手縫いの畳床 | (有)いのくま畳店のブログ 「あしたは何所だ」

(有)いのくま畳店のブログ 「あしたは何所だ」

仕事の事や趣味・日常をまったりとつづってみます。


テーマ:
最近ではとても珍しい、機械ではなく手で縫われた畳床(畳の心材)の表替えをしました(^O^)/
手縫いの畳床は独特の柔らかさがあり、角を綺麗に立てるために框部分に頭板(かしらいた)
と呼ばれる木の板が縫い付けられています。

ですが今回の畳は写真のように框が丸くなってます。

$あしたは何所だ

とりあえず畳表を剥いで見ます。
ガムテープがべったり・・・
$あしたは何所だ

んでガムテープも剥ぎます。
これでは角が立つはずもありません( >Д<;)
$あしたは何所だ

しっかりと頭板を引っ張り出して縫い直しをしました。
引っ張り出した部分の色が違うのが分るでしょうか?
$あしたは何所だ

まだこれで補修が終わった訳ではございませんが、
こっから先の写真撮り忘れちゃった・・・(´・ω・`)

湿気のなど影響で新しく作り変えなければならない場合もありますが、
適当な補修で畳床をダメにしてしまう場合もあるということです。

いのくまさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス