祈祷師の孫 ひろのりが紹介する神社巡りの記憶

  • 24Apr
    • コロナ禍で変化した神社の色々の画像

      コロナ禍で変化した神社の色々

      こんばんは、祈祷師の孫 ひろのりです。久々の投稿です。コロナ禍になり1年。神社巡りも思うように出来ずに、正直イーってなってます。(>_<)そしてまた緊急事態宣言?ホント萎えそうです。。゚(゚´Д`゚)゚。さて、そうは言っても全く行ってないわけじゃないです。そして、久々に行くから気付く変化もあります。今回は、コロナ禍だからこそ、変化した神社のあれこれを紹介します。手水舎柄杓で水を掬って、手と口を浄めるのが作法でしたが…柄杓ではなく、滴り落ちる水を手で掬う形になっています。このスタイルを導入している神社は多いです。両手を滴り落ちる水につけられるため、柄杓よりもスムーズに手と口を浄められます。そのため回転も早く、手水舎は混雑しません。コロナ後でも、このスタイルでいいのかも。コロナ禍の今の状況ならではというのが、こちら。手水舎は手を浄める。確かにそう!ここに消毒液が置いてあれば、手は浄めるというか、除菌されて潔められますね。口はマスクしているから、浄めにくいしね。鈴緒賽銭箱のところにある鈴緒が撤去されているか、括られて使えなくしているところが多いですね。おみくじおみくじは、ハイテクに進化している所もあります。こちらはおみくじを振るという行為の代わりに、センサーに手をかざし、その手を振ります。画面に表示された番号を伝えて、くじを授かります。こちらはスマホからQRコードでアクセスした画面に表示された番号を伝えて、くじを授かります。ここまでくると、こんなのはどうだろう?・QRコードで専用サイトにアクセスする。・その画面上でスマホを振る。・スマホを振ったらくじの結果が画面に表示されるそうなると、くじの紙も、その費用も不要になりそう。反面開発費は趣向を凝らすとかさみそう。所感このコロナは色々なことを見直すきっかけになっている気はします。新しい価値観、新しい様式、新しい手法。良いものは残りつつ、進歩していくといいですね。

  • 30Dec
    • 【質問】しめ縄やしめ飾りの意味は?の画像

      【質問】しめ縄やしめ飾りの意味は?

      こんばんは、祈祷師の孫 ひろのりです。もうすぐ今年も終わりますね。来年を迎える準備は、もうできていますか?今日は、お正月を迎える準備の1つ、しめ縄やしめ飾りについて書きます。しめ縄やしめ飾りを飾る意味玄関先にこのようなしめ縄やしめ飾りを飾ります。しめ縄は、清浄な神域との結界を意味します。つまり、このしめ縄が飾られている家の中は清浄ということになります。では何故、清浄だと意思表示するのでしょうか?そして、誰に対しての意思表示なのでしょう?それは、年神様(としがみさま)です。以前このブログにも書きましたが、『大掃除とお年玉』こんにちは、神社案内人 ひろのりです。いよいよ明後日から2017年が始まりますね。^^なので、今回は、お正月にちなんだお話を。大掃除は何のためにやるか?年…www.google.co.jp年神様を迎えるために、年末に大掃除をします。そして、年神様に来ていただく目印に門松を用意します。門松を目印に訪れた年神様に、しめ縄やしめ飾りにより清浄であることを示して、家に来ていただきます。そして、家に訪れた年神様は、鏡餅に宿ります。門松、しめ縄・しめ飾り、鏡餅は、年神様を迎えるセットと言えるでしょう。また、しめ飾りには家内安全の意味も込められています。しめ飾りの縁起物年末にスーパーにいくと、色々な種類のしめ飾りが販売されています。主な内容はしめ縄です。しめ縄には、年神様が訪れるのにふさわしい神聖で清浄な場所という意味があります。そして、しめ縄に縁起物をつけたものが、しめ飾りです。しめ飾りには、こんな縁起物が付いています。裏白(うらじろ)その名のとおり裏が白い葉で、心に裏がなく清廉潔白を表わします。橙読みの「だいだい」にかけて、代々栄えるという意味の果物です。紙垂(しで)幣束(へいそく)や御幣(ごへい)ともいいます。※厳密には、造りにより呼び方が異なるようですが。いずれも不浄を浄める紙飾りです。他には譲り葉(ゆずりは)家系を譲るという意味で、子孫繁栄を表す葉っぱです。干支および干支の絵馬新年の干支をモチーフにしたものを飾ります。扇末広がりといって繁栄を意味します。鶴、亀鶴は千年、亀は万年というように長寿を意味します。松年中青く樹齢も長いため、不老長寿の意味があります。昆布「よろこぶ」の語呂あわせです。南天南天の実は「難を転ずる」という意味があります。あなたは、いくつ知っていましたか?意味がわかると、しめ飾りを選ぶのにもこだわりが出てきそうですね。というか、意外とダジャレっぽいものが多いですね。では、良いお年を!

  • 23Nov
    • 新嘗祭(にいなめさい)と大嘗祭(だいじょうさい)の画像

      新嘗祭(にいなめさい)と大嘗祭(だいじょうさい)

      こんにちは、祈祷師の孫 ひろのりです。本日は、勤労感謝の日。神道では、新嘗祭(にいなめさい)が行われる日です。『11/23は、新嘗祭と勤労感謝』こんにちは。神社案内人 ひろのりです。今日は、勤労感謝の日。そして、新嘗祭(にいなめさい)の日です。新嘗祭?聞きなれない言葉かもしれないので解説しますね。その…ameblo.jpさて、昨年は令和になり天皇陛下ご即位に関連する行事がいくつか行われましたよね。そして、新嘗祭ではなく、大嘗祭(だいじょうさい)が行われました。写真を整理していたら、大嘗宮の写真が出てきたので、今回は、大嘗祭について、触れたいと思います。【目次】 ・大嘗祭とは? ・大嘗宮の様子 ・所感大嘗祭とは?大嘗祭とは、新天皇即位後に初めて行われる新嘗祭(にいなめさい)のことです。…なんのこっちゃ?ですね(・・?)新嘗祭は、11月23日に天皇が五穀の新穀を天神地祇に供え、天皇陛下自身もそれを食べ、その年の収穫に感謝する行事です。また、稲の新穀には天照大御神の霊威が宿っていて、それを天皇陛下がきこしめす(食する)ことで、その霊威を身に移し保つ儀式でもあります。要するに…天照大御神の子孫とされる天皇陛下は、新穀に感謝する収穫祭を行って、その儀式の中で新穀を食することで天照大御神の霊威を身体に宿している。ということになりますね。で、天皇が代替わりして、最初に行う新嘗祭が大嘗祭として執り行われるわけです。大嘗宮の様子天皇陛下ご即位後に一度しか行われない大嘗祭は、大嘗宮で行われます。この大嘗宮は、皇居東御苑内に建造され、2019年12月8日まで公開されていましたが、今は解体されて、存在しません。それだけに貴重なのです。全体像かなり後ろに引かないと、全部が写真には入りきりません。1時間ほど並んで、ようやく近くまで。すごい人!コロナの前で良かった。。。ようやく近くまで。真新しい神社建築が目のまえに!大嘗宮の南神門これが、大嘗宮の正面で、一番真ん中になるのかな。廻立殿(かいりゅうでん)大嘗宮の儀に先立ち、天皇皇后両陛下がお召替えなどをなさった場所写真中央奥に見えるのが、悠紀殿(ゆきでん)写真右手前に見えるのが、主基殿(すきでん)どちらも同じような形をしています。この2つの建物で行われる儀式が、大嘗祭のメインとなります。「悠紀殿の儀」「主基殿の儀」と、同様の祭祀を、それぞれで繰り返して行います。具体的には、どちらの儀式も、天皇陛下が、神饌をお供えになり、御拝礼の上、御告文をお奏しになり、自らもお召し上がりになります。これにより、天照大御神の霊威を、その体に宿すわけですね。所感次はいつ見ることができるかわからないものを、タイミングよく東京に行く予定があり、間近で見ることができたのは、非常に良かったです。出来たばかりの神社建築。伊勢神宮の遷宮後でも感じることですが、新しい木材の色合いや、太陽の光加減によっては、黄金の神殿にも見えます。儀式のために一時的に建造されたにも関わらず、神々しさがあったんですよね。解体されるのも仕方がないことなのかもしれないですが、博物館とかでもいいので、常設展示で見てみたい。模型でいいから、再現してほしい。と1年たった今でも思いますね。

  • 22Nov
    • 2020年の年末は早詣(はやもうで)?の画像

      2020年の年末は早詣(はやもうで)?

