今日のテーマは、
『●火から学んだこと~火祭り・火渡り・五大要素』についてです。

キラキラメラメラキラキラ

毎日光を生きる、光を走る!-火から学んだこと

キラキラメラメラキラキラ

私にとって9月は水がテーマでした。


そして9月末に、
火と水の出会いがありました。


「怒りの炎を慈悲の雨で消火する」

という内容です。

キラキラメラメラキラキラ

10月に入ると火がテーマになりました。


「ハートの中心に炎を灯す」

というガイダンスに従って、

プロセスが進んでいきました。

キラキラメラメラキラキラ

ハートの中に灯す炎のヴィジョンは、

実は大きな炎のイメージでした。

けれど「祈りの炎」にぴったりくる画像が

見つからなかったことと、

「バラの花と聖杯」というヴィジョンも

あったため、こちらを優先しました。


キラキラメラメラキラキラ

私は幼い頃から教会のミサなどで、

ろうそくの炎に親しんできました。

ろうそくは、

「わが身を燃やして光を照らす」

ことからキリストの象徴であるようです。


キラキラメラメラキラキラ

小さい頃から親しんできたためか、

心の中にろうそくの炎のエネルギー

は実感することができました。


キラキラメラメラキラキラ

けれど、10月に導かれた炎は、

もっと大きな炎。

祈りの強大なエネルギーの炎。


キラキラメラメラキラキラ

そんな思いを残したままだった昨日。


という近所のお寺で毎年開かれる

火まつり・火渡り

に参加して思いがけず、

求めていた炎に出会うことができたのです。

それは本当に大きな炎でした。

そして祈りのパワーに満ちていました。

火まつり


キラキラメラメラキラキラ

「火まつり・火渡り」とは、

山伏修験道に伝わる

「柴燈大護摩供」の法要です。

京都北白川不動院のサイトで


の動画を紹介しています。


キラキラメラメラキラキラ


紫色の法衣と山伏装束の僧侶による、

ほら貝・刀・大釜の湯なども交えた法要は、

本当に迫力がありました。


キラキラメラメラキラキラ

柴燈大護摩供を厳修した後、

その護摩のおき火(炭火)を整備して、

その上を歩いて渡るという

一般参加可能な「火渡り修行」


キラキラメラメラキラキラ

「世界の不思議な儀式」の図鑑を

子供の頃見てからというもの、

いつか「火渡り」をしてみたい!

と思っていたのですが、

近所のお寺でこんなに簡単にできるとは!


キラキラメラメラキラキラ


私はどうしても火渡りに挑戦したく、

親友をくどき落として一緒に参加してきました。

嫌がっていた友達と、長女や友達の次女も、

ベビーカーの赤ちゃんにもハチマキをして

赤ちゃん連れで参加するお母さんや、

まだ歩き出したばかりの小さな子供が

一人で参加する様子を見て、

「やてみたい!できるかも」と

覚悟ができたようです。

火生三昧


キラキラメラメラキラキラ

「火生三昧(かしょうざんまい)」と

書かれた不動尊ハチマキを、

頭に締めると覚悟が決まります。


火生三昧(かしょうざんまい)とは、

心を静めて一つの事に集中し、

身体から智慧の火を生じるような

状態をいうそうです。


密教ではお不動様と一体となった状態。

智慧の火によって煩悩(ぼんのう)を

焼き尽くすことを象徴するとのこと。


【参照】火渡り 火生三昧法


キラキラメラメラキラキラ

それでも初体験なので、ドキドキワクワク。


裸足になって裾をひざまでまくって、

燃え移らないように注意を受け・・・

紫の法衣と山伏装束の僧侶の

祈祷や印や背中の気合入れを受け、

イザ出陣!

キラキラメラメラキラキラ

正式な渡り方は以下。

修験者など、先達がまず印を結んで
自分自身を清めます。

その後、ご真言などを唱え、
いくつかの段階を経て、
お不動様と一体となった事を観じます。

いくつかの段階には、
水天や八大竜王など水に縁のある神様に
祈る部分もありますが、
最終的には「火をもって火を制す」のように、
自分が火となり、
火を支配し得る存在となってから
火渡りが行われます。

そして先達に続いて
一般の信者も火渡りを行います。
一般信者は、ご真言程度のみ唱えながら渡ります。

火の上を歩くことによって、
大智の火焔で煩悩を焼き尽くし、
公には国家安穏、五穀豊穣などの祈願。
個人的には自分自身の修行や、
厄祓い、無病息災を祈願します。

キラキラメラメラキラキラ

火渡り


キラキラメラメラキラキラ

私は、心を鎮めて、

「火のように強く」と念じて渡りました。

キラキラメラメラキラキラ

修験者など先達のように

炎の中を歩くわけではないけれど、

炎が燃え移るかもしれない中、

心を鎮めて歩けたのは

素晴らしい体験でした。


キラキラメラメラキラキラ

火まつりの実行委員長さんが、

最後の挨拶の中で、

「子供たちに命の大切さを

実感する機会としてほしい」

と印象的なご挨拶をされていましたが、

スカイダイビング同様、

命のはじっこに触れた体験でした。


キラキラメラメラキラキラ

火というのは創造の5大柱である

五大要素(地・火・空・水・風)の

一要素です。

キラキラメラメラキラキラ

この五大要素については、

一つ一つの要素のエネルギーによって

魂をチャージ(充電)することで、

自分の中の五大要素が浄化され、

自らがヒーリングされるそうです。

詳しくはコチラ↓


ファイブ・エレメンツ


キラキラメラメラキラキラ

今回の体験で、

火の要素もずいぶんチャージ

できたのではないかと思います。


キラキラメラメラキラキラ

最後まで読んでくださってありがとう。

火のエネルギーに感謝です。

皆さんもよい火のエネルギーに
沢山出会えますように。。。

愛と光と感謝をこめて


キラキラメラメラキラキラ


ペタしてね


キラキラメラメラキラキラ

inner-wishバナー


●【inner-wish 】インナーウィッシュは、

あなたのより深い願いに寄り添うためのスペースです。

詳しくはコチラ>>