコ 音には厳しいけどねニコニコ
 
とフォローを入れていらっしゃいましたにひひ
 
 
今回のライブは
 
158曲(実際の唄数はほぼ160曲)でしたが
 
隆一さんは
 
以前に、
 
「70の物語」という70曲ライブと
 
「100の物語」という100曲ライブをされていて
 
私はそのライブを観ていなかったので
 
「70の物語」と「100の物語」の最後の唄が
 
ユーチューブにあがっていたので
 
観てみました。
 
 
「70の物語」と「100の物語」の最後の唄声は
 
全力でやりきった様子で
 
声もかすれていらっしゃる感じでしたが
 
今回の「158曲」(実際の唄数はほぼ160曲)の最後の唄声は
 
全くかすれていらっしゃらずに
 
まだまだ余力があって
 
追加であと20曲行けるんじゃない!?
 
ぐらいの余裕しゃくしゃくな感じでした。
 
 
隆一さん、超人だわ~アップアップアップ
 
と思いました。
 
 
しかも、隆一さんは
 
「158曲」(実際の唄数はほぼ160曲)ライブの後に
 
握手会もしていらっしゃいますよSkype
 
 
私はライブ終了後に
 
握手会に参加するためのグッズを購入しに行ったのですが
 
すでに握手会参加券は売り切れで
 
握手会には参加できませんでしたがしょぼん
 
 
隆一さんのMCで印象的だったのが
 
「僕は行ったことのない世界を見てみたいんです!!
 
みんなもそうでしょ!?
 
行ったことのない場所に旅行するとか
 
食べたことのない食べ物を食べると感動するでしょ!?
 
僕は自分の限界の向こう側をみたいんですアップ
 
 
「喉も唄っていると声帯が枯れてきます。
 
普通は、声帯が枯れないように
 
そこでそれ以上は、使わないようにすると思うでしょ!?
 
でも、それ以上に声帯を使うと
 
さらに声帯が強くなり
 
それまでの自分の限界を越えることが出来ます!!
 
 
「この調子だと(唄声に余力があることを指して)
 
LUNA SEA、ソロ、LUNA SEA、ソロ
 
と毎週できるねグッド!
 
 
「158曲に挑戦して
 
自分の限界を超えて
 
それを LUNA SEA のツアーに活かしてねニコニコ
 
 
「今年はソロ20周年でスケジュールが詰まっていたので
 
ソロのアルバムが創れませんでしたが
 
今年はソロのアルバムを創ろうと思います。
 
明るいのを創ろうと思います音譜
 
 
「ノーマイクや教会コンサートで
 
マイクを使わないで
 
凄く唄えるんだから
 
マイクを使ったら最強だよねにひひ
 
 

「70の物語」が2008年に開催で

 

「100の物語」は2011年に開催で

 

「70の物語」と「100の物語」の最後の唄声には

 

少しはかすれが出ている感じだったのに

 

それから7年~10年近く経っていて

 

かつ、曲数が1.6~2.2倍に増えている

 

今回の「158曲ライブ」(実際の唄数はほぼ160曲)の最後の唄声は

 

全くかすれておらず

 

唄声に余力も余裕もあって

 

隆一さんの唄声は

 

年齢を重ねるごとに

 

ご自身の限界を突破して

 

高みに向かって進化しているんだわ

 

というのを目の当たりにしましたよアップアップアップ

 

 

「70の物語」と「100の物語」の最後の唄声に比べて

 

今回の「158曲ライブ」(実際の唄数はほぼ160曲)の最後の唄声に

 

かなり余力と余裕がある感じで終えられたのは

 

やはり日頃のジムでのトレーニングが勝因の1つだろうな

 

と、思いましたひらめき電球

 

 

隆一さんは2016年5月の

 

LUNA SEA のファンクラブ旅行が終わったあたりから

 

ご自身のブログで

 

ジムでのトレーニングを始められた様子を

 

書いていらっしゃいます。

 

 

「70の物語」と「100の物語」の時も

 

そのライブに向けて、当然

 

声帯のケアなどをしていらしたとは思いますが

 

今回の「158曲ライブ」(実際の唄数はほぼ160曲)に向けて

 

約1年半前から

 

声帯の筋肉を強くするために

 

ジムでのトレーニングで

 

筋肉をつけたり、心肺機能を高めて

 

体力増進をされたのが

 

今回の勝因を占めていらっしゃる感じですアップ

 

 

隆一さんが今年の抱負で

 

「僕の今年の目標は『健康』です。」

 

とおっしゃっていましたが

 

ジムでのトレーニングで体力づくりをされて

 

元々、上手すぎる唄声ですが

 

さらに唄声が進化してパワーアップしたのを

 

実感されたんだなと思いましたグッド!

