面接官からの質問に正解はない。
よって、あなたの発言が、
あなたの選択した答えになる。

答えられないのは、用意した答えがなかったか、
面接官の無茶な質問のどちらかだ。

事前に、答えを用意しようとしても、
限界がある。中途半端に嘘をつこうとすると、
その嘘を隠そうとさらに嘘をつき、
自分が何を言ってるのかわからなくなる。

そもそも、どんな質問がでるかなんて、
あなたにはわからない。
企業によっては、
面接官にすべてを託し、
自由に質問させる場合もある。
もちろん、対策しようがない。

それでは、どうすれば良いか?

一番重要なのは、質問の意図を
汲み取ることである。

思い出して欲しい。
あなた自身が、面接等で、
面接官にどのような質問をしているか?

例えば、

1.職場の皆さんは、どのような雰囲気ですか?
2.仕事で大変なことは何ですか?
3.残業は、どれくらいありますか?

さて、上記のような質問をするとき、
あなたは、どのような意図を
もって、質問をしているだろうか?

この会社で自分が働けるか心配で、
情報を集めたいのでは、無いだろうか?
つまり、安心材料が知りたいということだ。

そして、面接官は、皆さんの質問の
意図を読んでこう思う。

→1. この学生は、仲が良い職場じゃないと
   ダメなのかな?上下関係厳しいから、
   当社では難しいかも知れない。

→2. つらい仕事はやりたくないのかな?
   うちの仕事で耐えられるか心配だ。

→3. 残業あったら、辞めちゃうのかな?
   だったら、うちは厳しいな。

何故なら、質問するには、
大事な理由が背景にあることが
わかっているからだ。

そして、面接官によっては、
当たり障りないような嘘をつき、
はぐらかすのだ。

皆さんも、一度くらいは、
面接官が質問の答えに、
きれいに答え過ぎと、
怪しく思ったことはなかろうか?

つまり、あなたと同じように面接官は、
気付くのである。
面接の質問で、その答えの怪しさを。

結論を言おう。

面接官が、質問をする意図は、
大きく二つ。

1.学生の嘘を見破るため
2.学生が、その会社で働けそうか、
 安心材料を収集するため


何故なら、
学生時代のがんばってきたことの中で、
工夫したことや苦労したことを聞くのは、
目標にどのようなプロセスで立ち向かうか
知りたいからだ。

何故なら、その立ち向かい方を知ることで、
入社後の目標に対する立ち向かい方を
予測したいからだ。

よって、質問に対して嘘をつくのではなく、
あなたが入社後に何ができるかを、
行動事実で伝えることがポイントだ。

面接官の質問の意図を読むことで、
あなたの強みをアピールしよう。

そして、上記の前提として、
面接官を安心させることが重要だ。
変な質問により、相手を心配させるようなことは、しないほうが賢明だ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【就活のやり方を悩んでいるあなたへ】
 《就活生に知られたくない就活本》電子書籍だから手軽。スマホアプリですぐ読める。就活にやる気の出ないあなたは、まず、思考回路を変える必要あり。
※面接質問pdfの特典あり

「就活生に知られたくないっ!
    合格できる内緒の面接思考術」
■楽天ブックス http://goo.gl/JVDtdZ

こちらも電子書籍
「不安を自信に変える。
   就活面接【正しい】答えかた」
※リンク先に面接質問のあるあるがある。

著者:ブログの中の人の丸山 智士


◆就活系Twitterアカウント

以上