      こんばんは、祈祷師の孫 ひろのりです。2020年は、コロナで色々と大変な年でしたね。自粛だのテレワークだのGoToだの、落ち着かない感じで、気がつけば11月も下旬になろうとしています。そして、まだ収束どころか、感染者数は日に日に増加しています。もっとも、検査の母数が増えているので、ニュースでは、陽性者数だけでなく検査数に対する割合での増減を伝えて欲しいところですね。さて、そんな中、私が気にしているのは、ズバリ「今度の初詣をどうするか?」です。ある日、夕方のニュースで、とある神社の宮司さんが、こんなことを言ってました。「例年通りの初詣だと、蜜は避けられません。そこで早詣(はやもうで)をお勧めします。今は非常事態です。神様もわかって下さいます。」と。今回は、初詣や早詣について書きたいと思います。【目次】 ・初詣の由来 ・初詣に行くべき神社は? ・早詣に御神徳はあるか? ・コロナ禍での参拝について ・所感初詣の由来そもそも初詣って何でしょうか?初詣は、年が明けて初めて神様へのご挨拶として参拝して、1年の無病息災などを祈る行事です。昔は時計がなかったため日が沈むまでが1日でした。そのため、新年は夕方から始まったとされています。この夕方から氏神である神社に、家長(一家の長)が籠り祈ります。これを年籠り(としごもり)といいます。そして、この年籠りは、大晦日の夜に行う「除夜詣(じょやもうで)」と、元旦の朝に行う「元旦詣(がんたんもうで)」の2つに分かれます。今でも大晦日の夜から出掛ける人が多いのは、除夜詣の習慣も残っているからでしょうね。また、江戸時代までは、元旦に、自分の家からみて、その年の恵方にある神社に参拝する恵方詣という習慣もありました。この2つが合わさって、今の初詣につながっているといわれています。なお、初詣が一般化したのは、明治中期頃なので、比較的歴史が浅いと言えます。初詣に行くべき神社は?行先は自由です。ただし、少しでも御神徳を得たいというのが本音ですよね。(;^_^A自分が住む土地の神様に挨拶に行き、日常生活を御守護いただくという意味なら、その土地の氏神様に挨拶するのが良いですね。神社の規模とか、御祭神が得意とする御神徳は、あまり気にする必要はありません。氏神様がわからない場合は、神社庁に聞いてみましょう!神社庁一覧 | 神社本庁神社庁一覧各都道府県には神社本庁の地方機関としてそれぞれの神社庁を置き、神社に関する事務をとるほか、市や郡に支部を置いて地域の振興をはかるための業務をおこなっています。神社名住所電話番号北海道神社庁〒…www.jinjahoncho.or.jpしかし、それでも判らない場合はあります。新興住宅地などで、人が住む歴史が浅く町内に神社がない場合ですね。私がそうでした。。。近くに大きな神社はあるものの、どおりでお祭りの際にお布施の協力などのお声がかからないわけだ・・・。(;^_^A恵方詣でにちなむなら、家からその年の恵方にある神社になります。自分が生まれた土地の神様(産土神)を参拝するのもいいでしょう。といっても、得たい御神徳があったりする場合などは、他の神社にも足を延ばしてみたいものですね。そんな人は、崇敬神社を作ってみてはどうでしょうか?崇敬神社とは、氏子とは関係なく、個人的に大切に信仰するお気に入りの神社のことです。なので、その神社の場所、御神徳などは問いませんし、いくつあってもいいと思います。私の場合は、 崇敬する神社 氏神様としています。でも、今回は、これに産土神様も加えてみようと思っています。早詣に御神徳はあるか?年籠りが、除夜詣と元旦詣に分かれ、現在に至っていましたよね?だから、今後の初詣も、これまでのスタイルと同じでないといけない!ことはありません。時代や状況によって変化していくものだと思います。そういう意味では、「早詣」を取り入れるのは、ありだと、私は思います。大切なのは、形式よりも信仰心や感謝の気持ちだと思います。それがあれば、御神徳を得ることもできるでしょう。だって、初詣以外でも神社に参拝するでしょう?そして、何かをお願いして御神徳を得ることもあるでしょう?なら、新年のご挨拶の時期を、いつもとずらしても御神徳を得られるでしょう。ただし、遅いよりは早い方が、良い気がします。(根拠はありませんが、神様を後回しにするのは、私の信仰心上、嫌なだけです。)12月になったら、氏神様、産土神様、崇敬神社を参拝しようと思います。コロナ禍での参拝について大晦日の夜にしても、元旦にしても、みんなが同じタイミングで参拝するから密になるのです。早詣なら、自分で参拝する日を決めるので、大晦日や正月三賀日ほども混むことはないでしょう。それでも、行く日によっては人が多そうですね。また、その日に行かないと見物したり、体験したり、参加したりできない神事もあるでしょう。自分が参拝したい神社ごとの対応や神事の情報は、事前に入手しておきたいものです。コロナ禍では、自分自身での対策も必要となってきますが、現地の指示にも従って、良識ある参拝としたいですね。場合によっては、今年は神事への参加は見送り、通常の参拝や早詣に切り替えることも検討しましょう。所感今の形を残すことは、伝統としては大切なことかもしれません。中には儀式の手順など、変えてはいけないものもあるでしょう。しかし、一般人の私たちの参拝の形が変わるのは、時代の流れかもしれません。だって、今の形にこだわって、感染の危険も顧みずに行動した結果、取り返しのつかないことになったら、人類は早々に滅ぶかもしれません。そんなことを神様は期待しているでしょうか?私は、違うと思います。一番大切なのは、神様を尊び感謝する信仰心そのものです。信仰心は、人に強制されるものでも、強要されるものでもありませんから。

  • 11Aug
    • お墓参りに使う◯◯って知ってる?

      こんばんは、祈祷師の孫 ひろのりです。もうすぐお盆ですね。そしてお盆といえば、お墓参りですよね。今年はコロナの影響で里帰りしない人も多そうです。となると、お墓が近い人はお参りできても、遠方の人は難しいかもしれないですね。さて…そんなお盆にちなんで、今日は少し日記を書きます。お盆に備えて私は先日、お墓参りに行きました。草引き道具やお花など準備していたのに・・・線香を忘れてしまったんです。仕方がないから、お墓の近くのコンビニで買おうとしましたが、陳列棚に見当たらない。そこで、店員(多分バイトらしき女の子)の仮にA子さんとしましょう。A子さんに「線香はありますか?」って聞いたところ…「え?何それ?」みたいな顔をされた…A子さんは線香を理解できない。しかし私は、そんなA子さんを理解できない。(^^;A子さんは、そばにいたB子さんに助けを求めました。「センコウって何?」とカタコトで訊ねるA子さん。すると、B子さんは「ほら、お墓に火をつけてこんなやつ…」という説明をジェスチャー交えて話します。私は、『お、この子はわかっているなぁ』と思いました。線香が理解出来ないA子さんに、しびれを切らしたB子さんは、「私がやるわ」と言って、私を線香のところまで案内してくれました。…ですが、出てきたのは、なんと蚊取り線香だったんだよね。。。B子さんのジェスチャー。今思えば、円を描くような感じだったな、確かに。あのジェスチャーは蚊取り線香だったのか!Σ(゚д゚lll)いや、確かにね、必要かもしれない。実際、お墓掃除中に蚊に刺されたしね。けど、お墓に使う線香は、それじゃないんだよな…という、2度ビックリなお話です。え?お墓や線香の前にお盆がわからない?…という人は、この↓記事を読んでください。『お盆について』こんにちは、祈祷師の孫 ひろのりです。暑い日が続きますね。今は、私も夏休み。今日は実家で、ご詠歌を上げます。さて、お盆って、あなたにとってどんなイメージで…ameblo.jpこの話をFacebookに書いたところ、私の友人達からは、年寄りが長生きする時代だから線香を備える機会がないのでは?とか核家族化が進んで田舎から離れたから家に仏壇もなければお墓参りの機会がないのでは?などのコメントを頂戴しました。世代というよりも、時代背景が原因なのかな。おそらく、私のブログを読む人は、神社仏閣巡りが好きな人とか、スピリチュアルに関心が高い人だと思います。そうした人達が、線香を知らないってことは無いと思います。しかし、そんな私たちから見ると線香知らないってのは、かなりの衝撃でした。一度、「線香知ってる?」と聞いてみては?案外、あなたの近くにもいるかもしれませんよ?それがきっかけで、昔から続く文化みたいなものを覚えてもらえたら素敵ですね(^-^)