 

 

私の職業である

 

西洋占星術師的な視点から

 

ある一文を載せます。

 

日本の神秘学と西洋占星術界の第一人者である

 

松村潔先生のご著書に以下のようにありました。

 

 

以下より転載~

 

牡牛座は個人の肉体の中に埋め込まれた遺伝的な資質を活用することや

 

身体性の持つ可能性の開発を表しています。

 

牡牛座は、表層的な個人資質を使い切ると、

 

集団的な資産の方に拡大していきます。

 

人は1日で使えるエネルギーを使い切ると、

 

1週間分使えるバッテリーに切り替わり、

 

さらにもっと大きな地層の中にある活力源にアクセスすることになるのです。

 

この潜在的な資質を発掘するには

 

枯渇をするか、または視点の転換が必要で、

 

境界線を突破し、その向こうにまで進まなくてはならないのです。

 

~以上まで、転載終了。

 

 

隆一さんの太陽星座は牡牛座でいらして

 

隆一さんの出生のホロスコープでは

 

太陽星座の牡牛座が

 

外天体の蠍座・海王星と180度のオポジションで

 

乙女座・冥王星と120度のトラインという

 

三次元を超えたあちらの世界からエネルギーが流れてくる

 

一般的ではない凄いアスペクトを持っていらっしゃいます。

 

 

上記の転載の文章は

 

牡牛座が蠍座と180度のオポジションでアスペクトした際の

 

牡牛座のエネルギーの出方を表わします。

 

 

でも、いくら出生のホロスコープで

 

凄い配置をもっていても

 

実際にそれを活かす努力が伴わないと

 

実際の自分の人生が

 

出生のホロスコープのエネルギーに負けてしまいますが

 

先ほど書いた隆一さんのMC部分での

 

「喉も唄っていると声帯が枯れてきます。
 
普通は、声帯が枯れないように
 
そこでそれ以上は、使わないようにすると思うでしょ!?
 
でも、それ以上に声帯を使うと
 
さらに声帯が強くなり
 
それまでの自分の限界を越えることが出来ます!!

 

というお話からわかるように

 

隆一さんは

 

これまでの数々のライブ経験から

 

ご自身に備わった持って生まれたエネルギーの使い方を

 

経験則で体感していらっしゃるんですねひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球

 

 

とても印象的だったのが

 

隆一さんがMCで

 

「唄は声帯が枯れないのも大事ですが

 

メンタルも重要なんだなと思いましたひらめき電球

 

と、しみじみと話されていて

 

今、隆一さんは

 

精神的に満たされていらっしゃるんだな~グッド!

 

と思いましたよ。

 

 

隆一さんが

 

唄声に余力があることに関して

 

「この調子だと200曲行けそうだね!!

 

と言われると

 

観客の皆さまの驚いた様子に

 

「でも、今はまだ大丈夫。

 

(曲が)200曲まだないから(笑)にひひ

 

と、冗談めかしに話されていましたが

 

数年のうちに

 

「200曲ライブ」が実現しそうですね!!

 

 

今回の会場である

 

パシフィコ横浜の国立大ホールの椅子が

 

とても座りごこちが良く

 

長時間でも疲れませんでしたグッド!

 

 

2時間ぐらいのライブであれば

 

椅子が硬くてもあまり関係ないと思いますが

 

8時間超の長丁場だと

 

女性の場合は座りごこちも重要なので

 

「70の物語」と「100の物語」の会場だった

 

武道館で開催されていたら

 

「158曲ライブ」はたぶん辛かったと思いますが

 

今回は約9時間近くのライブだったのに

 

時間感覚があっという間で

 

終始、心地良くライブを観ることが出来ましたニコニコ

 

 

私は場のエネルギーを読むのですが

 

パシフィコ横浜の国立大ホールは

 

気の流れが良かったので

 

それも関係したんでしょうか!?

 

 

本当に、神懸った

 

超人的な素晴らしいライブでしたよグッド!グッド!グッド!

 

 

隆一さんはやはり宇宙一のボーカリストだわ~アップアップアップ

 

隆一さん、ありがとうございました音譜音譜音譜

 

 

LUNA SEA のメンバーの皆さまからのお花です。

 

image

 

ーーーー

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

仙台インスパイア☆鈴木麻子☆エネルギーヒーリング☆西洋占星術さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります