前へ進む | お気楽主婦の徒然草

お気楽主婦の徒然草

2014年乳がん発覚。センチネルリンパ節転移。手術、抗がん剤、放射線治療済み。現在ホルモン療法3年目。中学生息子と小学生娘2人の三児の母の日記です。


テーマ:
こんにちは。ご無沙汰しておりました。

基本バタバタと忙しくしていました。
ヤングアメリカンズとか楽しいこともたくさんあったはずなのですが…
その中で 大切な方との別れがあり、
今回の豪雨がありで
少し心が後ろ向きになっていました。


お別れした大切な方は神父様でした。
神父様が癌を患っているとお話しくださった時に私が
「あ!私も癌なんですウインク乳がんですけどね〜音譜
と申し上げた時、

真顔真顔真顔真顔

ノーリアクション。


あれ?
私の癌には興味ない?


…それから数分してほかの話題になってからまた癌の話題になったとき、
始めて神父様は
「びっくりしすぎて声が出ませんでした」。

私の癌のカミングアウトの仕方が、「私もチョコレート好きなんですぅラブラブ」くらいのノリだったのでびっくり滝汗されたようでした



しかし、そこから1年にも満たない短い間でしたがお互い病状を話すなど癌友?として少しは分かち合えたように思います。

お亡くなりになる前に病院に何度かお見舞いに行きました。
私も闘病をしている分、病気のつらさや苦しみ、精神状態がある程度わかってしまうので 、どう声をかけていいのかわかりませんでした。
なので病室に顔を出してはすぐに帰る、の繰り返しでした。

2年前に乳がんでママ友が、そして今回神父様が帰天され、とてもさみしくて悲しかったです。
そしてそれと同時に自分の癌の再発の恐怖を感じてしまいました。



そんな鬱々とした日々を過ごしていた時に
今回の豪雨。
我が家も実家もエリア的には被災地域でしたが、ぎりぎり大丈夫でした。
ただ、被災した場所は縁深い場所ばかりです。
知り合いもたくさんいます。

小さい頃から飽きるほどに見ていた生活圏が見るも無残なことになり 犠牲になられた方が多数出ました。

被災した場所は普段は決してそんなところではありません。
豪雨1週間前にも実家に米や野菜をもらいにその地域を通りましたが、
まさかそんなことが起こるなどとは想像だにしていませんでした。
とてものどかな、普段から何も起きないしこれからも起きないであろうと思うくらい平凡な、そしてどちらかと言えば雪の心配をするような場所でした。



気が滅入ってしまいそうな時、
試験終了した直後の息子のゲーム合宿もとい、お泊まり会。
みんなでワイワイ楽しそうにしている姿を見て、とても元気をもらいました。


今回は前回とは違うお友達です。
いつものことですが、クラブもバラバラです。
学校の先生にも以前言われましたが、あちこちでたくさん友達を作ってワイワイ楽しく日々を過ごしていようで、
このお泊り会でそういった様子が垣間見れて嬉しかったです。


夏休みがもうすぐ始まります。
息子は秋の文化祭に向けて動き始めました。
友達と何か演奏するようです。

私も前を向いて進んでいかないとね〜。



EMAさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス