パーソナルスペースを心地よく保ちながら、人と適切な距離を保つ方法について。

文末に関連記事『パーソナルスペースの違い』を追加しました。

 

(1)シンクロの心地よさ

先日、ある友人と一緒に行動している時、それまで感じたことのないシンクロした動きを感じて大変驚きました。

何気ない行動だったのですが、私が動くと、同じ距離感、同じ方向に心地よく自然に動いていて、息もピッタリ。まるで一緒にダンスしているかのように心地よい調和が感じられたのです。

その時思い出したのは、平昌オリンピックで金メダルをとった、スピードスケート女子団体パシュートの動きでした。3人のスケーターが、同じ距離感でシンクロしながら、一つの生命体のように美しく動く様子は、観ているだけでも心地よさを感じました。

シンクロといえば、その友人の娘さんは、長女の合唱部の友人でもあるのですが、歌声をシンクロさせるのが上手く、その子が歌っていると自然に周囲の声が調和していき、まるで一人の歌声のように聞こえるのだそうです。シンクロしたり、調和したりすることが、親子で上手なことに感心しました。

そういえば、次女が幼い頃、「ママの足音に合わせて歩くと気持ちいいよ」と笑っていたことも、主人と歩調を合わせてランニングして心地よかったことも思い出しました。このように、親しい人とシンクロして動くことは、心地よい喜びに満ちています。
 

 

(2)間合いを取る

剣道では「間合い」が非常に重要です。「一足一刀の間合い」つまり、一歩踏み込めば打突ができ、一歩退けば打突を避けられる距離を基本として、相手と向かい合います。

この間合いを剣先で測りながら、前後左右に動き、勝負のタイミングを見極めるのです。剣道では、相手に間合いを測らせず、こちらが間合いを詰める好機を伺うことで、戦いを有利に進めることができます。

このような「間合い」の考え方は、戦いを目的としない日常生活でも上手に使うことができます。つまり人との適切な距離感をキープするために「間合い」の考え方を使うのです。

心理的な間合いを意識するだけでなく、物理的な間合いを意識することで、親しい相手とは近めの間合いでシンクロしたり、不用意に接近する危険な相手からは間合いを開けることもできます。心の距離だけでなく、立ち位置を足さばきで変化できるということです。

 

(3)パーソナルスペース

人にはそれぞれ快適なパーソナルスペースがあります。パーソナルスペースとは、人が自分に近づくことを許せる自分の周囲の空間のことです。パーソナルスペースは、男女・国・地域・生育歴によっても異なります。つまり人によって自分の空間の広さや、人との距離感は異なるということです。

私はパーソナルスペースが広く、いつも広々した心地よい空間を保ちたいという欲求が強いのですが、その分、他者の体感を拾ってしまうエンパス体質で苦労することが多かったように思います。でも最近では、パーソナルスペースを広げたり、体にピッタリ引き寄せたりと自由に調節できるようになり、状況は改善していました。

ですが昔から困っていたのは、急にパーソナルスペースに踏み込んでくる危険な相手に対して、とっさに対応できず固まって身動きが取れなくなることでした。これは、パーソナルスペースの認識を、心理的空間や、エネルギー空間としてとらえていたからだと思います。

このパーソナルスペースを守るために、あらゆる方法を試したけれど、「自分の足で動けばパーソナルスペースも動く」ということを、すっかり見落としていました。

もっとも簡単な「物理的な距離」というのが最後に理解できたというのもおかしな話ですが、シンクロしてくれた友人との経験や、剣道での間合いの経験と、心理的・エネルギー的なパーソナルスペースという認識が結びついた結果だと思います。

 

 

(4)人との距離感の自由

人との距離感を相手に任せていた時期が長かったので、自分が動けるということを忘れていたような気がして可笑しかったけれど、「自分で自由に間合いをとれる」ことに気づき、あらためて「足さばきの自由」を得られたような、清々しい気持ちになりましたので、忘れないうちに書いておこうと思いました。

私は「自己の境界が守れない」という問題を抱えて転生していて、そのことが原因で色々派生した問題を生み出しているようです。ですから、この「自分の境界を守る」ことが自然にできるようになれれば嬉しいなあと心から思っています。

親しい人とは近い距離でシンクロしたり調和しながら過ごし、そうでない人とは適切な距離や間合いをとり、パーソナルスペースを心地よく保つ、そんな自然な動きを日常生活に取り入れることができるといいなあと思います。

また、同様のことでお悩みの方に何か少しでもお役に立てればと思います。自由に適切な距離を保ちながら、毎日を楽しく心地よく過ごせますように。

 

関連記事

 

●パーソナルスペースの違い

パーソナルスペースが国や地域や生活環境によってどのように異なっているのかについてバーバラ・アン・ブレナンの著書より紹介しています。

 

キラキラ

最後までお読みいただき
ありがとうございます。
愛と光と感謝をこめて
インナーウィッシュ

キラキラ

 

インナーウィッシュHP