縫糸の話 | (有)いのくま畳店のブログ 「あしたは何所だ」

(有)いのくま畳店のブログ 「あしたは何所だ」

仕事の事や趣味・日常をまったりとつづってみます。


テーマ:
大広間(80畳)のお仕事をしました。



畳は畳床(どだい)と畳表(ござ)と縁(へり)を糸で縫い合わせて出来ているわけなんですが、
張り替えをする時に縫い合わせてあった糸の不必要な部分は抜き取ります。


糸を抜かないと仕上がりが悪くなります。
畳を敷き込んだ時に不自然な隙間が出来たり、畳同士がきれいにくっ付かなかったりします。
これは要するに手抜き仕事です。

$あしたは何所だ

はい これ表取替え何回分の糸が埋まってるでしょう?
(恐らく6~7回分くらいはあったと思います。)

$あしたは何所だ

わかり難いと思いますけど、これが今回80枚分の糸クズです。
普通だと手前の山くらいが良いとこでしょう(・ω・;

どんな仕事でもそうだと思いますが、ちょっとした一手間をかけるだけで
仕上がりに差が出るわけですから←今回は大きな手間でした(´・ω・`)
これからも惜しまず一手間を大事にしよう思います。

いのくまさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス