さらば愛しき姫路よ

テーマ:

昨年12月の末。
財布には、300円しかなかった。
住む家もなく、厳しい寒さの中、
途方に暮れていた。

いっそ死のう、幾度となく思い、
そのたび、震災の時の記憶が頭をよぎり
弱々しいながらも踏みとどまった。




阪神淡路大震災で、当時同じ職場の
後輩を亡くした。
若いながら侠気があり、自分には
勿体無いくらいの後輩だった。

前のブログに少し書いた、
大阪の小さなデザイン会社。
俺は写植に明け暮れ
彼はひたすらに営業をかけた。

仕事で終電がなくなり、難波のサウナで
泊まって始発で帰るつもりでいたら
東灘に住んでいた彼は、社用車で
西宮まで送ってくれた。

父親を早くに亡くして
母親を支えながら弟たちの面倒を
見ていた男だった。
しかしながら、みんなの前では
明るく場を盛り上げる。

誰からも親しまれていた、
そんな男だった。



彼が死んで、なんで俺みたいなのが
生き残ってしまったんだろう。




伝えなきゃ、ならない。
色んな事を、色んな人に。

それが、生きること。

生きることに意味なんて
ないかもしれないけど
生きないでいいという
理由には、ならない。


俺は昨年末、
姫路へと向かった。
自分の置いてきた過去と
まだ見えぬ未来を繋ぐために。






前置きが長くなったww
(前置き?)

そんな、半年間身を置いてきた姫路にも
あと2日ほどで別れを告げる。

というワケで、実戦してきたのだが、
結果から言うと−16K。
まあ、この半年でのトータルは
それでも155Kほどプラスなのだが、
そのプラスの殆どが、電車で40分
かけて通った旧マイホ近辺。
姫路での収支は薄っすらマイナスで
幕を閉じた。

震災の話が冒頭にあったのは
今朝、比較的大きな地震があり、
当時の記憶が蘇ったから。




ちょっと、色々感傷的な気持ちに
なったのかもしれない。

まあ、それでも前を向かなきゃ。
悩みや迷いがなくなる事は、なくて
全部背負って進まなきゃ、と思う。



明日は今いる部屋の片付けと
荷物の整理が待っている。
ブログは、書けたら書きます。



オマケ



天国からの、


犬80終了
純増だけ頑張ったw



珍しくツイブレ。
両隣が女性なんで、写メ撮りづらいw



ぼちぼち頑張った。





ガルパンで無料300魂10連ガチャ。
ノンナと西がヨメに来てくれた。



西可愛いな。
ゆっくり育てよう。




今の戦力はこんな感じ。
次は戦車パーツ揃えなきゃならんなぁ。



そろそろ、終わります。

また、逢いましょう。