  • 19Jul
    • 【奈良県北葛城郡広陵町】竹取物語ゆかりの地 讃岐神社(さぬきじんじゃ)の画像

      【奈良県北葛城郡広陵町】竹取物語ゆかりの地 讃岐神社(さぬきじんじゃ)

      こんばんは、祈祷師の孫 ひろのりです。前回、浦嶋神社で常世について触れたときに、常世の別名が蓬莱山ということで、かぐや姫を思い出しました。今回は、そんなつながりで、竹取物語にゆかりのある讃岐神社を紹介します。【目次】 ・竹取物語のあらすじ ・かぐや姫は実在する? ・境内写真 ・所感 ・讃岐神社データ竹取物語のあらすじまずは恒例のあらすじのおさらいからです。その昔、竹取の翁が光る竹を見つけ、中から3寸ほどの小さな女の子が出てきます。翁はその女の子を「かぐや姫」と名付け育てます。かぐや姫は、3ヵ月ほどで美しい女性へと成長します。かぐや姫に求婚した5人の貴公子に、かぐや姫はそれぞれ難題を課します、貴公子たちは、その課題に挑戦しますが、全員失敗してしまいます。ある八月の十五夜の晩、迎えに来た天人たちとともに、月の世界へと帰っていきます。なかなか荒唐無稽な話ですね。竹の中から見つかったり、その大きさが3寸しかなかったり、成長速度が速かったり、月へ帰ったり。。。月に帰るということは、かぐや姫は宇宙人だったってことになりますね!?ちなみに…竹取物語っていうくらいだから、主人公はかぐや姫ではなく、竹取の翁なんですよね。かぐや姫は実在する?かぐや姫の物語には、実在するとされる人物が登場します。もっとも物語との関係はわかりませんが、次のように比定されるようです。竹取の翁(讃岐造(さぬきのみやつこ))「讃岐垂根王」との説あり讃岐造は、第九代開化天皇の孫にあたるかぐや姫「迦具夜比売命」(かぐやひめのみこと)との説あり「迦具夜比売命」は垂仁天皇の妃であり大筒木垂根王(おおつつきたりねのみこ)の娘。また、讃岐垂根王の姪にあたるまた、5人の貴公子にもモデルが存在します。石作皇子多治比 嶋(たじひ の しま)との説ありそのままの名前の皇子は存在せず多治比嶋は、石作氏を一族に持つむ宣化天皇の玄孫釈迦が使っていたという「仏の御石の鉢」を持って帰る難題をかぐや姫から与えられる車持皇子藤原不比等という説ありそのままの名前の皇子は存在せず。藤原不比等の母は車持氏であることから藤原不比等が有力。東方海上にあるという「蓬莱の玉の枝」を持って帰る難題をかぐや姫から与えられる右大臣あべのみうし阿倍御主人がモデルとされる壬申の乱における大海人皇子(天武天皇)方の功臣で実在した人物火鼠の裘(かわごろも、焼いても燃えない布)を持って帰る難題をかぐや姫から与えられる大納言大伴のみゆき大伴御行がモデルとされる飛鳥時代の豪族で実在する人物龍の首の珠を持って帰る難題をかぐや姫から与えられる石上まろたり石上麻呂足がモデルとされる飛鳥時代から奈良時代にかけての公卿で実在する人物燕の産んだ子安貝を持って帰る難題をかぐや姫から与えられる境内写真写真は10年ほど前のものです。鳥居境内脇の竹林ここが、かぐや姫を見つけた竹林なんだろうか?狛犬拝殿こじんまりとした神社なのですね。所感「竹取の翁」の名が「讃岐造(さぬきのみやつこ)」といい、また讃岐の場所が大和国広瀬郡散吉(さぬき)郷のこととして、「竹取物語ゆかりの神社」という事らしいです。しかし、竹取物語の登場人物が祀られているわけではありません。案内板に「讃岐神社と竹取翁」と書かれていなければ、あまり関係性を感じないというのが本音です。やはり、フィクションだからですかねぇ〜。ただ、延喜式に掲載された神社らしいので、古くからある由緒ある神社なのは確かですね。讃岐神社データ所在地〒635-0823 奈良県北葛城郡広陵町大字三吉328 近鉄大和高田駅からバスで約15分、竹取公園東バス停から徒歩で約1分御祭神 大国魂命 若宇加能売命 大物主命

  • 12Jul
    • 【京都府与謝郡伊根町】浦島伝説が残る 浦嶋神社(うらしまじんじゃ)の画像

      【京都府与謝郡伊根町】浦島伝説が残る 浦嶋神社(うらしまじんじゃ)

      こんばんは、祈祷師の孫 ひろのりです。ここのところ、桃太郎や一寸法師に関連する神社を紹介しました。今回は、浦島太郎を祀るという浦嶋神社(うらしまじんじゃ)を紹介します。【目次】 ・日本最古の浦嶋伝説 ・境内写真 ・蓬山の庭(とこよのにわ) ・水之江里 浦嶋公園 ・所感 ・浦嶋神社データ日本最古の浦嶋伝説この絵巻には、浦嶋伝説の各シーンが描かれています。さて、浦嶋太郎といえば、昔話で有名ですね。今回紹介する浦嶋神社には、昔話のモデルとなる日本最古の浦嶋伝説が残っています。伝説のあらすじはこんな感じです。雄略天皇の時代、水の江の里に住む浦嶋子という青年が、一人舟で釣りに出て、五色の亀を釣りあげます。浦嶋子が寝ている間に亀は美女に変身します。美女の名は亀姫といい浦嶋子を常世(とこよ=海の彼方にある世界)に連れていきます。浦嶋子は常世で亀姫と結婚し3年間を過ごしますが、望郷の念にかられた浦嶋子は一人帰郷することにします。亀姫は別れ際に、決して開けてはならないと注意して玉櫛笥(たまくしげ)を渡します。しかし、常世から戻った浦嶋子を待っていたのは300年後の世界でした。すでに知る人もなく呆然とした浦嶋子は、つい玉手箱を開けてしまいます。すると、若々しい肉体は瞬く間に天空に飛び散ったといいます。・・・この話を聞いた淳和天皇が勅使(小野篁)に命じて浦嶋子を祀る神社を建立します。それが今に残る宇良神社(=浦嶋神社)です。この伝説の通りだとすると、浦嶋子は実在した人物ということになりますね。境内写真鳥居みの毛こういう亀に関連するものを見ると、浦嶋太郎っぽいですよね。甲羅ウミガメの甲羅ですね。この甲羅に乗って、浦嶋子は海を渡ったのでしょうかね?五條大橋の絵何故に、牛若丸なんだろうか?昔話つながりか?神額「宇良神社」と書いてあります。拝殿の彫刻立派な龍の彫刻ですね。龍宮だから龍なのかな?蓬山の庭(とこよのにわ)浦嶋神社境内にある庭です。浜に寄せる波を連想させるような庭ですね。(^O^)浦嶋子が渡った常世(とこよ)を現した庭だといいます。常世は、海の彼方にある世界といわれています。現世ではないのかもしれないですね。異次元の世界とか?案内板によると、常世には他にも書き方があります。 蓬山 神仙 仙都 蓬莱山どれも「とこよ」と読むらしいです。蓬莱山って、かぐや姫にも出てきますね。こんなところで、昔話同士の意外なつながりが・・・水之江里 浦嶋公園浦嶋神社の近くにある公園です。浦嶋館は、玉手箱をイメージしている建物だそうです。この公園には「悠々時空(ゆうゆうじくう)」というオブジェがあります。丸い輪っかは、「時空の輪」というらしいです。輪を挟むように浦嶋太郎のオブジェと乙姫(亀姫)のオブジェがあります。里恋しくなった浦嶋子を、亀姫はどのような気持ちで送り出したのでしょうね。戻っては来れないと思っていたのでしょうかね。。。所感実際に目にすることはできませんでしたが、この神社にはなんと!玉手箱が宝物として伝わっているらしいです。いやぁ、すごいですね。開けるとタイムスリップするのかな。。。宇良神社(=浦嶋神社)の建立に携わった勅使の小野篁(おのたかむら)は、あの世とこの世を行ったり来たり出来るといわれている人物で、閻魔大王の補佐をしているとも言われています。常世といい、あの世といい・・・この神社は、不思議な世界への扉が開いているような気がします。常世という考え方は、中国から伝わった思想によるもののようです。案外、海の彼方の世界というのは、異国の地なのかもしれませんね。はたして・・・そういえば、日本神話には浦島太郎のモデルだと思われる登場人物が2名ほどいます。まぁ、その話はまた今度ということで。浦嶋神社データ所在地〒626-0403 京都府与謝郡伊根町字本庄浜191北近畿タンゴ鉄道 宮津駅または天橋立駅からバス「浦嶋神社前」下車 徒歩約3分御祭神 浦嶋子(うらしまこ=浦嶋太郎) 月讀命(つくよみのみこと) 祓戸大神(はらいどのおおかみ)御神徳 縁結神 長寿神 農業神 漁業神 航海神 牛馬神 養蚕神外部リンク 公式サイト

