○トライメソッド~癒し人養成講座~行ってきました○ | 咲夜姫〜さくやこのはな〜@大分県中津

咲夜姫〜さくやこのはな〜@大分県中津

~むすんでひらいて~

あなたも私も、幸せになるっきゃない( *´艸`)
龍や神々、そして人を繋ぐために
日々の想いを綴っています



先日の日曜日、

去年からずっと「行きたい!」と思っていた

トライメソッド~癒し人養成講座~

行って参りました好


















今まで、不確か…というか

自分自身に「これでいいんだ」とOKを出せていなかったことが

『間違ってなかったんだ』と再確認できて

そして、こんな自分自身をもっともっと認めてあげようと

思えるようになりましたかお

本当に、良かったですキラキラ















この講座の当日朝までは

熊本、大分で起こった地震の影響で

我が家の被災は免れたものの

交通機関が止まっていて、講座の開催場所まで行けるのか

「行ってもいいのか」

迷いはあったのですが

(予定では電車で行くつもりでしたが、運休になっていたので354354

私の「行きたい」という言葉を受けて

パパが、すっと立ち上がり、

子どもたちを実家(といってもお隣ですが)に預ける段取りをし

すぐに車を出してくれ

私を送り届けてくれました。














パパの本意としては、「何でそうまでして行かないといけないの

という気持ちだったと思います。

けど、いつだって私の想いを尊重し

私が困っているときに、

私が考え付かない新たな道を

切り開いてくれる、パパ。

本当に、感謝ですううっ... Wハート





















講座の最中も

講座を受ける前も

私に繰り返し届いていたメッセージがあります。

それは




自分のやりたいことをやる

ということ。




それは、今の私にとっては

今まで、手放そうとしても

メリットがあってなかなか手放せなかったことを

手放す、ということでもありました。










けど、講座の中でもらった言葉

「そのメリットに感謝を送りましょう」

どうしようもなく、涙が止まらなかった私。










本当は、分かっていたんです。

やりたい事を選ぶことは

本来の自分を出す、という事で。

そうすると、今までの自分は?

今までの自分を認めて、集まってくれていた人たちは?

この居場所は?

そんな不安や恐れが湧き上がって

新しい自分が怖くって

メリットというぬるま湯に浸かって

自分の心からのメッセージに

目を背けようとしていたんです。

けど、心は勝手にでも

惹かれて、導かれていって…














最後に

講座を終えた後

三宅雅子さんの、皇龍ミッションリーディングも受けてきましたきらきら!!

そこで、私の心は決まった気がしています。

また、このお話については、次のブログで書きますね。















そんな事を経て、今。

ここで、みなさんに宣誓したいと思います。

私はこれから

ヒーラーとして、生きたいと想います。

誰かを癒す…そんなことを目的にしているのではなく

ヒーラーというものも

決して特別なことではなくって。





愛すべき家族、私の周りにいる人たち、ご縁を繋げた人たち

そして、私自身が

もっと輝いていけるように。

もっと、自分らしく居られるように。

私にしかできない方法で

一緒に輝いていきたい。





ということなんです。

多分こう言ったら、誰もがみんな、

多かれ少なかれ、意識してなくても、やっていることだとは思います好






そして

今生でようやくお互いが解放されて出愛えた龍たちと

共に、この生を楽しみたい。



そう、想っています。









こんな、見えない世界のこと

信じられない人も、いるかもしれない。

「ヒーリングなんて嘘くさい」と

「龍と話せるなんて」おかしいんじゃないのか、と

思う人もいるかもしれない。

うん、私も、これまでは

頭の片隅で、そう思っていた一人です。

けども。

信じることにしたんです。自分を。

心の中に、どうにも響いてくる、この言葉たちを。

龍を、その存在を教えてもらった時に感じた

切なくて、そして歓びが勝っていく、あの感覚を。

誰に分かってもらえなくても、

この感覚は、私だけのもの。

これが、私なんだ、と。

自分を、信じようと想っています。











今まで、この拙いブログを読んでいただいていたみんなへ。

これが今の、そしてこれから新しく歩んでいく

私です。

受け取ってくれる方がいましたら…

これからも、どうぞよろしくお願いいたしますクローバー