なんか、このタイトル前も使った気がするなあ。

 

 

8月に、夜中、頭が痛くて痛くて

救急で運ばれた。

 

 

 

さて

救急隊の方に

「ボク、ややこしい患者なので九大に運んだ方がいいと思います」

と進言した。九大に電話をかけてくれたが、九大側は

「ただの頭痛でしょ?どっか町の病院にお願いします。」

というニュアンスの回答だったらしい。

で、近所の救急病院に運ばれる。

 

救急病院の医師、アタリが厳しい。

「はい、自分でこっちのベッドに移って」

とか、動け動けと命令される。

 

CTを撮って戻ってきて診察。

「まあ、肩こりとか整形外科的なやつでしょ、ははは」

と私の首をぐりぐり揉みながら笑う医師。

 

と、CTの結果が来たらしい。

急に緊張感が漂う診察室の空気。

なんか、指を見ろとかいろいろ言われる。

 

ベッド上で私が動くと

「動かないでっ」と、叫ぶ医師。

この時点で、くも膜下出血、小脳出血がCTで見えてたらしい。

「てか、アンタさっきオレの首グリグリしてたじゃん」

と、オレの心の叫び。

 

すい臓がんがあってー、と尿膜管がん、あっわかります?があってー

あ、すいがん取っちゃったんで体尾部だったから、

ランゲルハンス島少ないから糖尿なんすよ、1.5型糖尿病、なんちって・・・

A1Cは7から8をうろうろしてます。

あ、あと背骨も一個取ってます。第七胸椎。軟骨肉腫とかだったらしいです。

とか

あ、それと2年位前にすいがんの肺転移ってのもあったんすよねえ。

そん時は生検的に取って、でも不思議なことに

その後、肺には出てきてないんすよねえ。

限局性の転移がん、って日本語おかしくないっすか?

とか

オレの既往を聞くたびに

「・・・」になっていくグリグリ先生。

 

「大目玉さんの頭の中では出血が起きています。

くも膜下出血、と小脳出血ですね」

 

で、も一回CTを造影で撮ることになった。

私には造影剤のアレルギーがあり、

二種類あるうちの一種類しか使えない旨を伝えると

グリグリ先生、急に眼を輝かせて

「この段階で、うちの病院でやれることは無くなりました」

とか言い始めた。

さっき九大病院に診療拒否を受けていた私。

今度はグリグリ先生が

「私が責任をもって九大病院に説明します。」(キリッ)

てか、多分

「私が責任をもって九大病院に押し付けます。」

だったんだろうなあ。

本日2回目の診療拒否を受けた。

 

で、も一回九大病院へ救急搬送。

ちなみに意識は清明、でも眠い。

外は朝焼けだった。

そう、頭痛は痛み止めを入れてくれたおかげで

感じなくなっていた。やっぱり日本の医療はすげえや。

 

で、九大についたオレ。

一回、他の病院に運ばれていたのもあり

猛烈な尿意を催す。

で、救命救急室に運ばれて早々に

「あのー、おしっこ行っちゃだめっすよねー?やっぱり?」

と、担当のセンセに言ってみる。

「難しいっすね。

しびん用意しましょうか?」と担当の先生に提案される。

「先生、オレ多分もうすぐ手術なんですよねえ?」

「多分、そうなると思います。」

「手術だと、どうせ尿カテ入れられるんすよねえ?」

「多分、そうなると思います。」と担当医師。

「じゃあ、もう今、尿カテ入れちゃってください。」

彼に斜め上の提案をした。

で、救命救急室の看護師さんが

尿カテを入れようとするが入らない。

「うまく入らないので、泌尿器の先生を呼びます。」

と、担当医師。

 

 

泌尿器の先生が来た。

と、私の顔をのぞき込んで

「おー大目玉さん久しぶりー」昔の主治医ではなかった。

って、オマエ誰だよ、と心の叫び。

グイっと3秒ぐらいで私に尿カテを入れ

帰っていった。

 

 

くも膜下出血、小脳出血。

ついにパブリックに「アタマが悪い」

と、判定された。

 

そのままアタマを治すために

九大病院のICUに入った。

 