  • 29Jun
    • 茅の輪くぐりの必勝法の画像

      茅の輪くぐりの必勝法

      こんばんは、祈祷師の孫 ひろのりです。明日は、6月30日。2020年も、もう半年が過ぎようとしています。今年はコロナでの自粛要請があったせいなのか?いつもよりも月日が経つのが早いと感じています。府県を超えての移動も制限解除されましたので、私は、三重県にある椿大神社(つばきおおかみやしろ)に参拝してきました。さて、この時期は多くの神社で、茅の輪(ちのわ)が設置されています。6/30は夏越の大祓(なごしのおおはらえ)といって、半年間に知らず知らずのうちに付いてしまった身体の穢れを払うために行われる神事です。中でも、茅の輪くぐり神事は、無病息災や厄除け、家内安全を祈願する行事です。さて、茅の輪には、くぐり方があります。「水無月の夏越の払いする人は千年の命延ぶと云ふなり」(みなづきのなごしのはらいするひとはちとせのいのちのぶというなり)と唱えながら、図のように左回り、右回り、左回りと3回茅の輪をくぐります。でも、くぐり方はともかく、唱えなければならない句は、覚えられないですね(;^_^Aそれで、まじめに覚えてからやろうとすると、茅の輪が混雑してきたりするので焦ったりしますね。。。ではどうするか?紹介するのは、私の茅の輪くぐり必勝法です。それは・・・上の句だけを瞬間で覚え輪をくぐり、上の句を唱えながら半周この句の書いた看板をもう一度目にするタイミングで下の句を覚え唱えながら残り半周という感じを3回繰り返しました。これで、スムーズかつ早く、茅の輪をくぐることができます。多くは、茅の輪の近くにくぐり方と、唱える句が書いてあります。だから、十分看板を見ながらできるんですよ。そして、唱える句は時期や神社によって微妙に違うので、そこは神社の作法に合わせたいですね。言われてみれば当たり前なような気もしますが、手こずっている方を多く見かけます。茅の輪くぐりを行われる方は、一度お試しください^^

  • 16Jun
    • 【大阪府大阪市】神社の中で最も小さな神社 一寸法師大明神(いっすんぼうしだいみょうじん)の画像

      【大阪府大阪市】神社の中で最も小さな神社 一寸法師大明神(いっすんぼうしだいみょうじん)

      こんばんは、祈祷師の孫 ひろのりです。今回は、神社の中でも最も小さいとされる一寸法師大明神(いっすんぼうしだいみょうじん)を紹介します。御祭神は、もちろん昔話でも有名なあの、一寸法師です。では、境内の様子…いや、神社のお姿を紹介します。はい!(^O^)これは、神棚ではないのですよ!ちゃんとおみくじも引けますよ!どこにあるか?〒542-0071 大阪府大阪市中央区道頓堀1丁目7近鉄日本橋駅または大阪難波駅から徒歩約5分大阪ミナミの戎橋近くにあり、浮世小路という細い通りがあります。ジャンカラの横に浮世小路はありますよ。この浮世小路に入っていきます。すると、一寸法師大明神があります。昔も今も道頓堀から…なんだそうです。由緒書きもありますよ!これによると御神徳は 商売繁盛 家内安全 縁結びとのことです。これが道頓堀川一寸法師は、この川から京都に向かったのですね。ちなみに行き着いた先は、京都の城南宮や鳥羽離宮あたりとのこと。写真は京都の城南宮です。ちなみに一寸法師には、モデルはいません。御伽草子に書かれているフィクションの物語です。桃太郎伝説のようにモデル(小人)がいたら、びっくりですよね。ただ、実在する場所は、物語にいくつか出てくるようです。それらの場所は、また紹介したいと思います。

  • 14Jun
    • 【奈良県宇陀市】道反之大神を祀る 屑神社の画像

      【奈良県宇陀市】道反之大神を祀る 屑神社

      こんにちは、祈祷師の孫 ひろのりです。今回は、奈良県宇陀市にある屑神社(くずじんじゃ)を紹介します。※参拝したのは2011年なので、写真は古い場合があります。境内の様子この神社の特徴といえば、この立派な御神木ですね。社殿御神体は、この岩のようですね。岩の周りには、小さな狛犬が何体かいますね。石灯籠には太神宮と書いてありました。確か夏に参拝したので、トンボに逢えましたよ。所感清浄とされる神社に「屑」って文字は、あまり似つかわしくないイメージですよね。でも、調べてみると、そうでもないのかも?漢字ペディアによると「屑」という字には、「潔い(いさぎよい)」という意味があるみたいですね。「屑い」で「いさぎよい」と読むのだそうです。さらに「いさぎよい」をgoo辞典で調べると「事物・風景などが清らかである。汚れがない。」という意味のほかに、「道に反するところがない。潔白である。」という意味があるそうです。「道に反しない」って、この神社の御祭神は「道反之大神(ちがえしのおおかみ)」っていうんですよ。偶然ですかねぇ。これ。私は、なかなかしっかり考えられて名付けされている気がするんですよ。ちなみに、「道反之大神」は、あの世とこの世を隔てる大きな岩の神様なのです。そういえば、この神社にもご神体らしき大きな岩がありましたね。古来、死は不浄なものと考えられてきました。どちらかというと、「不浄」という言葉の方が「屑」という文字のよく知られているイメージにしっくりくるというのが私の感想です。不浄な世界のあの世と清浄な世界のこの世を隔てる神様を祀る神社に、「屑」の一文字で清浄と不浄の両方を意味を持たせているような気がします。屑神社(くずじんじゃ)という名前は、あまり他では見ないし、また道反之大神を祀る神社も少ないです。くず神社といえば他には、 九頭神社(くずじんじゃ) 葛神社(くずじんじゃ)かな?これらの神社でお祭りしている御祭神は、道反之大神ではなく、神格も違う神様なので、同音異語の別神社と私は考えます。また、この神社にはもう一柱、衝立船戸神(つきたつふなとのかみ)という神様が祀られています。こちらの神様も結界をつかさどる神様です。昔、結界で防ぐものとしては、疫病が考えられます。ひょっとして、この辺りは疫病が流行り、多くの人が亡くなるような歴史があったのかもしれませんね。そこで疫病を防ぐ結界の神様と、あの世への穴を塞ぐ神様を祀ったとか。。。?実際のところは、どうなんでしょうね?屑神社データ所在地〒633-2107 奈良県宇陀市大宇陀嬉河原174 近鉄大阪線 大和朝倉駅より車で約15分御祭神 衝立船戸神 道反之大神

