アーサーホーランド牧師 | [埼玉・東京]NPO法人 美えな塾代表 骨盤リーダー片山やよいのブログ

[埼玉・東京]NPO法人 美えな塾代表 骨盤リーダー片山やよいのブログ

[埼玉・東京]NPO法人 美えな塾代表 骨盤リーダー片山やよい
〜今日を丁寧に生きる〜
「えな」とは胎児を包む膜の事。
骨盤・体の声を聞き、しなやかに整えながら、美しく生きる!

(骨盤スペシャリスト・ヨガインストラクター・granmocco/おんぶもっこアンバサダー)

NPO法人美えな塾の片山やよいです。

 

8月18日〜19日1泊セミナーがあり、

静岡の焼津に行ってきました!

 

詳しくはこちらに書いたので読んでね!

 

 

 

 

 

で、、、

 

 

私的に今回一番感動したのが、不良牧師アーサーホランド氏

 

 

もう、がつん!と愛です。

 

68歳だそうですが、鍛え上げられた肉体と精神。

 

面白くて優しくて、ロックンロールな牧師さん。


 

 

幸運なことに講師としてランチをご一緒させていただきました。

 

本当に牧師なんでしょうか?

とききたくなる・・・

 

ご本人も、

宗教という枠を壊していると思うとおっしゃっていました。

 

タブーが好きなんだよね。とも。

キリスト教は自分の体に傷をつけるのはダメ。

 

でも、ホーランドさんの体は脱いだらすごいんです。

 

みてないけど・・・見たかったな〜!

 

刺青。

 

 

 

 

どこで彫ったのか?

 

どうやって掘るのか?

 

どんな柄なのか?

 

どの場所が一番痛かったのか?

 

 

 

(それは・・・仙骨のあたりだそうですよ〜

 

それは痛いだろうな〜〜〜。

もう目から火が出るくらい、電気が走ったとか・・・

 

でしょうね〜〜〜〜)

 

 

 

もうみんなでネホリハホリでしたが、丁寧にお答え下さいまして・・・

 

丁寧すぎて、もうイメージしただけで痛くなるあせる

 

私が質問したのは、

 

「キリスト教なのに、なぜそんなに仏教にくわしいのですか?」

 

講演の中でもおっしゃってましたが、究極、突き詰めた人が言っていることは、結局同じこと。

 

人はみんな愛されている存在で

パーフェクト!

 

ただ、同じことでも、西洋人が理解する土台と、

 

日本人が理解をする土台が、歴史が違う。


 

それを、いろんな宗教で言っている。

 

ただ、こっちが正しいのだと他を受け入れないのは違う。

 

どんな言い方でも同じことを言っているならなんでもいいじゃないか

 

日本には仏教の歴史がある。その土台を知ることもまた大事なことなのだ。と。

 

宗教の枠をなくしていきたい。

 

と、今では、お坊さんの研修会にも呼ばれるんだそうです・・・

 

 

 

 

幼い頃、

 

「あいのこ〜〜〜」(ハーフなので)ってバカにされ

 

でも「あいのこ」の意味がわからず、

 

おばあちゃんに聞いたら

「愛されている子」っていう意味や。

 

と言ってくれたという話にも感動しました。

 

 

本当に素晴らしく愛の方でした。

 

聞いたらなんと意外にもお近くに住んでいらっしゃることが判明!

 

都内でもイベントなどあるようなので、今度行ってみたいな〜と思います。