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

疲れたので今日はここまで。

また、気が向いたら書くかもしれません。

今の私は退院しています。

めまいと軽い頭痛があるくらいで、まあまあ元気です。

飛行機の待ち時間が暇なので書きました。

 

皆様、ごきげんよう

 

9月23日、2時22分に亡くなりました。

 

私にとって人生で初めてかもしれない、

本当に悲しくて、悲しくて、悲しい、葬儀でした。

 

ふとした瞬間に母のことを思い出します。

 

ああ、この店、何度か母ちゃんと来たよなあ

とか

 

考え事をしていて

母ちゃんならどういうだろうかなあ?

とか

 

香典を計算してるときに

母ちゃんなら絶対、なんぼになったん?

って言うだろうなあ、とか。

 

 

思い出して、ふと笑って、ちょっと涙ぐんで。

 

ああ、もう二度と会えないんだなあ、と考えちゃう。

 

 

 

この五年「葉隠武士」みたいに

「死」のことばっかり考えてたので

自分の死はあんまり怖くない。

 

元田の時は葬式に行ってないから遺体とか、

お骨とか見てない。

だから、現実感が最初のうちは、ほぼ皆無。

 

でも、今回はリアリティーがすごくあって

本当につらかった。

 

残される方がきついよね。

 

これまで、何かロジカルに考えすぎて

もしかしたら、コレを読んでくれている

ご遺族を傷つけてたかもしれない。

ごめんなさい。

 

 

ちぃこさん、ぬこさん、satoさん、まる子さん、修羅笛の鍵さん、giraffe-kirin-chanさん、

7番目にコメントくださった名前がなかった方。

ありがとうございます。

 

ちょっと、本気で忙しくて苦しかった一週間でした。

 

 

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

感情でモノゴトを考えるのはバカだ。

 

論理で考えたい。

 

 

 

 

母は肺がん。

「まつ、まつ」な感じになっている。

 

ホスピスに入って二週間。

 

どんどん弱っている。

 


 

人は100%死ぬ。

 

 

100%死ぬことを前提に考えると、

どんな死に方も幸せだと思う。

 

もう一回、繰り返す。

 

100%死ぬことを前提に考えると、

どんな死に方も幸せだと思う。

 

 

 

ピンピンコロリがイイ、なんて人が多いが

飛行機事故で若くして

・・・そうだな、20代で死ぬ

なんてのは?

最高のピンピンコロリ、だがどうだろう?

 

長生きがイイ?

そうだね、90ぐらいまで生きて死ぬ。

でも、あれだよ、大抵の90代はどっかボケてるよ。

それから、死ぬ手前は大概、数年寝たきり。

 

 

 

だから、90代まで生きて、ある朝ぽっくり

が理想なんだってばーーー。

 

そう?

 

そうなるとイイね。

 

でも、その確率は死ぬほど低い。

(死ぬのは100%だから、表現が微妙だけど)

 

 

 

元田を亡くして、母もやばいところ。

 

5年前、私が、すい臓がんになったことを振り返れば、

考えられない展開だね。

 

ロジカルに考えると

自らの死をコントロールできるのは

「自殺」のみ。

 

私を生かしてくださっている人様

そして、神様に申し訳ないので

自殺は考えられないなあ。

 

ま、多分、私は

しっかりがんの痛みに苦しんで死ぬのだろう。

 

いずれにしても「論理的」に考えれば

「死」に、いちゃもんをつけるのは、バカ=愚か者のすること。

 

 

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

 

 

ここ数日、ほぼ毎日の話だが

ホスピスに行って、

エレベーターを上がるとき、軽い吐き気をおぼえる。

 

一昨日よりも昨日

昨日よりも今日

そして、おそらく今日よりも明日。

日に日に弱っていく母を見るのはツラい。

 

病室では、ときに作り笑いが歪む。

 

感情に支配されている自分は

愚か者だ。

 

まあ、そんなことは、どうでもいい。

 

病室に行って考えるのは

母を喜ばせたい、ということ。

 

それだけ。

 

母は「人生は楽しかった」

と、感じてくれているだろうか?