    • 岡山桃太郎伝説ツアー4 鬼ノ城の画像

      岡山桃太郎伝説ツアー4 鬼ノ城

      こんばんは、祈祷師の孫 ひろのりです。今回、岡山桃太郎伝説ツアーの最終回です。前回までのあらすじユースホステルを出発し、吉備津彦神社、吉備津神社、楯築遺跡、鯉喰神社、矢喰神社と巡って、桃太郎伝説の謎を解いた。温羅が左目から血を流しながら逃れたという血吸川に沿って、最終目的地である鬼ノ城を目指す。しかし、鬼城山の勾配は、ママチャリで登るには予想以上にキツく、体力の限界が近づいてくる。。。岡山桃太郎伝説ツアーの最終目的地、鬼ノ城に向けて、急な坂道をママチャリ1号車で頑張って登りつづけます。すると、やっとこさ「鬼ノ城 500m」という看板が見えてきました。そして幸いなことに、道も緩やかになってきました。(^o^)ついに、「鬼ノ城」という看板が見えました!「・・・やった、遂にやったぞ!」なんとかママチャリで、鬼ノ城へ到着しましたよ。第7目的地:鬼ノ城(鬼城山:標高400m)14:30着 → 15:40発鬼ノ城の詳しい記事は下記をどうぞ。『鬼城山の山頂にある鬼の居城跡 鬼ノ城(きのじょう):岡山県総社市』こんばんは、祈祷師の孫 ひろのりです。今回は、岡山桃太郎シリーズ第6弾、鬼の居城跡、鬼ノ城(きのじょう)を紹介します。まずは、鬼城山の紹介から。先日紹介…祈祷師の孫 ひろのりが紹介する神社巡りの記憶さぁ、噂の絶景を拝むぞ!o(^o^)oここは、公園のようになっているので、ぐるっと回って史跡を見て回る感じです。今は、もう少し整備されているらしいですね。所々に、温羅が築いた城の跡が残っています。この辺りは、鉄が採れるらしいのですが、それは当時、軍事力に繋がるわけですね。伝説の結末は、吉備津彦に成敗された温羅が、吉備津神社の釜の下に鎮まって終わりという感じでしたね。しかし、温羅の目線から見ると少し違ったストーリーが見えてきます。実は、温羅は成敗された悪者のように思われるかもしれませんが、吉備にとっては製鉄をもたらし文明の発展に一役かった英雄らしいのです。この城周辺の村人からは慕われていたという伝説もあります。さて、これが鬼ノ城からの景色です。天気が、曇っているのは許して(^^;1時間ばかりいて、この要塞を堪能しました。さて登りは30分かかった道のりだったが、たったの3分でキャンプ場まで戻ってきたよ。(^^;幸い、ブレーキが壊れることもなかった。砂川公園の警備員さんに再び会って、「君・・・ホントにその自転車で行ってきたのかい?」 と言われた。まぁ、辛く険しくも、楽しい登山だったよ。o(^o^)oあとは、ひたすら漕いで帰ってユースホステルに戻ってきたのは、16:50だった。帰ってからは何かしようにも。その元気がない。(´-ω-`)こうして風呂に入り、18:00に晩飯を食べ、そのあと、疲れを癒すように、部屋で横になった。(´ω` )zzZ最後に伝説巡りの部分だけ振り返ろう!ユースホステル8:00発1号にまたがり上機嫌で出発↓6km↓第1目的地:吉備津彦神社8:20着 → 8:50発吉備津彦の屋敷跡に建てられた神社↓2km↓第2目的地:吉備津神社9:00着 → 10:25発吉備津彦が陣を敷いた場所矢置石と御竈殿の鳴釜神事を知るデジカメがピンチに…↓3.4km↓第3目的地:楯築遺跡11:00着 → 11:15発石の楯がいっぱい並んだ遺跡吉備津彦が温羅の攻撃から身を守ったとされる↓1.2km↓第4目的地:鯉喰神社11:25着 → 11:35発鯉に化けた温羅を鵜に化けた吉備津彦が捕食して捕まえたとされる場所↓4km↓第5目的地:矢喰宮12:55着 → 13:15発鬼ノ城から温羅が投げた岩が、吉備津彦の放つ矢に撃ち落とされ、堕ちた場所↓0.3km↓第6目的地:血吸川13:20頃片眼を射ぬかれた温羅の血で紅く染まったとされる川↓8.9km↓第7目的地:鬼ノ城14:30着 → 15:40発温羅の居城跡ここまでママチャリ1号でなんとかやって来た↓20km↓ユースホステル16:50着総移動距離:45.8km1日みて廻るには適当な距離ですね。もし真似をしたい方にアドバイスするなら車がオススメです。授かったご利益 長寿×2 五穀豊穣 武運長久 慈愛 縁結び 安産育児 夫婦円満 金運 厄除け 必勝祈願 祈願成就今回は長寿のご利益が2つで、あとは1つずつ。にしても見事にバラバラですね(^o^)私がこの旅で得たことは、一人旅は面白いということでした。自分でテーマを決めて、そのテーマや謎に迫る旅は、見聞も深まるし思い出深いものになります。昔話はあくまで物語だし、伝説とは異なった部分もあれば、鬼の温羅に対する見方も変わりました。思い返せば、これが最初の一人旅でしたね。これを今後の自分自身の財産として、人生に活かしたいと思った旅でした。(^o^)終わり

  • 13Jun
    • 岡山桃太郎伝説ツアー3 矢喰宮~血吸川の画像

      岡山桃太郎伝説ツアー3 矢喰宮~血吸川

      こんばんは、祈祷師の孫 ひろのりです。前回の投稿に引き続き、岡山桃太郎伝説ツアーの第3回です。前回までのあらすじユースホステルを出発し、吉備津彦神社、吉備津神社と巡って、桃太郎伝説の結末を知る。その後、吉備津彦が防戦のために石楯を築いた楯築遺跡と、吉備津彦が鵜となり、温羅を仕留めたとされる鯉喰神社を巡る。デジカメの電池は、残りわずか。。。そして、おなかも空いてきて・・・時間も12時になり、腹が減って、もうフラフラだ。早く飯を食わなければ・・・(*_*)そんな時、とあるラーメン屋さんが見えてきた。支那そば さんきゅう確か、国道180号線沿いにあった店なんだが、今は無いのかな?他の店舗は出てくるんだけれど、今は検索しても出てこないね。名物「ごまラーメン」の中盛り(1.5盛り)チャーシュー付で1000円。今見ても旨そうだな(^o^)ラーメンが出来あがるまでの間、何杯水やお茶をお代わりしたか?わからない。それだけ消耗してたんだなぁ。。。速攻で、出てきたラーメンを平らげた。これがまた美味かったんですよ!そして、水分の補給も十分出来たのでエネルギー全開!o(^o^)oラーメン屋を出た後、近くにカメラ屋があったので入りました。デジカメは充電池専用でしたが、物は試しで、普通のアルカリ電池を買ってみました。さらに!もしダメだった時の為に、保険で「写るんです」も買いましたよ。これで写真撮影に関しての心配は、緩和されましたかね。。。そして有難いことに、最終目的地である鬼ノ城までのルートと所要時間が判明しました。カメラ屋さんが教えてくれたのです。ありがとうカメラ屋さん(^o^)所要時間は、ずばりカメラ屋さんから自転車で1時間だという。そして、その途中に、今回の目的地である矢喰宮と血吸川があるらしい。目指すのは、矢喰宮 → 血吸川 → 鬼ノ城というルートになりました。自転車1号にまたがり、西に向います。すると、ちょっとした公園のようなものを見つけた。その場所こそが、矢喰宮(「やぐいのみや」と読みます。)だったんですよ。ラーメン屋さんの場所がわからなくなったので、鯉喰神社から矢喰神社までの道筋を。。。第5目的地:矢喰宮12:55着 → 13:15発矢喰宮の詳しい紹介は、下記の記事をどうぞ。『桃太郎と鬼の戦いの跡が残る? 矢喰神社(やぐいじんじゃ):岡山県岡山市』こんばんは、祈祷師の孫 ひろのりです。今日は、桃太郎伝説第3弾として、岡山県岡山市の矢喰神社(やぐいじんじゃ)を紹介します。なんと!この神社には、大吉備津彦命…祈祷師の孫 ひろのりが紹介する神社巡りの記憶矢喰岩と言われる巨石群。大小4つあります。吉備津彦命が吉備津神社付近から射った矢に対し、温羅は鬼城山から岩を投げ応戦します。その矢と岩が、空中で激突し、岩が落下した場所が、ここです。矢を防ぐ=矢を食べるというような意味合いから、「矢喰」という名前になりました。面白いのが、楯築遺跡と鬼ノ城を直線で結ぶと、ほぼ中央に矢喰神社があることです。伝説を裏付けるかのような配置ですね!そして!当時この辺りが海であった事実が判明しました!鬼ノ城が、島ではなく山の上にあるのに、昔話では海を渡ったことになっているのは、こういうところに理由があったんだなぁ。(^o^)ちなみに、当時の海岸線はこんな感じだったらしい。吉備の穴海といって、矢喰宮の辺りは海ですね。出典:日本古代史 シロウト講義吉備津神社や楯築遺跡から鬼ノ城へは、海を渡る必要がありますね。これで、最後の謎も解けました。(^O^)あとは、鬼ノ城を目指せば、今回の旅は終わります!矢喰宮を後にして、少し行ったところに血吸川が流れていました。第6目的地:血吸川13:20頃そんなに大きくない川です。伝説では、温羅が鯉になって逃げ込んだ場所ですね。名前の由来は、矢を左目に受けた温羅の血が、川を赤く染めたことから来ています。写真の川の上に写っている山が鬼ノ城のある鬼城山です。つまり、この川の上流を目指すと、鬼ノ城に着くというわけです。o(^o^)o血吸川に沿った道を、上流目指して走り、案内の看板に従い、遂に、鬼城山の入り口までやってきました。※残念ながら写真はない。坂道をしばらく走ると、「砂川公園」というキャンプ場が見えてきました。道を確認するために、そのキャンプ場の駐車場の警備員さんに確認すると・・・「そんな自転車(ママチャリ)では無理だ。この先は、とんでもなく急な坂道なんだ。」と言われた。私は、「大丈夫ですよ。何故なら僕はチャリダーですから!!」(^_-)と、自身満々に答え、再び1号で走り出した。いや、ホント。当時は若かったなぁ、私。きっと警備員さんは、意味不明だったことでしょう。。。しばらくすると、「鬼ノ城 3000m」という看板を見つけました。道はそんなに急じゃない、と思っていたのですが・・・「鬼ノ城 2500m」という看板が見えてくる頃、なんとなく坂が急になっていく。車が、私を追いぬいていくんだけど、見えなくなった先で、車のギアをローに切り替えた時のエンジン音の変化が聞こえるんですよ。つまり、この先はかなり急な登り坂だという事だ。((゜□゜;))覚悟して望むが、やはり手強い!ママチャリだからか?なかなか登れない。加えて、途中降りて押したりしましたが、自転車そのものが重く感じる。。。まるで、重いものを載せているか、進行方向とは逆に引っ張られている感じなんですよ。体力を消耗しすぎているのだろうか?「鬼ノ城 2000m」の看板を過ぎた辺りで、今度は頭痛までしてきました。(*_*)ま、まさか、熱中症か!?(まぁ、確かに鬼ノ城に登ることに熱中しているわけですが・・・)加えて道幅の狭さにも原因があります。車1台がようやく通れる道幅。車が私を追い抜く時、フラフラと自転車を漕いでいると危険なので、車が来るたびに自転車から降りる。このことが、私の体力を余計に奪ってゆきました。(>_<)広くなったところがあって、そこでしばらく休憩することにしました。すると、頂上から下山してくるハイキング客が話しかけてきます。そのおじさんが言うには、「登れるかどうか?ではなくて、むしろ下山時が心配だ。その自転車のブレーキじゃあ、もたないんじゃないかな?この先も、「鬼ノ城」まで、こんな感じに急な坂が続くからね。」という事らしい。((゜□゜;))しかし、ここまで来て、へこたれるわけにはいかない!押したり乗ったり、自分自身と戦いながら、坂を登り続けます。何故急に1号は、重くなったんだ?鬼に邪魔されているのか?坂道がなんだ!熱中症がなんだ!!怪奇現象がどうした!!!今こそ、チャリダーとしての真価が問われる時だ!と自分を鼓舞して、根性で鬼ノ城を目指しました。次回、岡山桃太郎伝説ツアー、感動のフィナーレ!

