今日はドヴォルザークの弦楽四重奏曲<アメリカ>の気分。

いろいろなことがあった三連休だったけど、今はおだやかな気持ち。

 

皆さんはどんな三連休を過ごされましたか?

テレビで外国人観光客でごったがえす嵐山を見たYO!

 

 

 

 

 

 

 

ぶる家は子どもたちと、いつもの日常+αのお出かけをしました。

そして大掃除ならぬ中掃除や冬じたくで、けっきょくバタバタ忙しい連休だったな。

 

 

連休最終日、庭の整備をしました。

 

夏の間に茂ったポリゴナムが、かわいさを発揮する季節がやってきた。

庭のあちこちにコンペイトウが落ちています。

拾い食いしながら庭しごとです(うそやろ)。

 

 

 

 

東庭には、シクラメン。

 

 

シクラメンを眺め、今日はいろいろ考えながら庭しごとをしていました。

 

シクラメンの花ことばは、「遠慮」や「気後れ」。

勇み足気味なぶる子らしくないヨネー。

なお、シクラメンはヨーロッパでは豚饅頭っていう別名らしいよ(豚が根っこを掘って食うらしい。)

 

 

 

 

 

 

最近、いろんな出来事があって、これからの自分の生き方について

すごく考える日々を送っていました。

 

今の会社は、女性先輩社員たちが本当にいい人たちばかりで、

ストレスなく快適に働いていたけど、

仕事については「今のままではなんだかな」という気持ちをずっと持ちながら会社に行っていたので、次の仕事を決めるにあたってちょっと舵を大きく切りました。

 

 

これからも、そして今も、

自分自身が大切にしたいことは何なのか、すごく深く考える日々を送っています。

 

そんな中で、こんな記事をWEBで見つけました。

(出典は、SNSです。)

 

 

 

 

 

悩んでしまう、くよくよしてしまう出来事があったとき

 

「この出来事は、自分にとってなんのチャンスなのか」

 

「この出来事は、自分に何を教えようとしているのか」

 

「この出来事から、自分が成長することができないか」

 

こういうふうな視点で捉えたいというハナシです。

 

それができると、「困ったな」「つらいな」から早く抜け出せるっていう思考回路。

すごいな。

 

 

 

 

 

 

 

ここ数年、自分の力でどうもならないモヤモヤごとがあると、

悩むことで改善できることでなければ、

原因を生活からまるっと切りはなすとか、

同じことを繰り返さないためにその問題にはもう関わらなくする、というような方法をとってきました。

 

 

 

 

 

 

でも、前述の思考回路だと、それにプラスして、

モヤモヤの本質を見極めてさらに自分が前に行けるな。

 

 

 

 

 

自分の大事なことって、流れる日常を何気なく送っていると

意外と自分でも気づいていなかったりする。

 

そういうことに気づくことができた、そんな秋でした。

 

 

そして、お庭も、自分にとって大切なものを気づかせてくれる

そんな場所です。

 

 

 

 

 

今夜はぶる子の転職祝いディナーに行ってきます。

よーし食べるぞー!

 

 

 

 

 

 

ぶる子デラックス