梅雨がいつから始まるのか・・・・?

そう思っているよりも、みなさんは消費税増税に敏感になっておられるようです。

そのため・・・増税前に工事を終わらせて欲しい!というご依頼が急増中です。

今日も3件お話をお伺いしてきました。

来週も打ち合わせが詰まってきております。

業界の中でも増税までにやっておくことの資料がバンバン届いてきており、講習会や見学会で来月は目が回りそうです。

建築に関わる職人が減ってきている現状があるのですが、国の指針として5年以内に全ての従事する職人を登録させて、ランクを付ける!という義務化が発表されました。ただでさえ少ない職人を区別すると、経験年数の少ない職人は働く場所さえも与えられない状況になってきます。

職人を育てる・・・という今急務となっている状態を、国はどう考えているのでしょうか?

ランクは就業日数・資格・災害活動への参加・マネジメント能力で決められるそうです。

どうしても高齢者の人がランクが上になり、その人が公共事業に優先的に従事することとなるそうです。

若い人が同活躍するか・・・という主眼でみて欲しい!と説に願います。

福山城が築城400年を迎えるにあたり、木造建築で立て直そう!という案が出ていますが、福山市で従事する大工でお城を再建するつもりなのでしょうか???若い人たちにチャンスを与え、このお城は俺が建てたんだ!と死ぬまで自慢できる仕事として地域の職人さんに仕事を与えてほしいですね・・・・・・