    • 岡山桃太郎伝説ツアー2 吉備津神社~楯築遺跡~鯉喰神社の画像

      岡山桃太郎伝説ツアー2 吉備津神社~楯築遺跡~鯉喰神社

      こんばんわ、祈祷師の孫 ひろのりです。さて、岡山桃太郎伝説ツアーの2話目です。前回までのあらすじユースホステルを出発し、吉備津彦神社を経て、吉備津神社に到着。矢置岩を見た後、犬に連れられてとある場所にたどり着き、写真を撮ろうとすると電池の不調でデジカメのシャッターが押せなかったが、なんとか復活。では、話の続きを。吉備津神社続き吉備津神社境内の見所を、他にも探してみました。御竈殿では、「鳴釜の神事」なるものが行われます。残念ながら見る事が出来ませんでしたが。そして、この「鳴釜の神事」こそ、桃太郎伝説のクライマックスに関係するのです!大吉備津彦命は捕らえた温羅の首をはねましたが、その後も温羅の首は、大声をあげ続けたため、地中に首を埋めました。それでも温羅の唸り声は止まなかったそうです。そんな時、大吉備津彦命の夢枕に、温羅が立ち、こう言ったとか。「自分の首の埋まっている所の上に釜を置いて、わが妻の阿曽女に、私に供える食事を炊かせてほしい。そうすれば、幸いある時は釜を豊かに鳴らして、災いある時は釜を荒々しく鳴らして吉凶を告げる」と。温羅の言う通りにすると、首はおとなしくなり、声が止んだそうです。2拠点目にして、早くも伝説の結末にたどり着いてしまいました。。。温羅は吉備津彦に討ち取られ、その首は吉備津神社に鎮まっているのですね。桃太郎の登場人物のモデル、そして伝説も結末、だんだんと伝説の内容がわかってきました。これで、今回の目的とする謎は、「桃太郎は海を渡ったのか?」だけになりました。残る謎を追いかけて、吉備津神社をあとにし、次の目的地である楯築遺跡を目指します。てか、またしても道に迷うというか、ホント看板が少ないんだな・・・。(´-ω-`)もっとも不安に感じたのは・・・その辺りの民家の人に聞いても「楯築なんて、知らない」と言われたこと。何故だ??色々さ迷い、そして道を尋ねて3人目。ようやく楯築を知っている人に巡り合え、道を教えてもらえた。第3目的地:楯築遺跡11:00着 → 11:15楯築遺跡の詳しい紹介は、下記の記事をどうぞ。『鬼との戦いに桃太郎が防戦準備をしたとされる 楯築遺跡(たてつきいせき):岡山県倉敷市』こんばんは、祈祷師の孫 ひろのりです。今日は、桃太郎シリーズ第5弾。岡山県倉敷市 楯築遺跡(たてつきいせき)を紹介します。楯築。確かに石で出来た楯のようだ。…祈祷師の孫 ひろのりが紹介する神社巡りの記憶ここは弥生時代の墳丘墓なのですが、大吉備津彦命が温羅の矢を防ぐために岩を楯にしたと言われているところです。確かに石で出来た楯のようですね。伝説では、温羅との戦いに備えて、片岡山に、石楯を築いたといわれています。大正時代までは神社があったようですね。石の楯に囲まれた祠がありますが、これが神社の名残だろうか?そして、ここで再びアクシデントに見まわれる。吉備津神社で入れ替えた予備電池が電源レベルに早くも警告サインを出している!もともと、この予備電池は古いので持続時間が短くなっていた。まさか、もう無くなるとは思ってもみなかった。(;-Д-)景色を色々撮りたい私にとって、デジカメの電池が無くなるのは、かなり辛い。電池残量に不安を抱えつつ、次の目的地に。。。第4目的地:鯉喰神社11:25着 → 11:35発鯉喰神社の詳しい紹介は、下記の記事をどうぞ。『桃太郎と鬼が決着をつけた場所 鯉喰神社(こいぐいじんじゃ):岡山県倉敷市』こんばんは、祈祷師の孫 ひろのりです。今回は、桃太郎伝説第四弾、岡山県倉敷市の鯉喰神社(こいぐいじんじゃ)を紹介します。前回の矢喰神社が、桃太郎の矢と鬼…祈祷師の孫 ひろのりが紹介する神社巡りの記憶伝説では、矢で片目を射抜かれた温羅が、鯉になって川に逃げ込み、それを吉備津彦が鵜になって追いかけます。そして、鯉の温羅を追い詰め、鵜の吉備津彦が食らいつきます。この神社のある場所は、鯉になって逃げた温羅を鵜に化けた吉備津彦が食べたといわれるところです。てか、矢と岩による迎撃戦から、急に妖術染みた話になるんだな(^^;そういえば、近くに川が流れていたなぁ。その川を温羅が逃げたのだろうか?ちなみに、ここの御祭神「楽々森荒魂(ささもりのあらみたま)」です。「楽々森」は吉備津彦の家来で猿のモデルです。さぁ写真撮るぞ・・・と言いたいが、遂に電源レベルがレッドに!((゜□゜;))これで、残る電池は1組となってしまった。…が、それも心もとない。時刻も12:00近いため、めちゃめちゃ腹も減ってきた。どうやらそれほどまでに、体力を消耗していたらしい…次回に続く

  • 07Jun
    • 岡山桃太郎伝説ツアー1 吉備津彦神社~吉備津神社の画像

      岡山桃太郎伝説ツアー1 吉備津彦神社~吉備津神社

      こんにちは、祈祷師の孫 ひろのりです。今回は、桃太郎の伝説を追って、岡山の所縁のあるところを巡る旅そのものを紹介します。行ったのは、2003年8月なので、かれこれ17年前ですね。基本的には、神社めぐりになるのですが、そもそも、桃太郎の伝説って、何だっけ?昔話「桃太郎」は、海を渡り、鬼ヶ島へ鬼を退治しに行きます。しかし、桃太郎の伝説では、鬼は鬼城山(現在の地名)の頂上にある鬼ノ城に住んでいます。じゃ、どうして昔話では海を渡ったことになっているのか?そして伝説の結末は?桃太郎と鬼のモデルとは?そもそも、この昔話にはモデルがいて、話自体も元ネタがあるんですよ。元ネタのあらすじは、こんな感じです。百済の王子、温羅が吉備国に住みついた。温羅は、大きな身体に、紅い髪で凶暴。鬼ノ城に城を築き、暴挙を繰り返していた。その討伐に朝廷から吉備津彦が派遣された。激戦の末に、吉備津彦が温羅を退治した。つまり、今回の旅は吉備津彦(=桃太郎)と温羅(=鬼)にまつわる場所を巡る旅になります。じゃ、はりきって行ってみよう!宿泊した岡山青年会館ユースホステルでチャリを借りました。(所在地:岡山県岡山市津倉町1丁目7-6 でしたが、現在は閉館)1号車1号!なんとも良い響きです。それだけで、やる気100%でした。o(^o^)oよぉ~し!1号で発進だぁ!!o(^o^)oこうして、私は180号線を西に向かって、走り出しました。けどちょっと迷ったかな。。。17年前だからね、スマホとかGoogleマップなんて、便利なものはなかったしね。途中で道を尋ね、言われたとおりしばらく行くと、神社が見えてきました。今ならこんな感じで調べられるのにね。第1目的地:吉備津彦神社8:20着 → 8:50発この神社には、桃太郎のモデルとなった「大吉備津彦命」が祀られています。吉備津彦神社の紹介は、下記の記事をどうぞ。『日本一の大燈籠があり、桃太郎を祀る神社 吉備津彦神社(きびつひこじんじゃ):岡山県岡山市』こんばんは、祈祷師の孫 ひろのりです。今日は、祈年祭でしたね。秋の豊作を祈る日でした。私も諸事情あって、今年の秋は豊作(収入)に恵まれたい。(^^)そん…祈祷師の孫 ひろのりが紹介する神社巡りの記憶時間的に早すぎた所為か、神社に人があまりいません。社務所も開いてなさそうだったけど、境内を清掃している宮司さんに、「由緒書欲しい」って話したら、ちゃんと売ってくれました。宮司さん、ありがとー!(^O^)次の目的地である吉備津神社は、道しるべによると道なりに行けば着くらしい。そして、吉備津彦神社から自転車で向うこと10分。吉備津神社に到着しました。第2目的地:吉備津神社9:00着 → 10:25発吉備津神社の詳しい紹介は、下記をどうぞ。『鬼と戦う桃太郎が陣を敷いた場所 吉備津神社(きびつじんじゃ):岡山県岡山市』こんばんは、祈祷師の孫 ひろのりです。今回も桃太郎伝説が残る神社を紹介します。岡山県岡山市にある吉備津神社(きびつじんじゃ)です。前回紹介した吉備津彦神社と名…祈祷師の孫 ひろのりが紹介する神社巡りの記憶この神社は、先ほどの「吉備津彦神社」とは2kmぐらいしか離れていません。名前も似ていて、祀られている神様も「大吉備津彦命」と同じですが、全く別の神社です。この吉備津神社は、吉備津彦が陣を敷いた場所とされています。敷地面積は日本最大と言われています。それだけに見所はいっぱい。伝説に関係のある所だと、鳥居横にあるこの矢置石吉備津彦が矢を置いたという伝説の石で、鬼ノ城にいる温羅が投げてくる石に対して、吉備津彦は矢で応戦したというのです。ちなみに鬼城山から吉備津神社は、直線にして10kmほど離れています。伝説の通りの文面で受け取ると、吉備津彦と温羅の戦いは、長距離射程兵器での決戦だっということになりますね。さて、吉備津神社の境内を探索して、とある社(末社の一つ)に辿りつきました。そして、写真を撮ったりしていると・・・。社の裏から犬が突然現れたんです。かわいい顔してますね。(^O^)もしや、桃太郎の家来の犬だったりして。なんか、「ついて来い」って感じに、こっちをチラチラ見ているので、私はこの犬に導かれるまま、ついて行くことにしました。犬についてゆくと、ある場所につきました。なんとなく、その場の風景を撮りたくて、カメラを手に取ったのですが・・・カメラ:カシャ・・・ジー・・・ザ・・・ザザー・・・なんと!デジカメが被写体を書きこまず、固まっている。(´-ω-`)しかも確認画面が砂嵐で、さらに電源が切れない!!電池を抜いて強制的に電源を落したりしたが何度やってもダメだ。これって、テレビでよく見る「シャッターが押せない」って現象なんじゃないのか!?これは怪奇現象か?またはカメラの故障か!?((゜□゜;))一か八か、デジカメの電池を交換すると・・・カメラ:カシャ!や、やったぞ!直った!試しで、再び今の電池を入れてみる。すると誤動作が、再発する。どうやら原因は、電池にあるらしい・・・。(;-Д-)この旅は、写真をいっぱい撮りたいから、デジカメが故障すると結構ショックだったんだが。。。良かった^^次回に続きます。

  • 30May
    • 虎を神使とする神社、神様、仏様の画像

      虎を神使とする神社、神様、仏様

      こんにちは、祈祷師の孫 ひろのりです。今回は、虎を神使とする神社や神様、仏様を紹介します。大阪府 大江神社 狛虎京都府 鞍馬寺 狛虎奈良県 朝護孫子寺 虎奈良県 朝護孫子寺 張子の福寅干支が神使になっているシリーズの第3弾です。写真で紹介した神社仏閣に共通しているのは毘沙門天です。大江神社には、毘沙門天を祀っていた名残りがあり、鞍馬寺と朝護孫子寺には毘沙門天を祀っています。虎は毘沙門天と関係があるようです。その由来は、聖徳太子が信貴山朝護孫子寺で物部守屋討伐の為に祈願したところ、寅の年の寅の日、寅の刻に毘沙門天が出現して勝利の秘宝を授けたとの伝承が有名です。でも…毘沙門天の本当の眷属は、百足(ムカデ)なんだそうです。額の横に、ムカデがあしらわれていますね。詳しい由来はわかりませんが、こういう説があります。ムカデはたくさん足があっても、1つでも歩調が変わるとうまく進めません。運動会のムカデ競争を想像するとわかりますね。^^そこで、困難に立ち向かうみんなが心を一つにして同じ方向に進むという仏教的な教えがあるようです。毘沙門天は武神なので、困難に立ち向かう強い気持ちの象徴がムカデなのかもしれませんね。本当のところはわかりませんが。ありゃ?虎じゃなくてムカデの話に変わってきちゃったよ。。。大江神社所在地〒543-0075 大阪府大阪市天王寺区夕陽丘町5大阪メトロ谷町線 四天王寺夕陽丘駅 徒歩約4分鞍馬寺データ〒601-1111 京都府京都市左京区鞍馬本町1074番地比叡電鉄鞍馬線 貴船口駅 徒歩約44分朝護孫子寺データ〒636-0923 奈良県生駒郡平群町大字信貴山2280−1近鉄生駒線 信貴山下駅からバスで約10分 信貴山下車 徒歩約10分

