オヤジの休日 2010年進展型肺小細胞癌ステージ4からの今

2010年9月進展型肺小細胞癌ステージ4の告知

2015年9月主治医から完治宣告を受け、新たな事にチャレンジしたくて仕方ない日々を送り、2016年2月から新たな自分探しをはじめたオヤジのブログです。


テーマ:

やっと到着した出雲大社。

お作法にならってまずは勢溜(せいだまり)の鳥居にて一礼

ここのご祭神は大国主命(オオクニヌシノミコト)なんですよ。

(この意味は後ほど分かります)

 

 

この鳥居を通過し右手にある「祓社(はらえのやしろ)」にて

日頃身についた穢れ(けがれ)を清めることから始まります。

ここ出雲大社では全てが2礼4拍手1礼!!お間違いなく。

 

 

そして参道に向かいます。

 

 

当然ですが真ん中は神様の通られる道ですからそこは通れません。

 

 

この参道を通ってたら何やら「ピィーヒャラピィーヒャラ」と聞こえてきます。

何だろうと近寄ってみると、どうやら奉納神楽が行われているようです。

この地方は神楽が盛んな地方です。

 

 

そのうえラッキーなことに、大詰めの大蛇(オロチ)退治が始まるところ。

オヤジは以前たまたた後楽園でやってた備中神楽を見ていたので、今回は余裕をもって見れました。

 

少し長いですが、内容をアップしておきます。

面倒な人は写真だけどうぞ。

 

素盞鳴尊(スサノオノミコト)がたまたま出雲の国、肥(ひ)の川の上流を通りかかったとき、嘆き悲しんでいる老夫婦とその娘、奇稲田姫(クシナダヒメ)に出会い、その訳を聞き大蛇退治を決意します。
強い毒酒(どくしゅ)を作らせ、現れた大蛇に樽酒(たるざけ)を飲ませ、やがて酔って眠ったところで剣を抜き放ち大蛇(だいじゃ)と大格闘の末にこれを退治します。
そして大蛇の最後の尾から出て来た剣を天叢雲剣(アメノムラクモノツルギ)と名づけて、天照大神(アマテラスオオミカミ)に捧げ、めでたく奇稲田姫(くしなだひめ)と結婚する。というお話の神楽。
 
祭神の大国主命(オオクニヌシノミコト)はこの2人の子どもなんですよね。

お隣に座ってたおばあ様のお話しでは、奉納神楽なもんだから大蛇が2匹も出てきてるそうです。

最後は拍手喝采でメデタシエデタシ!!

 

相当端折りますが、手水舎で手と口を浄めた後で銅鳥居を通って本堂に向かいます。

見ていただくと分かるように、相当な参拝者がお参りされていました。

 

 

普通はここだけで参拝終わりとなりそうですが、大国主命(オオクニヌシノミコト)はこちらを向くのではなく

海の方向(本殿に向かって左側)を向かれているので、そちらにもちゃんと用意されています。

ここでのお参りも忘れてはいけません。

 

 

こんな立派な本殿を横からみながら一回り。

 

 

この後は、古代出雲歴史博物館です。

ここにある、古代の出雲大社本殿の模型を見てその大きさを目に焼き付けなくちゃ。

 

そんな昔にこれだけの物を造る技術を持ってた出雲の人達とその物力、財力に驚きますよね。

石見銀山欲しさにどれだけの戦闘が繰り広げられたか。創造以上のものがあったはず。

そんな歴史のオサライをした後向かうのは、前回は車で通っただけの稲佐の浜。

 

神在月に全国の神々が上陸される稲佐の浜です。

日没は19時とのことでしたが、到着したのは18時。

 

 

この島、名前を弁天島といい、神仏習合の頃には「弁財天」が祀られていたらしいが、

明治のころから豊玉毘古命(トヨタマヒコノミコト)が祀られているそうです。

逆光でよく見えませんが、この島にも神社があります。

 

横からのショットで分かり辛いかもしれませんが、島の左上です。

地元ではべんてんさんと呼ばれ親しまれているそうです。

そういえば、江の島でも弁天様ですよね。何か関係があるのかな~?

 

この日は風が強く、海も相当荒れてましたが晴れた空と日本海が綺麗でした。

 

 

こうして、姪っ子の縁結び祈願に始まったオヤジの出雲の旅も

縁を授けていただいたお礼の参拝でひとまず終わりを迎えました。

やはり出雲大社は縁結びの神様で間違いありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村に登録しました。


にほんブログ村

 

 

岡山人気ブログに登録してみました。

 

 

 

 

イサムさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。