NEVER ENDING…

テーマ:
遠いむかし、少年は
漫画家になりたかった。

10代の頃、白いノートには
たくさんの物語が描かれた。

だが、画力があまりにも足りずに
高校生で挫折。

しかしながら、年間300冊の本を読む、
圧倒的な読書力を武器に、
彼は小説家志望へと転身。

ハヤカワ、朝日ソノラマ、電撃と
賞に送るがかすりもしない。

自分の可能性にピリオドを打った、
20歳の頃。

時を同じくして、クリスマスの日に
失恋したのをきっかけにパチンコ。
初打ちで1万9千円勝ったのが、
今まで打ち続くとは思いもしなかった。



しばらくして彼は、
アマチュアの同人誌に参加し始める。
まだ晴海開催だったコミケだったり、
オリジナルイベのそうさく畑だったり。

漫画の画力も、描き進むうちに
それなりには上達したし

小説もファンだという方々から
イラストを大量に描いて貰えたり。

同人きっかけで知り合った女子だが
俺が22歳、彼女は14歳。
まさか10年も付き合う事になるとは。
そして、結婚できず別れるとは。
思いも寄らなかった。

29歳、その彼女の誕生日に
俺は母親を脳梗塞で喪くす。


20代は波乱の10年だった。




俺は9年間勤めていた
デザイン会社を辞めた。
あまりにも、あまりにも酷い
社長の傲慢さに爆発した。
引き留めようとした社長とは
社長室で10時間口論した。

結果、辞めたはいいものの、
デザイン業界に手を回され。
面接に行く会社、行く会社、
全てに落ちた。

ある会社の役員さんは
『戦力として魅力があるのだけど
前の○○の社長と揉めて辞めたと
聞きましたので…』
と正直に言ってくださった。
要は、他所で働けないように
情報を流していたという事。

もう、デザイン業界には
未練はなかった。


俺は世界的に有名なカメラ企業の
倉庫に再就職した。


いくつかの恋をして
いくつかの別れを味わい。

そんな時に俺を支えたのは
パチンコやスロットだった。

人間に愚痴をこぼしたとして。
根掘り葉掘り聞かれる。
いつの間にか、その場にいなかった
他者にも情報が流れてしまう。
そういう関わりが、面倒で。

パチンコやスロットは
ただ、一緒に闘ってくれた。

その頃良く打った台は、
スロットの裏モノばかりだがw





30代。
新しい恋、別れ。

薄々、気付いてきてはいた。
恋愛には上手い下手があり、

俺には、向いていないwwww

30代の終わり頃に知り合った、
26歳の綺麗な女子とは
3ヶ月も持たなかった。



心の支えだったのは
GREEやモバゲーで知り合った
リアでもつき合いができた仲間達。





40代。

父親を喪い。
肺結核を患い。
最後に好きになった女子と
サヨナラしても、

なんとかかんとか
生き延びて来た。

住む家を失くし
ネットカフェ住民を2年。
しながら働き。

今年5月に
スマホを入手できた。

今年6月には
アメブロを始めた。



で、日付が変わって
今日9月20日

50歳の誕生日ですw



たくさんの夢を
掌から零し続けた少年は

長く、長く生きる中で
失望と絶望に絡みとられ
それでも、ただただ前に進み続けた。



まだ、生きていける。

夢も恋もなくても
俺にはスロパチがあり
漫画アニメ小説があり
スニーカーと猫があり
ラーメンとジャンクグルメが、ある。


そして、規模は小さいけど
好き勝手書けるブログがある。


このサイズ感の幸せで、
もう充分なんだよ、俺は◎





長々、すいません(平謝り)


サブタイトル元ネタは
『NEVER END』
安室奈美恵

彼女と誕生日同じで、彼女もう41歳なんか。全然40代感ないよ。凄い若い。引退は残念だったな。ワンピースの主題歌がなにげに好きだった。


オマケ



自分への誕生日プレゼントは
アシックスタイガーのゲルマイ。
プーマは琴線に触れるのがなくて。
まあ、どのみちまた買いますがw


それでは、これで。

また、逢いましょう。