    • 久々に神社に行ったら…コロナの影響で変わったことの画像

      久々に神社に行ったら…コロナの影響で変わったこと

      こんばんは、祈祷師の孫 ひろのりです。今日、奈良県天理市にある石上神宮に行きました。緊急事態宣言も解除されたので、久しぶりの参拝に行きました。コロナで影響で、手水舎が変わっていました。いつもなら水が出ている所からは出てなく、そのため水も溜まっていません。代わりに手水舎の周りには竹が張り巡らされていて、手前の竹の数ヶ所から水が滴り落ちていました。これ、意外と便利でした。(^^)何故そう思ったかって?まず1点目は、水を汲むのに順番待ちになりにくい点です。多分、溜まっている水を汲む人は、あまりいませんよね?となると、例えば2人で参拝したとしてですよ、水が出ているところから柄杓に汲めるのは1人ですよね?すると、もう1人は待つわけですよ。結局、柄杓はたくさんあるものの汲めるのが1人なので、待つしかない。思い返せば、これまでの私の神社巡りにおいても、こうしたシーンは多かった気がします。結局、手水舎が混むので、諦める人も多い気がします。しかし、この方法なら、複数人が手を洗うような感覚で手水を済ますことができ、混雑緩和に繋がっています。(^^)2点目、素早く手水を終えられる点です。並ぶ時間以外にもこんなメリットがありました。柄杓に水を汲む場合は、右手に柄杓を持ち左手に水をかけて、次は持つ手を替えて…となります。しかし、滴る水で直接手を浄めるため、柄杓を持ち替える必要がなく、口を浄めるのも楽でした。また水が足りなくなって、汲み直す必要もないんですよ。(^^)3点目は、水の量が少なくエコな感じがすることですね。まぁ、私が気にすることでもないのですが、手水舎の水の出方って、多いところは多いですよね。神社によっては、ジェット水流のように激しく吹き出しているところも…それに比べて、水の量は少なくエコな気がします。水道代にもやさしい感じが良かったです。いやぁ、久しぶりに神社に行きましたが、神域の雰囲気に癒されました。(^O^)

    • コロナに負けるな!八坂神社摂社 疫神社の茅の輪くぐりの画像

      コロナに負けるな!八坂神社摂社 疫神社の茅の輪くぐり

      こんばんは、祈祷師の孫 ひろのりです。今年の5月も、もう終わりますね。そして来週から6月です。6月といえば、神社では夏越しの大祓(なごしのおおはらえ)が行われます。また、神社によっては茅の輪(ちのわ)が設置されます。ですが…今回紹介するのは、夏越しの大祓による茅の輪ではなくて、季節はずれの3月に設置された茅の輪です。写真は、京都市東山区にある八坂神社の摂社 疫神社(えきじんじゃ)の茅の輪です。鳥居の中に藁で作った大きな輪がありますね。これが茅の輪です。何故設置されたのか?そもそも茅の輪って何だ?今回は、その点について書こうと思います。本来、疫神社で茅の輪が設置される時期は、6月30日の大祓式(おおはらえしき)7月31日の疫神社夏越祭(えきじんじゃなごしさい)です。この疫神社夏越祭は、祇園祭の締めくくりともいわれています。そして、茅の輪が特別設置された理由ですが、今回は新型コロナウイルスが蔓延したことを受けて、無病息災の願いを込めて、急遽設置されました。では何故、コロナが流行ることで茅の輪が特別設置されたのでしょう?それは、疫病(新型コロナウイルス)を鎮める目的です。疫神社の御祭神である蘇民将来命(そみんしょうらいのみこと)と、八坂神社の御祭神である素戔嗚命(すさのをのみこと)との間には、こんなエピソードがあります。それは、旅の途中で宿を乞うた素戔嗚命に対して、蘇民将来命は貧しいながらも手厚く迎えました。これに感謝した素戔嗚命が蘇民将来命に茅の輪を授け、「茅の輪をつけて、『蘇民将来の子孫なり』と言えば、蘇民将来命の子孫は疫病から免れる。」と約束した。という言い伝えのことです。つまり、茅の輪には疫病除けの意味があるんですよ。今回は、八坂神社の本殿近くにも、茅の輪が設置されていました。「蘇民将来の子孫なり」と唱えながら、茅の輪をくぐると、疫病除けの御神徳が得られるようですよ。さて、緊急事態宣言は解除されたものの、第二波がくるとも言われています。今回の疫病が、私たちの生活に与えた影響は大きいです。新しい生活様式を取り入れることもそうですが、元通りではなく、様々な場面で変化していく部分もあるでしょう。今回の件は、色々と考えさせられることが多いです。収束ではなく、本当の意味で終息する頃には、新しい制度や常識、価値観ができているかもしれないですね。それが、今を生きる人達みんなに優しいものであると良いですね。

  • 06May
    • 祇園祭の本義

      こんばんは、祈祷師の孫 浩典です。以前、祇園祭に参加した際に書いた記事です。このブログでも書きましたが、祇園祭は、平安時代に都で疫病が流行った時に、その原因である怨霊を鎮めるために御霊会(ごりょうえ)という儀式を行ったのが由来とされています。今、皆さんを悩ませている新型コロナウイルスは、まさに疫病!だから、↓の記事にあるように、そんな時こそやるのが本義という意見もあれば、このご時世やる前提で考えるのはどうか?という意見もある。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200505-00000508-san-life結果、今年の祇園祭は、山鉾巡行と神輿渡御は中止となり、他に予定されていた神事は、感染防止対策仕様に形を変えて粛々と執り行うのだそうです。私は見に行ってみたい人間の一人です。だから山鉾巡業の中止はとても残念なのですが、人が集まる山鉾巡業と神輿渡御は中止で良かった気がします。だって、祇園祭の本義が、疫病退散のために行うというなら、人に見せること自体が目的ではないのだとも思います。山鉾巡業や神輿渡御は、祇園祭のハイライトです。だから、見物に集まる人も半端なく多いです。けど、祇園祭は、中止になる2つの神事以外も含めて祇園祭です。残された神事を粛々と行うのであれば、疫病退散の本義も保たれている気がします。なかなか良い決断だったと思います。こうした大々的なお祭りは、見世物を見に行くことが目的になりがち。だから多くの人は、由来や本義などは、あまり意識していないのかも?祇園祭の本義とは何か?私も改めて考えさせられました。

    • 【茨城県つくば市】でかい鈴が印象的 筑波山神社(つくばさんじんじゃ)の画像

      【茨城県つくば市】でかい鈴が印象的 筑波山神社(つくばさんじんじゃ)

      こんばんは、祈祷師の孫 ひろのりです。参拝日:2001/10/19だから、私がこの筑波山神社に訪れたのは、もうかれこれ19年も前の話。以前勤めていた会社の仕事の関係で、茨城に訪れて、その道中に見つけた神社です。で、仕事も終えて、休憩がてら立ち寄ったのです。実は、まだ本格的に神社巡りを始める前に訪問しているので、写真が少ないです。。。が、ご紹介を。(^-^)/境内の様子なんといっても特徴は、鈴。でかい( ̄□ ̄;)!!でも、鳴らせるわけじゃない。紐ついてないしね。階段の下からも目立つ。本当にでかい。随神門徳川家光寄進らしい。歴史を感じさせますね(^-^)/大杉樹齢700年の老杉。立派な杉ですねo(^o^)o宇宙の卵つくば博の展示物を引き取ったようです。ここにこれがある理由はわかりません。おそらくですが、祭神二柱にまつわる神話の「国生み」にちなんでいるのではないかと。なぜなら、日本の歴史はそこから始まります。卵はまさに始まりの象徴。今の私にはそう思えますが、19年前は、ただ、驚きました(^^;おみくじ吉だ。(^O^)そしてシールが付いているw(゜o゜)w本来、お守り代わりに身近なものに貼るものと思うが・・・なんで皆、街灯の柱に貼るんだ?(-ω- ?)拝殿うん、やはり鈴がでかい!所感さて、筑波山神社は、筑波山を御神体としている神社です。筑波山とは、西側の男体山(871m)と東側の女体山(877m)からなります。男体山山頂には筑波男大神を祀り、女体山山頂には筑波女大神を祀るそれぞれの神社があります。今度機会があれば、参拝したいですね。筑波山は、筑波嶺(つくばね)とも表現され、百人一首にも詠まれています。筑波嶺の峰より落つる男女川恋ぞつもりて淵となりぬる陽成院の句で、意味は「筑波の山頂から流れ落ちてくる男女川は、次第に水かさを増して深い淵となる。私の恋心も次第につのって今では淵のように深くなっている…」かな。ご利益に縁結びがあるこの神社に相応しい、恋愛の句ですね。陽成院の恋は成就したのか?!それは、謎だ。はたして…筑波山神社データ所在地茨城県つくば市 筑波1番地つくばエクスプレス「つくば駅」より筑波山シャトルバス約40分ご祭神 筑波男大神(つくばおのおおかみ=伊弉諾尊) 筑波女大神(つくばめのおおかみ=伊弉冊尊)御神徳 縁結び 夫婦和合 家内安全 子授け・子育て・安産 開拓リンク公式サイト