コメント欄からの質問に対する回答 | 大阪弁天町の漢方薬局「廣田漢方堂薬局」のブログ

大阪弁天町の漢方薬局「廣田漢方堂薬局」のブログ

大阪弁天町の漢方薬局「廣田漢方堂薬局」です。

~質問内容~

以前、コメントを答えていただいさいは

ありがとうございました。
実は
副交感神経が就寝時もずっと低いという結果が
出てしまいお世話になっている漢方医さんに連絡をし
食の事を言われてはいますが今回も同様、食について
言われてしまい脾に対して漢方飲んでますが
食ができないなら無駄なんだと思ってしまい
ふとこの記事を思い出しコメントいれさせていただきました。

原料がなければなんの意味もないと…
もちろん頭はわかってますが…心が…

もともとアトピーっ子で大人になっても顔だけ酷い時もあり
糖質制限きっかけにアトピーはでなくなってますが
摂食障害になりある程度体重は回復しましたがやはり
今よりは太りたくない思考がなんともならず

そうこうしているうちに精神面やら最近では腰も悪くしてしまい
3年くらい漢方にお世話になってますが
自分が悪いんですよね。良い方向にはあまりいかず。
やりにくい客だと思います。

ですがこの記事を読むと少しだけ楽になるというか‥
食養生ばかりでもない。というお話。
でもそれは栄養不足でないを前提の記事だとは
わかってはいます。

やはり太りたくないとおもっているうちは
漢方家としては漢方治療をしても結果はだせないと
思われますか?

 

~ご質問に対する回答~

太りたくないという気持ちがあるとのことですが、身長と体重、そこからのBMIなどがわからないので痩せているのか、そもそも太っているのかが想像できませんが、標準体重であることを前提にして回答したいと思います。

 

漢方医が脾胃に対する漢方を処方し、食養生について指導されていると想像しますが、太りたくないという気持ちがあり、それが自分の人生観なんだったら、別にそこはそれでいいのではないでしょうか?

 

そこにストレスを感じて人生が少しでも面白くなくなっているなんて、本末転倒ですよ。。。

 

僕自身も太りたくないという気持ちは人の何倍も強いと思います。それと同時にこのまま朽ち果てていくのは絶対に嫌だという気持ちも強いので、とにかくトレーニングだけは何年も継続し、「動ける身体づくり」を行っています。

 

家族からは、「何をそんなに頑張る必要があるの?」と呆れられていますが、それが僕の人生観なんだからしょーがない。

逆に言えば、嫁さんを含めて僕の家族は「動ける身体づくり」を目標としていないのだから、僕は自分の価値観や人生観を家族に押し付けることもないです。

 

それぞれが自分の価値観を持って行動しているのだから、それはもうそれでよいのです。

 

つまり、「あなたがどんな人生を歩みたいのか?」が一番大切なのです。

 

漢方医から食養生についての指導があったときに、それが自分の価値観や人生観と合致する部分があるなら、実践すればよいし、そうでなければ頭の片隅において、できる範囲でやればよいと思います。

 

僕は漢方相談を仕事にしていますが、相談者が持つ「価値観や人生観」を大きく捻じ曲げてまで、食養生を指導することはありません。

 

それは上述のように自分がされたらむちゃくちゃストレスになるからです。その時点でそれはもう治療ではありません。

 

漢方相談の際には、「僕はこう思うけど、それはあくまでも僕個人の考え方だから、この考え方を聞いてどう行動するかはあなた自身の問題ですよ。無理はしなくてもいいからできる範囲で色々と工夫してみてください」と言っています。その後の経過観察の中では、その指導についてどう実践しているのかを問いただすことはせず、たまに「どうしてます?」くらいで確認して、ストレスとならないようにしてます。

 

僕の仕事は、主訴に係わる病因病理を考察して漢方を処方し、症状を改善することですが、例えば皮膚病に漢方以外のスキンケア商品を推奨したり、その他の疾患で運動や食養生、生活習慣の改善を求めるといったことはほとんどしません。

 

病因に関わる直接的な要因が明らかな場合は、それについての指導は徹底しますが、それすらもできる範囲で構いませんと言っています。

 

漢方を使ってよくならないことを相談者のせいにしてしまうと臨床家としての腕が曇ってしまうことがあるので、「とにかく漢方で動かす」ことを最優先し、養生は二の次、三の次です。

 

ということで、食養生について口酸っぱく指導されていたとしても、それはあくまでもその漢方医の考え方であり、あなたの考え方ではないのですから、それに捉われてストレスを感じる必要など一切なく、あなたはあなたの人生を楽しむことを最優先すればよいと思います。

 

取り急ぎご連絡まで。