何度も訪れる人生の分岐点 | 無言歌 songs without words

無言歌 songs without words

自分解放。素の自分で生きていく。

今年の3月以来のブログ投稿です。

自分のあれこれに深く取り組んでいて、

言葉にして外に出したい気分になりませんでした。

 

11月に入ってから

また人生の大きな分岐点がやってきて

はっと思い知ったことがあったので

まずは自分のために書き残しておこうと思いました。

 

先に、今日の写真は、伊勢神宮外宮にて撮影したもの。

太陽の光。

光があるから、見えるんですね。

 

sunlight

 

人生の分岐点は

今思えば何度も何度も通過してきました。

 

分岐点を前にすると

本当に分かれ道に見えるんですね。

どちらかが正解、幸せに続く道で、

一方が失敗、不幸に続く道に思える。

 

険しかったな、苦しんで泣いてばかりだったなと

思うような道も選んできたけれど、

今思えば、歩んできたすべての道程が

今の私をつくってくれたんだなと、しみじみ思います。

 

分岐点で進む道を決めた時の私より、

その道を歩んできた今の私の方が

明らかにバージョンアップしていると思うから。

 

バージョンアップとはどんなことかというと、

私の場合は、「気づき」をどれだけ経験できたかということ。

 

固定観念や恐れや自己不信や

罪悪感や偏見や

そんな硬くて重い信念が

気づきによって

どれだけそぎ落とされてきたか、ということ。

 

それでもまだまだ、

まだまだ、こんな恐怖が残っていたんだな、

こんな固定観念が残っていたんだな、

こんな自己不信が残っていたんだな、

と思うようなことが最近ありました。

 

それに気づいたのは、

迷っていたことに一旦答えを出してみた瞬間。

 

「あ、違った(><)」

 

そう思いました。

後悔もしたけれど、同時にその後悔が、

本当の自分の気持ちを教えてくれました。

 

でもわかったけれど、本当の自分の気持ちを

現実に生きる術は、まだ見つかりません。

 

アインシュタインの言葉を思い出します。

"The problems that exist in the world today cannot be solved by the level of thinking that created them."

 

「今 世界に存在する問題は、

それを作り出したときと同じレベルの意識では

解決できない」

 

私がいま抱いているもやもやした状況も気持ちも、

私の意識や波動が変われば、

霧が晴れるように変わっていくように思います。

 

なんとかしよう、どうにかしようと、

焦らない自分になっていることにも気づきました。

 

しばらく、このもやもやとつきあってみようと思います。

後悔した自分と、つきあってみようと思います。

恐怖を前に、ひるんでしまった自分とつきあってみようと思います。

 

光は、かならず進む道を照らしてくれると思うので。

 

 


人気ブログランキング

 


にほんブログ村